What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬくぬくバードウィっチング最新号

2014.03.22 11:11|管理人日記
 家の中から観察できちゃう「ぬくぬく」バードウォッチング(笑)。

PICT8362.jpg
 ベニヒワの雄を撮れた。ベニヒワも小集団でうちにくるけど、雄は殆ど見かけない。




PICT8371.jpg
 ヒヨドリもすっかりお馴染みに。 



PICT8386.jpg
 ヒヨちゃんは穀物も食べるけど、フルーツが大好きみたい。



PICT8368.jpg
 時々ちらほら見かけてたけど、やっと画像におさめられた。



PICT8384.jpg

 たぶん「シメ」っていう名の鳥。
手持ちのガイドブックには“北海道では夏鳥で”って書いてあるけど、だとしたらこの子ははぐれたのかなあ。
単独で行動。春には群れを作って夏に繁殖。
別名「豆回し」って言うんだって。
なんだか可愛い名前。


今日の写真>>αSweet D(Konica Minolta)
 こんな写真撮ってるともうちょっと望遠のが欲しくなっちゃうなあ。
頭の上を横切って飛ぶ鶴とか、夏を告げるカッコウとか、この近所でもけっこう色んな鳥を観察できるんです。
スポンサーサイト

テーマ:バードウォッチング
ジャンル:趣味・実用

 心の歌

2014.03.18 11:11|管理人日記
 先日の声楽ネタから今日は音楽回顧。

 ちょっと目の前のスーパーでも、車に乗っての北海道生活。
私は十勝人の平均より歩く方だと思うけど・・・それでも徒歩5分以上なら基本車だな!
だから家にいる以外は、通勤も合わせて車の中に居る時間は長い。
 そして車の中に居るときはたいてい音楽を聴いてる。

 昔はいろんなジャンルの音楽を聴いてたけど、ここ数年はクラシックが多いかな。
でも、かなりきっつい事が起こって、もう落ちるだけ落ちました。ここを超えたら再起不能。
って気分になったとき、必ず聴くのが「EW&F(アースウィンド&ファイヤー)」です。
 初めて聴いたの高校生くらいかなぁ。
 クイーンとかキュアーとか、その他どっちかってーとブリティッシュロックのほうを好んでいたけど、最後に頼るのはやっぱりアース(笑)。

 
 アースの音楽ってまっすぐ素直なんだよね。
踊ろう、ワクワクすする、嬉しい、楽しもう、がんばれよ。
 後ろ向きな言葉もないし、社会風刺も、ちょっと世の中斜めって見てます的な暗喩もない。
 私は少々ひねくれたところがあるので、ずっと聴いてるとあまりに明るすぎてお腹一杯になっちゃう。
でも弱ってるときに励ましてくれるのは、まっすぐなアースの歌。

「どうしてうつむいてるの?さあ、前を向いて。諦めないで。君はいつまでも隠れてることなんて出来ないよ。さあ、これから良くするんだって心に決めるんだ。君は選ぶことが出来る。失うものは何もないんだ」
 まぁ、こんな感じの詩だったりして、ほんとにベタな応援ソングなんだけどね。
 有名な”宇宙のファンタジー”なんて邦題が邦題だからSFっぽい雰囲気に聴こえたけど、あれだって別に宇宙の神秘を語ってる歌じゃない。

 ただ、大人になってから(それも随分大人になってから)気付いた事がある。
この歌が生まれたのはもう三十年以上も前。
 ずっと明るく美しいご機嫌なビート、を楽しんできたけど、当初からグループにいたモーリス・ホワイトは1940年代の生まれ。
 1863年に奴隷解放宣言がリンカーンによってなされてから100年近くたったとはいえ、1950年代、60年代はアフリカ系アメリカンの人々が、国民として人間としての権利を訴える活動を活発に行った時期だ。起こさざるを得なかった時期だ。
 
 アメリカの黒人社会のことは、文献を読んだからといって正しく理解することは出来ないだろうし、今の黒人社会を取り巻く状況だって、実際はどんな風なのか分からないけれど、当時は現代よりもずっと理不尽な事に溢れていただろうことは容易に想像できる。
 そんな時代の中で青春時代を過ごしたアフリカ系アメリカンの音楽グループEW&F。
 そこに思いを馳せたとき、アースの歌がどうしてまっすぐに明るいのか分かったような気がした。




 人生を通じて(もう半分超えたんだからこれくらい上から構えてもいいよね?)、ずっとそばにあった音楽って、他の人はどんな曲なんだろう。
 ちょっとそんな事考えちゃった。





PICT8350.jpg
 また雪が降ったんですから。
十勝の春、近づいたり遠のいたり。

今日の写真>>
 αSweet D(Konica Minolta)
  ※わーい。てけーとに設定したら雪のキラキラが撮れた(^_^)!

テーマ:なんとなく書きたいこと。。
ジャンル:日記

実はアタシ・・・

2014.03.15 06:00|管理人日記
 声楽始めてみたんです(汗)。
去年の夏から。

 今まで習い始めて途中で放り出したもの、数知れず。
興味はあるものの、モノにできたもの、人生で何一つない(汗汗;)

 もうここら辺で何か一つケジメてみませんか?

と、自分へ問いかけ。
 
 なにか人生でこれはできます。ってモノが欲しいなあと思って。
もちろん好きなことを極めるって意味で。

 なにがしたいかな?
やっぱり音楽好きだな。リコーダー習いたいけど先生見つからないなあ。
体を動かすのも好きだけど、色々ガタがきてもう無理は出来なくなってるしな。
習字もやりたいな。
などなど考えている最中に、ご縁があって声楽を教えてる先生のことを知った。
 
 そういえば中学の頃唯一辞めなかったのはコーラス部だったな(理由:全く頑張らなくてもいい温度の部活だった。授業終了後流れで部室に向かってただけ)。
 
 正直、舐めてました、声楽。
『これならきっちり練習してなくても、器楽と違ってばれる訳じゃないし、だって練習しなくてもすぐに歌えるし。
 今までみたいに「また練習できなかった。こんなんじゃやってても意味ないし。やっぱりアタシなんかダメ」って流れで辞めることになるのは回避できるんじゃないかしら(←練習をコツコツ頑張ろうという方向には決して向かないタイプ)。
大声で歌うの気もちいいいし。
 イタリア歌曲?英語と違ってローマ字読みみたいな感じだし、OK.やってみるか!』

 練習しなくてもいい→→→家で練習しても、果たして教えどおりに発声出来てるかどうかがわからない。             
             練習と言っても、自宅でやったら一時間未満で声が枯れる。たぶん正しく歌えてないんだろう。
             Rの発音ーーーーーーーーーーーーーここでもか!

  もちろんこの私が毎日コツコツと練習するわけもないんだけれど、それにしても!
自分でやってて手ごたえがまったくないよ!この達成感の無さ。
 なにか人生でものになるもの・・・って目標にこれくらいピンボケの習い事ないわ~~。
だって、歌おうと思ったら歌えちゃうんだよ。
でもそれじゃダメなんだもん。
 今は関取の土俵入りみたいなポーズで腹の底から声出してます(;;)。

 とまあこんな感じで8ヶ月目。5月には発表会もあるんですけど。鬱~~~~
 忘れてたよ。こういう教室って大概発表会があるんだった。

 この記事読んでくださった方達は、どんなことに挑戦してるんだろうなぁ・・。


meiwaku.jpg
 私が歌の練習をはじめると、こんな顔して眺めるミカ。耳~~~~~(萎)


追記
 そうそう。先日upしたPSPだけど、A-Bリピートもついてるからこれまた強力な練習の友なのです♪

テーマ:そうだ。歌ってみよう
ジャンル:趣味・実用

ミドリのPSP(激しくアイを語る)

2014.03.12 11:11|管理人日記
 前にも・・電子機器でちょっと型落ちしたものが好きだって事書いたような気がしたんだけど。
未だに愛用してますよ、PSP。未だにうちのメインガジェット位置をキープ。

 このミドリイロのPSP。何年か前に発売終了したんだよね。(その後キイロも)
 わかるわかる。私も自分で買っといてなんだけど、『ミドリはないわ~』って思ったもん。
 当時PSP買った時は、カーナビ目的だった。
まだ今みたいにスマホ全盛期じゃなかったから、ポータブルカーナビもなかなか高かったし、ソフトと込だと同じくらいの値段になっちゃうけど、ゲーム機で遊べるし、ネットも繋げるってゆーし、それならPSPの方が色々使えそうだと思っての。
 で、カーナビ多用するなら、愛車ハナちゃんが茶色だからそれを邪魔しないミドリ色なんかいいんじゃね?
と自分でも『ないわ~』なカラーを買った不思議。今から思えば、ピンクも、むしろ黄色でさえミドリよりマシな気がしてる。


 もちろん多くの購買層もそう思ったからミドリは出なかったんだろうけど、発売中止となったらぐっと価格が上がるんだから面白いよね。
 お高くなってから、なんだかちょっとうちのPSPが高級そうにも見えてきたし(笑)。

IMGP5311_2014030918391631a.jpg
 上にくっついてんのがワンセグアンテナ。
 予約録画も出来るから、バラエティとかトーク番組とか入れといて、旅の移動中とかに楽しんだりして。
テレビだと見る気になれないんだけど、これだと寝ながらでも見れるからラクちんなんだよね。
 同僚のお子さんが、寮生活で好きなテレビ番組を見れないって嘆いてた話を聞いて、PSPワンセグを一押ししときました。PSP持ってるって言うし。後日愛用してる話を聞いてニンマリ。そうでしょう!便利でしょう!


IMGP5921.jpg



 音楽さえ!このように!
 あるいはラジカセ(今で言うポータブルオーディオシステム 長すぎ(>_<))に、AUX(=外部接続という意味だと思ってる)を試みての拝聴。
 ※PSPにはBluetoothがない。後継機にはある模様。
IMGP5739.jpg
 スピーカーもいちおうSonyで揃えてみた♪(でも音はあんまりよくない)





 期待したネットは全然繋げることができず(モデムが旧式だったためと判明)。
数年後、旧モデムが落雷で逝っちゃって交換したお陰でようやくネットも繋がるようになったけど・・・。
PICT0046_20140309183921cdb.jpg
 時既に遅く、トロステーションは一ヵ月後に終了(チン)
 正直PSPのブラウザはかなりなウ〇コで、ほとんど使えない。
FC2のブログだけ、携帯サイト仕様で読み込めるけど、あとはもうもう。
文字入力もめちゃくちゃやり難いし、使うとしたら閲覧専用。
 そして、唯一サクサク動くのが「Playstation Shop」というあざとさ!
 ま、ここら辺は仕方ないか。
 ネットラジオも聴けるしネ。



IMGP5909.jpg

 イザ出動!
 これがカーナビPSPだっ!
あんまり道路に変更が無い北海道だからか困ったことは殆どない。
時々フリーズしちゃうけど、立ち上げなおしたら大丈夫。
山道でも衛星アンテナは働いてくれる。
 カーナビソフト「みんナビ」は信頼のゼンリンさん。
IMGP5911.jpg



 とにかく開発・企画の人達が一生懸命考えたシステムは目一杯使ってあげたい。
使いこなせずに次ぎに行くってのもなんかやなんだよね。
で、使いこなせてきたらますます愛着がわくという・・。


 あと使ってないのは写真機能だけど、これはいいかなぁ。
データの移動にUSB接続もめんどくさいし、カードリーダーの為に何回もメディアを取り出すのも挿入部が壊れそうだしなぁ。
 お気に入り家族画像を入れておいて旅先で心寂しくなった時に閲覧する用とか。



 こんな感じで我が家のPSP。まだまだ活躍中


オ・マ・ケ>

IMGP5913.jpg
 いつもは100均で買った皿立(っていうのかな?)使ってるけど、強力な新アイテムも登場!


IMGP5915.jpg
 援軍ニャー!「ここはオレがくいとめた。いきろ」

 はあ~~~~~~~~~っ!これまたラブい(>_<)!!
(てか長生きしてくれニャ。うちのPSP)

 

テーマ:PSP
ジャンル:ゲーム

本屋さん

2014.03.10 07:00|管理人日記
 先日買いたい本があって、用事のついでの帰り道、T〇T〇YAさんへ寄りました。
その頃新聞の広告欄にもよく載っていたイラストレーターさんの本。
たぶん北海道在住ということで、地方紙が推してたんじゃないかな。
 いつものようにネットで頼んでも良かったんだけど、ここにあるならすぐに読めるし。

 かなり長い時間かけて探したんだけど見つからず。
しかたがないのでレジへ行って、お兄さんに聞いてみた(書店コーナーに店員さんがいなかったので)。
「えっとあの・・・タイトルを覚えてないんですけど、北海道在住のイラストレーターさんが書いてるらしく、電気代を節約できる・・みたいなタイトルで。月に600円だったかな(幾らなんでも安すぎるか)6000円だったかな」
「うーん。タイトルが分からないんだったら無理ですねえ」
「ですよねぇ。新聞(地方紙)にも最近よく載ってたから置いてあるかなあと思ったんですけど」
「はぁ・・。6000円なんて高価な本はうちには置いてませんし(←勘違い)、タイトルが分かれば取り寄せますよ」
「・・・そうですね。あ、どうも」
 えーと、もちろんその後サクッとネットで買いました。


 また後日。
 今度は帯広の喜久屋書店さんの平積みコーナー付近で気になるミステリーの文庫本発見。
パラ読みしたらシリーズ物でこれは5巻目。
自分で探しても良かったんだけど、この本屋さんは、スーパーのフロア半分が書店スペースと大きいので探すのもめんどくさく、近くにいた店員さんに。
「あの~。このシリーズ(タイトルと作家名を告げる)を置いてある棚はどこらへんでしょうか?」
「最新刊をお探しですか?それでしたら・・」
「いえ、最初から読んでみたいと思って一巻目を」
「あぁ。それでしたらこちらです」
 店員さんはスタスタと迷うことなく本棚の一つに向かい、目的の本を取り出してくれました。

、とこんなこと書いてみたけど、別にT〇T〇YA下げ↓、喜久屋上げ↑のつもりじゃない。
もともとT〇T〇YAさんのことは書店だと思ってないし。
レンタルビデオ屋に本を置いてある形式って扱いだからなぁ私の中じゃ。
 でも、こういうちょっとした対応ができるのが本屋さんの醍醐味だなあってしみじみしたから。


 タイトルが分からなければこちらもわかりません、というのももっともな話しだけど、これがスタンダードならホント別に本屋なんて要らないと思う。ネットで買うのと同じだし、買いに行く手間もいらないもん。
 
 ただ、贅沢な話だよね。こういう触れあい要員(?)を配置されている本屋が本屋らしくていいと望むというのも。
もはや圧倒的にネット買いする人達が大多数。
平成世代はごく自然にネット環境を受け入れてるから、むしろ本屋で本を買うほうが違和感を抱く人もいるかも。

 私はアナログとデジタルの移行期を体験してきたからなお強く感じるのかもしれないけど、確かにネット環境が一般的になって、いろんな事が管理しやすくなり、便利に早くなった。
でもその分いろんな仕事の場を、デジタル化は奪っていったなぁ。



欲しかった本はこれ(笑)。
デジタル化に逆行する内容でした。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。
ジャンル:日記

ひさびさの雪 ひさびさ日記

2014.02.16 20:31|管理人日記
 いやはや。
年賀ハガキを一枚も書いてない。
寒中見舞いの時期も過ぎ去った。
あとはもう暑中見舞いくらいしかチャンスがない。うぅぅ。
ごめんねっ!暑中は出す気マンマンだからっ!
 
 元気です。ミカもタラも私も。

 やっと今年初めての記事UP。正直この冬季オリンピックの時期に記事を書けたことが自分でも驚き(笑)。


 十勝では今季初めてな久々の大雪。
30センチくらい積もったかな。

 雪に埋もれる冬の間だけ、野鳥にゴハンをプレゼントしてるんだけど、今朝はこんな子も現れた。
「キィ!ケーッ!」みたいな鋭い声で鳴いてたけど、なんていう名前だろう?

PICT8325_1.jpg



PICT8326_2.jpg
 雀が警戒しながら様子をうかがってる。


PICT8332_3.jpg
 ホントは枝に横一列になって暖を取ってる雀さんが可愛かったんだけどな(^_^)。





オ・マ・ケ
PICT0759.jpg
 雪掻きしてたらこんな形の塊が出てきた。なんかワンコみたい。


今日の写真>>αSweet D(Konica Minolta)

テーマ:なんとなく書きたいこと。。
ジャンル:日記

帰省 西寒田神社

2013.11.19 22:05|管理人日記
 宇佐神宮から実家へ電車で約1時間。
翌日父親の実家である熊本県へ。
私も三年ほど住んだことがあるけど、それ以来だからもう何十年ぶりだろう。

 この十勝限定免許の私が、九州の曲がりくねった田舎道を運転するんなんて!!

 で、この墓参りの写真はなし。まったくプライベート写真を撮る暇なんてなかったし。
ちょうど台風27号がそろそろ近づいてくるかという頃だったので、帰りはほ午後から雨。
心の中も雨模様。

 あと結構な道の駅を通過したので、スタンプ押したかった。
 子供の頃の記憶しかなかった道や、実家があんなに狭かったり小さかったことに驚いた。
墓参りでは父も涙ぐんでたな。行ってよかった。


 翌日も雨だったんだけど、神社好きゴコロがムクムクと・・・・。
父に車を出してもらって西寒田神社へ参拝へ。
北海道に住んでると忘れちゃうけど(北海道も歴史的にはUSA(アメリカの方)なんで)、本州は色んなところに歴史的な名所や神社仏閣があるんだよね。

PICT0610.jpg
 すっごく分かり難い場所にあって、これは私一人では絶対に行けなかったな。
 豊後の国一ノ宮。西暦200年代からの歴史。




PICT0605.jpg
 宇佐神宮の華やかさとは違って、こちらはまさに古刹という感じ。





PICT0613.jpg
「万年橋」1862年に江戸時代の大工さんが作ったんだって。
水の漏れる隙間もないくらいぴっちり作ってる。


 この橋の右手に大きな藤棚があって、それは見事な景色らしい。

ここではその折のお写真を頂き、是非また訪れたくなった。

 ほんと九州のたびでは暖かいお心遣いをたくさん頂いたなあ。

 雨で行けなかったけど、この神社も宇佐神宮も奥の院があるので(宇佐神宮は大元神社)、今度は是非そちらまで!




PICT0588.jpg
 道の駅のトイレにいたカエルさん。
 用を足してる最中に『・・・・ん??!』
水を求めて?流されちゃうよ!

>>今日撮った写真 DimageX21(Konica Minolta)

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮オマケ

2013.11.18 21:43|管理人日記
宇佐神宮に入れきらなかった数枚。


PICT0509.jpg
 ホテルの備品。宇佐ゆえに。
 宇佐ってそう遠くない昔「USA(=宇佐)」ってプリントした宇佐の学校のユニフォームを米大使館にクレーム入れられて(紛らわしいわ。USAとか厚かましいわ。の意か?)、それにキレた当時の宇佐市長が、
「おまいらより何百年も前からこっちはUSAなんじゃい、ヴォケが」という意味であろう長文の宇佐の歴史および反論を書いたレターを送りつけて相手を黙らせた、という栄光の逸話を持ってるんだよね。

 


PICT0525.jpg
 いかにも九州らしいのどかな山並み。
九州は高い山がないから、景色がなんだか優しい感じがする。




PICT0514.jpg
 宇佐市のマンホール。意匠はつつじ?(宇佐市の市花が「つつじ」だったから間違いない) 




PICT0579.jpg
 あ~なんか久しぶりに見た。こういう感じの露天。
いや北海道にもあるんだけど、なんとなくどこかが違う。




PICT0573.jpg
 宇佐神宮表参道にある「ねぎやさんのネギやき」。
一見お好み焼きでしょ?って思ったんだけど、ほとんどネギで構成されてました。
美味しかった~~~♪


 でも宇佐が推してるのは「宇佐鶏唐揚げ」なんだよね。
今回は食べられなかったけど、次回は食べよう!


>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)

テーマ:旅の思い出
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮②

2013.11.16 22:05|管理人日記
 PICT0560.jpg
800年の楠木の全景がこれ。生き生きしてる。
あと200年くらいは余裕でいけそう。






PICT0570.jpg
美しい茜色の橋「神橋」。
宇佐神宮は境内の半分を川に隔てられていて、幾つか橋を渡してあるのだけど、この橋と、もうひとつ県の有形文化財になっている呉橋という美しい橋がある。
今回は時間がなくてそちらを眺められずに残念。







PICT0571.jpg
 川には色とりどりの鯉が一杯。








PICT0565.jpg
 緑が一杯。とにかく気持ちのいい境内。
大鳥居の近くの広場には、幼稚園児たちが遊びにきてた。
こんなところが近くにあるなんていいなあ。








 そして、この日を選んだのは、秋の豊穣を祝う「風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)」の神事の一つ「神能」が奉納されるから。
 「神能」神社で能を鑑賞できるなんて!しかも屋外で能を見るのは初めて!!
 これを見ないでいられましょうか!
PICT0576.jpg
 演者の方達は撮影禁止なので舞台だけ。
演目は「阿漕」。生まれて初めて能を見て一体感を味わった。
素晴らしかったなあ。


 実は今回の旅に行く前から、かなり体調が悪かったんだけど、こちらの宇佐神宮ではさまざまなご親切を頂き、朝方境内でお散歩中のご婦人二人に能のことを尋ねたきっかけで少しお話をして、午後の能舞台へ向かったら、「ちょっとちょっと」と声を掛けていただき、お茶とお菓子を振舞ってもてなして頂きました。
 実はこの方二人は毎年能舞台のお手伝いに来てらっしゃる方達だそうで、「遠くからいらしたんだから、なにもできないけどお茶でも飲んで」と裏手の休憩所に招いてくださったときには本気で涙が出そうになりました。
かなり年配の方なんだけど、それがまあなんとも綺麗な宇佐弁?で。
 生まれた土地の言葉を持たない私は聞き惚れてました。


 別にスピリチュアル気取りじゃないんだけど、ほんとに境内全体が柔らかな雰囲気で、ホテルにあったパンフには「じっくり見て1時間」ってあったけど、7時間いましたがな!
ほんとに素敵なところで、オススメです。




PICT0578.jpg

 宇佐神宮HP
 アクセス*最寄り駅のJR宇佐前から宇佐神宮行きのバスかタクシーで。
      バスは一時間に一本程度。
      タクシーは常に駅前に常駐していて便利。乗車時間10分程度で1000円チョイ。
      宇佐神宮前にもタクシー会社さんがありました。

>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)

                                   つづく



  

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮①

2013.11.14 15:05|管理人日記
 ついに一ヶ月以上更新なしの広告が入ってしまった(汗)。
ご心配頂いた方もありがとうございました。
みんなそれなりに元気です(笑)。

 十勝はもうすっかり冬の気配。
紅葉なんてもうほぼ終わりかけて、近所の大木はみんな裸木になってます。

 前回記事から十日ほど後に、遅い夏季休暇を取っていて、九州の実家へ帰ってました。
今年の四月末に父が盲腸炎の破裂で急遽帰省し、つい「元気になったら熊本へ(父の実家)お墓参りに行こう」などと口走ってしまったため・・・。

 結果的に行って良かったんだけれども。

とりあえず一泊二日は自分へのご褒美として宇佐神宮へ立ち寄ることに。
ここもまた、昨年から今年にかけてお参りしたご祭神と同じ方が祭られてた。
もともとここの姫神さんがルーツで宗像、厳島などへ広がったそうな。

 朝8時半。わっくわくで鳥居をくぐる。

PICT0530.jpg
 大鳥居をくぐるとすぐに目に入る初澤池(はつさわいけ)の古代蓮。一万本植えられてるらしい。




PICT0535.jpg

7月下旬が見所なんだって。




PICT0538.jpg
 朝日に照らされた神宮庁





PICT0540.jpg
 苔に覆われた屋根、「春宮(とうぐう)」





PICT0545.jpg
すごく神秘的だった「祓所」
宗像大社を訪れたときの高台に雰囲気が似てる。





PICT0549.jpg
 「上宮」への入り口「西大門」
さらに空気が澄んでもうわっくわくもピークなのであります。



PICT0556.jpg
 本殿を横から・・・。
なんか段々神さんのおうちの写真を真正面から撮るのが畏れ多くなってきて(^ ^;)。
姫神さんが祭られている神殿は、華やかな気がするなあ。



PICT0551.jpg
 神社公認?のパワーツリー樹齢800年の楠木。
EXILEのUSAがここで祈願した・・ようなことが、町のご紹介パンフに書かれてました。
800年!!
樹って長寿だなあ。


                                  つづく


>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)


テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

久しぶりの旭岳

2013.09.06 02:30|管理人日記
 なんどかこのブログにも書いた気がするけど、毎年必ず訪れるMy パワースポットがあるのです。
北海道の丁度真ん中にある大雪山系の山の一つ、旭岳。
 去年は体調が優れず長距離ドライブが厳しかったので、しょんぼり諦めたけど物足りなかったなあ(;;)。

 今年は天気が優れず、なかなかいいタイミングを見つけられないでいたけど、ぐずぐずしてたらシーズン終わっちゃうぜ(>_<)!ってことで、8月の末にドライブ開始。
 十勝から旭岳まではだいたい距離にして230km。時間にして3時間半。
 
 ・・・・長い。
 若い頃はなんとも思わなかったけど、最近だとせいぜい二時間半が楽しめる距離かなあ。

 そうは言っても、山の麓道を上がる頃にはやっぱりワクワクする。

 IMGP5635.jpg
 夫婦池の片割れ、鏡池。雲が眼下にある不思議。


IMGP5638.jpg
 こちらが万年雪の残る夫婦池の擂鉢池。


IMGP5641.jpg
 チングルマの花・・なんだろう?ガク? リンドウの紫がとても綺麗だったな。


IMGP5652.jpg
 山頂はロープウェイ乗り場からだいたい10℃ほど低い(ロープウェイ乗り場だって、下界からは3℃位低い)。もちろん毎年来ている私にぬかりはありませんよ!


IMGP5670.jpg
 今年はこんな格好で来たんだけど、兎に角重ね着。レギンスの上からレッグウォーマー。薄いものでもいいから保温効果の高い上着を何枚か着込んで仕上げにウィンドブレーカー。
手首周り、首元も薄手のもので構わないから覆ってしまえば身軽で温かく問題なし(^_^)。



IMGP5654.jpg
 雲間からちょっぴり姿を覗かせる旭岳。池を満たす水はガラスのよう。



「大雪旭岳源水」山頂をゆっくり楽しんだら、帰りは麓にある旭岳源流水を汲んで帰る。
IMGP5659.jpg
 山を降りて天人峡へと分かれるT字路の少し手前に右折道路がある。
そちらへ曲がって50mほどにある場所。

車一台につき100円で制限なし。何十個もポリタンクを積んでる車もあった。
ここのお水は冷たくてあまくてとても美味しい。
一昨年はそう書かれてなかったけど、今年来てみたらペット禁止の張り紙があった。
なにか・・残念な出来事があったんでしょうな。


IMGPhatake.jpg
 肉眼で見たらもっとインパクトあったのになあ!うまく写せなかった。



IMGP5664.jpg
 なんだか、キャンバスみたいな空。北海道はすっかり秋です。


 ミカはお留守番。
 来年は一泊二日でなおかつミカも一緒に行ける方法を考えよう。

 ここへも行ってみたいんだけど、ペットはどうだろうな。
 「大雪森のガーデン

今日取った写真>> Optio H90(Pentax)

テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

リバッチ石鹸(追記あり)

2013.08.22 00:00|管理人日記
 妹に教えてもらった手作り石鹸。

・・と言っても、原料揃えて粛々と作る本格的なやつじゃなくって、
無香料、無着色な石鹸を一度溶かし、そこへオイル、好みの香料、+αを加え、自分好みのアロマ石鹸を作ろうというもの。
 +αにはシアバターだったり、クレイだったりとそこはまあ自由に。

 私はけっこうアロマ好きで、部屋でアロマオイルを炊いたり、微量垂らしてスプレーしたり、とかするのでアロマには事欠かないし。


IMGP5624.jpg

 これがはじめての手作り石鹸。
香りはオーソドックスにラベンダーにしてみた。
自宅に生えてるラベンダーの花をドライにしてちょこっと投入。

作ってみてわかったけど、石鹸て油と水から出来てるんだね。
あのしっとり感とか言ってたのは油だったんだなぁ。

次回は大好きなディルの香りのする石鹸を作ってみようっと(^_^)


追記】
 妹から教えてもらったリバッチ石鹸の作り方記事をリンクしておきます。
ここからいろいろ自分なりの工夫をしていったら、楽しい石鹸が作れそう。
 満員御礼!江戸川動物園「小さい石鹸再生!スプーン一つでリバッチしませり~」

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

ちょっと怖い話(後編)

2013.08.02 23:03|管理人日記
 
 やっぱりグローブか・・。
既にラテックスにもアレルギーが出てるし、更に塩ビニアレルギーだったら、打つ手ないなぁ(>_<)!

 出勤日が憂鬱だなぁ・・なんて思い始めたこの頃。
 いつものように職場で手洗いしていた時だった。

『・・・もしかしたら、この水のせいかもしれない』

という考えがふと頭をよぎった。
 なんの根拠もないけれど、職場で日常的に接触しているもの、がもう水以外にないことに気づいたのかもしれない。

 手荒れや湿疹、部分的な乾燥、ひび割れなんかは常習的な状態になっていた。

 水のせいかもしれない、として、この仕事をしていて、手洗いをしないというのは内外的にあり得ない。
今までグローブ素材のアレルギーだと思っていたプラスティックグローブを常に装着し、この状態が素手という設定で、処置をするときは二枚重ね。
手を洗うときは素手設定のグローブ装着状態で手洗い・乾燥をしてみた。
 
 さて、実験一日目。痒みの症状が出ない。
 二日目。同じく。
 三日目。だんだん荒れていた指間部の乾燥や皮膚の病変が消えて、健康な状態に戻ってきた。
 今日で二週間目。症状はすっかり消えていた。
 症状が出始めた去年の冬から、痒みが出なかったのは初めてだった。

 実は私の住んでいる町と職場のある町は水の供給元が違う。
兼ねてより、職場の町の水はあまり美味しくない・・・と言われていた。
カルキ臭い。湯沸しポットにすぐにカルキがこびりつく。
 職場町に住んでいる同僚がふざけて、この町の水を飲むと腎臓が悪くなるかもよ、なんて冗談を言ってたくらいだ。

 決定的だったのは、偶然職場で手洗いをしていた同僚ケアさんの一言。
「あっ、なんか痒いな。なんか時々、家で手を洗っていてもかーって熱くなって痒くなることがあるんだよね」
この言葉を聞いた瞬間に、手荒れの原因について想像の域を出なかったものが確信に変った。


 塩素アレルギーだ。
私の手に起こっていたのは塩素アレルギーだったんだ。

(もしくは塩素刺激による炎症)

 塩素アレルギーについてはちょっと検索すれば色んな情報が得られた。
日本は世界一塩素濃度の濃い水道水だという事(根拠・データー不明)。
塩素の量は下限は決まっていても上限は決まっていないこと(塩素は家庭の蛇口で0.1ppm以上)
塩素の殺菌作用は細胞膜、細胞壁を破壊し、内部の蛋白質や拡散核酸を変性させることで殺菌または消毒の効果を発するということ。
 その効果は0.1ppm/lで5分、0.2ppm/lで大腸菌が死滅・・と書かれていた記事もあった。

水道水質データベースという公的サイトからデーターを計算して各地の水道水の塩素濃度を計算された方の記事にはランダムに選んだ都市の塩素濃度が示されていたけど、確かにいわゆる〇〇(都道府県)の水は不味い・・と言われている所の塩素濃度は高かった。

 もちろん大腸菌その他感染を防ぐためにこの処理が行われているんだけれど、一方で塩素によるアレルギーを起こしているケースもあるということ。
 そりゃそうだよね。蛋白質を変性させる薬物だよ?核酸変性を起こすって、核酸はDNAの入れ物だよね?
長年塩素に被曝しているとDNA変性を起こしたりはしないのかな?
 例えば癌の多くはDNAのコピー異常によって、異常なスピードで増殖し暴走する肉片を作ってしまうんだけど、発がん性という事に関してはどうなんだろう?
 アトピー性皮膚炎に触れていた記事もあった。

 揮発性が高い塩素は特に密室に近い浴室でシャワーを浴びたときに濃度が濃くなる・・という記事もあった。

 手に触れただけで皮膚炎を起こしたのなら、飲水として常に体内に入れ続けているものはどういう事になってるんだろう?

 とりあえず皮膚炎の原因がわかったのは良かった。対策も講じられたし。
でも、人間が近代発明したものの中には、便利だけれども未だそれが生体にどういう作用を引き起こすのか不明なもの、毒性があると分かっていながら使っているもの、見なかったことにしてゴミ処理場(比喩です)に捨てて目をつぶっているもの、多すぎる気がする。
 これはいったいどうすればいいんだろうね?

PICT0392.jpg

追記】
 自分の皮膚の性質のせいもあるんだろうけど、一応水道水で大方の人にでない症状が出るという事は、それだけこの消毒剤に敏感ということだよね。
 自宅で過ごす時間が長いとこの症状は消えたから、私の住んでいる町の水道水塩素濃度は低いということが予想されるけど、一応減塩素対応のシャワーヘッド等の購入を考えています。
 他にも汲み置きの水を使うだとか、ビタミンCをお風呂に入れると塩素が中和されるとかの小技もありました。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

ちょっと怖い話(前編)

2013.07.31 22:47|管理人日記
 なーんて、怪談の類じゃないんだけど。
健康・・病気?がらみで私がここ半年ほどの間に体験したこと。


 去年の冬から手に異常が起こるようになった。
具体的に書くと、最初は指間から、最終的には手の甲全体。
急にものすごく痒くなって、皮膚表面に小さな発疹(ブツブツ)ができる。掻き毟ったりすればもちろん、掻き毟らなくても指の間がひび割れたりする。

 これには条件があって、仕事をしているときのみ発症するということ。
職場で症状が出ることもあれば、家に戻ってから急に強烈に痒くなったりということもあったけど、休みが続くとその症状は出ないし、皮膚の状態も改善した。
特によく分かったのが、腰の不調で長期の病休を頂いている間はまったくそんな症状がでなかった。

 なので職場にあるなにかがこの症状を起こしているんだな、ってことは想像がついた。

 思春期を過ぎるころまでアトピー性皮膚炎を患っていたりして、もともと皮膚のバリア機能があまり高くないだろうこと、特定の薬剤や製品にアレルギーを持っているので、冬場の乾燥した環境で頻繁に手を洗うことで、さらに皮膚のバリア機能が落ちて、接触したものがアレルゲンとして入り込んだんだろうな(=アレルギーを起こしやすい体質なんだな)・・という推察がたった。

 皮膚科に行くことは考えなかった。
どうせ(失礼だけど)大概の皮膚科は、結局ステロイド剤を出すことで解決とすることが殆どだから。
ステロイド剤は長期使用の副作用も怖いし、そもそも原因に対する根本治療ではないので、症状を起こす原因はかわらずあるのに、ある意味麻痺させてないことにしている・・だけに過ぎないから。
 ※ステロイド療法の全てを否定しているわけではありません。

 原因が接触性の皮膚炎なら、その原因を取り除けばいい訳で、色々探してはいた。

 まず一番考えられるのが、使用頻度の高いプラスティックグローブ。
職場で使われているのは、コーンスターチパウダーの付いたものと、付いていないもの。

☆『もしかしたらこのコーンスターチパウダーかも?』ないものに代えてみた。  → 変化なし
☆やや高価な、手荒れの人に優しいアロエ付きグローブを使ってみるか。     → 変化なし
☆『うぅむ。ものっすごくハードル高いけど、実験としてグローブなしで仕事してみる
  ※もちろん手洗いはいつも以上に豆にやりましたよ             →変化なし 
☆手を拭く紙に含まれている何かのせいか?違うものに代えてみよう。      → 変化なし

 冬が過ぎて手の乾燥が改善すれば、少しはマシになるかと思っていたけど、予想を裏切ってどんどん酷くなるばかり。
 どうしたものかなぁ・・・。これ、このまま酷くなっていくんだったら、この仕事も考えものだなぁと少々悩んでいたんだけど、そのうちうっすらと、もしかして・・・・?と思うことが出てきた。

 長いんで一旦切ろ。


IMGP5544.jpg
 久しぶりに会えたプルートくん。15歳。

 

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

家系図・エンディングノート

2013.05.29 12:34|管理人日記
 タイトルみたら「なんぞ?」だよな~。
周囲に「今やってるコト(^_^)~」を話したらけっこう引かれるんだけど、このタイトルのセミナー受けてます。
 正しくは「家系図・遺書の書き方・エンディングノート」。現役行政書士さんが講師。
 「ま・・・まだ早いよ~」などと、多少動揺を見せつつの返し、が多かったなー(笑)。

 ただ、このコトってもう随分昔・・30代くらいからぼんやり考えていたんだよね。
状況的に考えが及ぶのが人より早いのかもしれないけど、例え家族が居たとしても、突然死なんてされたら、残された家族は凄く困るんじゃないかな。財産含め、お葬式はどうするの?だとか、遺物の処理は・・とか。
もしも自営をしてる人だったらその引継ぎとか。他にもetcetc.
 別に今からタヒに宣言をしてる訳じゃなく、まぁ、私の場合だったら迷惑が最小限で済む様に・・が一番かなあ。


 家系図も、遺書の書き方も、まあ自分を含めて身近な人達の過去と未来に目を向ける作業ってことでは一本線かも。
ちなみに行政書士の講師の方はもと自衛官で、このテーマを痛切に意識したのは、3・11の震災救助へ派遣された時だと言っていた。


 まず家系図の話。

 
 家系図はどうやって作るの?
   ↓↓
 戸籍からだよ。
   ↓↓
 戸籍にもいろいろ種類があってね。現戸籍、除籍、原戸籍などなど
   ↓↓
 ホォーッφ(,_,)

 ちょこちょこ取り寄せて、今私から数えて五世代目くらいを辿ってます。高祖父(曾おじいちゃんの上世代は「高」らしい。その上はもう固定名称はないらしい。初めて知った~!)

 他所の家庭はどうか知らないけど、私は自分の親戚の事を殆ど知らない。
父方の親戚とは殆ど付き合いがなかったので、辛うじて叔父・叔母の名前は知っていても、どこに住んでいてどんないとこが居るやら???
 母方の親戚の方とは父方に比べれば付き合いが深かったと言えるけど、それでも親密に連絡を交わしているわけではないので、幼児期の記憶がなんとか残っているくらい。
 もちろんその上の代となるとほぼ自分の親族にまつわる記憶も記録もない。
 正直なところあまり興味もなかったけど、作ってみて、さらに家族の年代表(祖母の出産時の年齢とか、当時の世の中の流れとか)を出してみると、誕生、出産、(および離婚)の日にちしか分からなくとも、不思議と見えてくるものがあったりして、ちょっと自分の身内、祖先を身近に感じられるようになったなぁ。
 この時代この町にはどんなことがあったんだろう?
いずれ可能なら父のルーツの町史なんかを調べてみたいな。

 あ、あと家系図を作るために、母親と連絡を取ったりして、知っていることを話してもらったんだけど、その脅威の記憶力にびっくり。
(あと禁酒法時代のアメリカに渡って向うの方と結婚し、ギャングになって☆になった人がいるらしいなんつー破天荒人生)
私が誰か身内に「○○叔父さんのことを教えて」と言われても、まず話せることがないんですが(汗)。
 
 また近いうちに今習ってる「相続」の話も書こっと。
法律って知れば知るほど(知っておいた分だけ)武器になるんだなあ。


katabami.jpg
これ、うちの家紋(^_^)
家紋としてはかなり一般的な文様

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。