What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の嵐

2012.04.05 23:01|ニュース系・〇▲占いとか
 いやぁ。昨日の嵐はすごかった。
 ものすごい勢いで北上してきたしなぁ。
「わー春のあらしだー」とかもう全然ピヨピヨ言ってられないレベル。おそろしか。

 私の住む地方では、午後から今日の明け方がもっとも風が強かった。
昨日は半休で午後から30分かけていつもの道のりを帰ったけど、あまりの強風にウインドウ全開にしたもん。
(ちょっとでも横風の圧力が弱まるかと思って・・)怖かった~~(;´Д)!
 道路で、野鳥が木の葉みたいに飛ばされてた。

 あの風が、三月の頭に吹いていたら、ほんともうアウチだわ。アイスリンク道路の上をつーーーっと横滑りして畑にドウと倒れるのみ・・・。

 日本を縦断した嵐。
会ったこともないけど、よくお邪魔するブログ主方達の地方は無事だったんだろうか。
そんなことも思った一日でした。




 そんなんでちょっとほっこりしようと、お気に入りの動画をピックアップ。
ソースは殆どいつもの「らばQ」さんから。
 一番目はミクシで紹介されてたもの。アメリカで犬の保護活動をしているご夫婦が、保護した一頭の犬のショートフィルム?ビデオを使って、寄付を募るCMを作っていたんだけど、そのシリーズを繋げて短いドキュメンタリー風にしたところ、非常に多くの関心が寄せられた・・というもの。



 彼女は保護したときは目がまったく見えず、体もすざまじく蚤がたかり、人間を恐れてひどい状態だったそうだけど、汚れた毛は刈り取られ皮膚はよくケアされて、緑内障で失明していた目は、片目が手術によって見えるようになったそう。その後新しい飼い主に引き取られたそうです。





 「怒られたのでチラッと覗き見する犬」らばQ
 怒ってる人、最後声が震えてる (^m^*)。

 ミカにもパグが入ってるし、同僚の飼い犬まりもちゃん(パグ)を見たりしても、パグってちょっと犬離れしてるところがあるからねぇ(笑)。一度パグを飼った人は、他の犬じゃ満足できなくなるかも(^_^)。




 「叱られた犬がまさかのリアクション」らばQ
 「このぐちゃぐちゃ!誰がやったの?」「え?あなたなのっ!?」
鋭い叱責に耐えられず・・・www


 ほんとにね。
犬を全力で叱れないのは、こういう技をかましてくれるからなんだよなぁ(笑)。


いつでも里親募集中
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

もう一度私の犬に会いたい

2012.02.04 07:12|ニュース系・〇▲占いとか
 Twitterで教えてもらったニュース。

リンク先が消えてしまったら残念なので、こちらに少々Upさせてもらいました。

 57歳の男性、ケヴィン・マククラインさんは犬のヨーティと車の中で生活するホームレスとして暮らしていました。とはいえケヴィンさんはヨーティの食事を欠かすことは決してありません。いつでも食事はまずヨーティの分から。2人は本当の家族のように暮らしていたのです。
しかし一月ほど前、ケヴィンさんが病に倒れてしまいました。通報によって救急隊員がかけつけましたが、犬を一緒に連れて行くことはできません。ケヴィンさんは病院へ、そしてヨーティはアニマルシェルターへとそれぞれ運ばれ、離ればなれになってしまいました。

 ケヴィンさんの病気は末期の肺がん。手の施しようがなく、死を待つだけの状態でした。それが自分でも分かるのか、ケヴィンさんはずっと「ヨーティに会いたい」と言っていたそうです。

 通常、迷い犬がどこに収容されたのかを探すのは通常とても困難なことです。ところが彼を病院に搬送した救急隊員が偶然にもヨーティの収容されたアニマルシェルターでもボランティアを行なっていたため隊員はすぐ「あの犬のことだ」と気づき、すぐに手続きがなされました。

 ヨーティがケヴィンさんの病室にやって来たとき、ケヴィンさんは眠っていたようです。しかし彼が目を開けた瞬間、彼らはお互いのことがすぐに分かったようでした。ヨーティは彼の腕をなめ、そして顔をなめました。

title.jpg

img_002.jpg


 ホームレスの男性、最後の夢を叶える/DNA






 ケヴィンさんはこの数日後永遠の眠りについたそうです。

 色々考えさせられます。
 ホームレスの男性が(全てのホームレスがそういう待遇を受けられるわけではないにせよ)、最後の瞬間に清潔な個室を与えられ、病床で尊厳を保てることや、彼の為に犬を病室にいれてくれたこと。

 今の日本なら、たぶんこんなことは出来ないだろうな、と思えます。
もう元気で退院することは出来ないだろうな、という方達のベッドサイドにペットの写真が飾られていることも多く、もしもここに連れて来ることが出来たらどれだけこの人たちの慰めになるだろう、ペットにとっても、と切なくなることもあります。
 個人ではなく日本という単位で見た時に、この国は優しい国ではないな、と思うことも多いです。
なにがそうさせてしまうのかなぁ。


yortie2.jpg

 犬は愛を担当する者ですね。

  

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

電子レンジ・フライパンによる有害ガス発生の件

2011.02.16 07:38|ニュース系・〇▲占いとか
 ほんとうはもっと違うことを書こうと思ってたんだけど、mixiのコミュに見過ごせないトピックがあったので、こちらを優先することにした。

 参加してる鳥関係のコミュに上がっていた電子レンジ使用中の事故の記事。

「 つい数日前に自宅で電子レンジのオーブンを使ったところ、二時間程経過した頃に突然飼育しているインコに異変が起こり、次々と目の前で死んでしまった。
6羽中、唯一生き残ったインコが現在動物病院で治療中」とのこと。

 飼い主さんはショックの中、製造過程でレンジ内に付着している油が、加熱により有毒ガスを発生することを調べたようです。
同様の事故が実は何件も発生していることも。
フッ素加工(テフロン加工)したフライパンで調理した折にも同様の事故が起こっているらしい。

 金太を飼い始めてから揮発性のある薬剤を、鳥のいる室内で使用することはやめていたけれど(ハイター、マジックリン、スプレータイプの商品、殺虫剤など)、ここには思い至らなかった。

 リンク先の記事を読むと、有毒ガスは新品のレンジを使った際に発生したみたいだけど、フライパンもレンジもそういえば、使用したときになにか嫌な匂いがするもんな。
 うちでは他に、自宅の電話を使って10分以上会話をすると、かならず喉がヒューヒューいい出す。何かに反応しているんだろうなと思う。家電は殆ど使わないからそのまま変更していないけど。

 悲しくて悲惨な事故だけれど、これは鳥だけじゃなく、私達人間にも有害だということでしょう?
ただ鳥よりも耐性があるから大方の人間は症状が出ないだけで。きっと解毒に関わる組織がダメージを受けていると思う。

 1.電子レンジ・有毒ガス
 2.樹脂加工フライパンから有毒ガスが発生
 (トピ主さんが記事と共にリンクしてくれていたもの)

追記にトピ主さんの記事をコピーしておきます。(承諾の文面があるので)
 
 

続きを読む >>

あるツバメの話

2011.02.09 20:15|ニュース系・〇▲占いとか
true-love-storytitle.jpg

先日の「らばQ」さんのニュースから、元ネタリンクを辿っているときに、目にしたこのニュース。
胸が一杯になったなぁ。
どんなに小さな生き物にも心があることを教えてくれる、でも悲しいニュースでした。
胸の痛む写真も載っているので畳んでおきます。

ニュース記事をリンクでも良かったんだけど、そちらが削除されていたら残念だから。

続きを読む >>

拾われて元気一杯になった元捨て犬達

2011.02.07 20:15|ニュース系・〇▲占いとか
 ちょっと前のニュースになるけど、大好きな「らばQ」さんの記事。

海外で遺棄されていた犬達のビフォーアフター写真です。
もちろんハッピーエンドな犬達のね。
当たり前だけど、ぜんぜん表情が違う。目の輝きが。
捨てられること、独りぼっちになることは生き物の希望を奪うんだね。


225d473f.jpg
before

9e0ed555-s.jpg
after

a9220a4f-s.jpg
before

469ba507.jpg
after



当たり前のことだけど、犬は野生の動物じゃないから、しかも人間中心の環境で捨てたって上手く生きていける訳ない。
当たり前のことだけど、それは人間の子供を「邪魔になったから」ってどこかへ置き去りにしたのと同じくらい。
人間族自身にもそういう問題が山積みで、ペットと言われる動物だけに限ったことじゃないけど。
こんなことが一切無くなって、みんながお互いを心から大切にしあえる事ができたら、それはどんな世界になるんだろう。
やっぱり夢なのかな?


その他写真は「らばQ」さんにて。
その表情が堪らない・・・拾われて元気一杯になった捨て犬達
 ※もと記事がリンクされていて、そちらにはさらに他の写真も、もう少し大きな画像で掲載されてます。

関連記事:
 拾われて綺麗さっぱりした捨て猫たち

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

愛情

2009.07.26 11:43|ニュース系・〇▲占いとか

二匹はボニーとクライドと言う名前のボーダーコリーで、走り回るのが大好きなやんちゃな犬たちです。

二匹は嵐の日に捨てられ、現在はロンドン近くの動物救助センターで新しく飼い主になってくれる人を探しています。

穏やかな性格にもかかわらず、新しい貰い手を探すのに苦労をしているのには理由があります。

それはオスのクライドの方が全く目が見えず、パートナーであるメスのボニーに頼り切っているからなのです。
                らばQ「目の見えないオス犬をメス犬が支える」



 よくお邪魔するサイト「らばQ」さんで見つけた記事。
 動物好きな人ならわざわざ口にすることもないけど、「人間に愛情がある」というのなら、他のどの動物にだって愛情がある・・ことは、もう当たり前の事実。
 別に人間に対してシニカルに構えてるわけじゃないけど、本音を言えば人間よりも、より、他の種族の動物たちのほうが「愛」の純度が高いんじゃないかと思うこともある。
 「愛」に迷いがない、って事かもしれないけど。

 時々科学者が「人間以外の動物にいかに感情があるのか」を立証しようと試みたりしてるのを見るとほんとうに不思議な気持ちになる。
 人間の感情も立証してみたらいいのに。
 あなた方が人間の言葉でしか物事を理解しようとしないからだよ、と言いたくなる。

 でも、これだけ他の種族の動物の生を踏みにじった上に生かされている人間だから、他の言葉が分からないのは有る意味救いかもしれないね。

 このサイトは世界の心温まるニュースをいろいろ紹介してくれていて大好きなんだけど、動物ネタにも素敵なニュースが一杯ある。

 ☆「動物の愛情」でほろっときたらばQニュース
 
  ○母親に捨てられた狼の赤ちゃん、オス犬に育てられる
 ○親を失った子ウサギを片足のハトが

 他にも赤ちゃんが大好きな猫が、尻尾であかちゃんをあやしてる動画がどこかにあったんだけどなぁ。尻尾を掴まれてむちゃされてるのに、赤ちゃんを見る猫の目といったら・・・。
もうとろけそう(笑)。見つけられなくて残念。

サイエンスダイエットの問題

2007.03.27 21:22|ニュース系・〇▲占いとか
 少し遅れた時事ネタだけど、アメリカのペットフーズ「サイエンスダイエット」を扱っているヒルズ社が、犬猫用のドライフードのリコールを始めた。

3月24日 “中国産の毒入り小麦粉”を使ったペットフードで飼い犬や飼い猫が相次ぐ死…アメリカで大規模リコール拡大中 ”

 1 名前: DCアドバイザー(アラバマ州) 投稿日:2007/03/24(土) 03:46:17 ID:uPzFuTKj0 ?PLT
http://abcnews.go.com/US/story?id=2975912&page=1
アメリカで、犬や猫の肝臓の機能が停止し、多くの飼い犬や飼い猫が死亡し、先日六千万缶以上の大規模なリコールが行われたメニュー・フーズ社製のペットフードに使われていた中国から輸入した小麦粉の中から大量のネズミの駆除に使われる毒が検出された。

この一連のペットフードリコールのニュースは、米三大ネットワークやCNNやFoxNewsで
毎日大々的に取り上げられており、中国産食品への安全性が問われそうだ。

       痛いニュース(ノ∀`)



 りきと暮らすにあたって当初から一番興味があったのは「食」で、栄養学やペットフード関係の本などから知識を入れつつ、現状に落ちついている。
 日本のペットフードが一番優れているとは思っていないが、賞味期限や対応の問題、その他で顔の見えやすい国産にしようと思っていた(国産と銘打ってあっても純粋に日本で作られている物ばかりではないということも学んだ)。
 ほんとうに怖いな。サイエンスダイエットなんて、一昔前は特別食のようにランク上のダイエットとして売られていた代物だ。
 でもこの問題は、実はペットフードに限った事ではないね。この感覚が通用するという事は、売れるなら、法の目を潜り抜けられるなら、どんな事でもして売りましょう。金になるなら全てOK。
 この精神がペットフードだけに限られているとは思えない。
 
 日本ヒルズ・コルゲート社からの掲示はコチラ


 引用したソースは2ちゃん系なので、好まない人もいるかもしれません。自己判断で参照どうぞ。
 あと、ペットフードについて書かれた本を選ぶ時、特定のフードを推奨したり、はっきりと書かれていなくても特定フードを示唆するものだったりしたものは、私的にはあまりお勧めできません。
 利潤の為に情報操作をしている可能性が高いと思うからです。
 複数の、バックグラウンドの違うライターの手で書かれた本に共通する項目は、深く考えてみるべきだと思っています。







 
 

キャッチフレーズ

2007.03.03 23:59|ニュース系・〇▲占いとか
 DOG@Roomのじんべさんの記事から持ってきました(笑)。

ペットのキャッチフレーズ

りき編】
 りきには虹色のオーラが見えます。
近い将来に良い方向へ人生の転機を迎えます。

ミカ編】
 いつも、すぐそば、ミカはそこにいる


 ぷっ。
 なんか二人とも らしい(笑)

 可愛いペットのキャッチフレーズ作ってくれるのは

 コチラ♪

百代ちゃん連れ去り事件 判決

2007.02.21 21:03|ニュース系・〇▲占いとか
 昨年(2006年)9月に起こった信じがたい事件。
この事件に対する判決が出ました。
 迷子探しから始まった一連の事件の流れを、縁あって紹介させていただいたので最後の結末まで書かせていただこうと思います。


 倫理的にも感情的にも、憤りを押さえられない事件でしたが、正直実刑判決が下されるとは思わず、驚いています。
 被害者である飼い主の方と、ご友人達が事件の一連の流れをブログに公開した時から、かなり激しい二次被害を受けただろう事は容易に想像できました。
加えて裁判となれば、何度も法廷に立ち、事件を色んな角度からフラッシュバックさせられただろうし、さぞや心労のことだったと思われ、関係者の勇気と強い意思に頭が下がる思いです。
 


 けれど、こう言う事件を見聞きする時にいつも感じる無力感があります。
 この幼児性を残した加害者の行動は本当に許せない。
 でも、この犯人を法の力で裁いたとしても、たぶんこの人の中では自分の行為がどれほどの破壊力を持っていたのか、重い罪なのか判らないんだろうな、ということ。
「悪いことをしたら裁かれるんだぞ!」という脅ししか、こういった事件の抑止力にならないのか。
 あるいは、「今後の同様な事件に対して、果たしてどれほどの抑止力になるのか」という懸念。
 ここになにかひどい無力感をおぼえるのです。

  でも、だからといって何もせずに「悲しい・・悔しい」で手をこまねいているのだけでは駄目なのでしょうね。
 
 体力的にも精神的にもダメージの大きかっただろう関係者の方々に心から敬意を表したい。

盗んだ犬を投げ落として殺す、39歳女に有罪判決
                 2月21日19時22分配信 読売新聞


 盗んだ他人の飼い犬を、自宅マンションから投げ落として殺したとして、窃盗と動物愛護法違反の罪で在宅起訴された札幌市中央区の無職女(39)の判決が21日、札幌地裁であった。

 川田宏一裁判官は「短絡的で残忍な犯行で、愛犬を失った被害者の精神的苦痛は大きい。しかし、殺害は衝動的で、養うべき幼い子もいる」として、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。

 判決などによると、女は昨年8月28日午後、同区内の店先につながれていたペットのフレンチブルドッグ(19万円相当)を連れ去った。飼い主が同月31日に探し当て、尋ねて来たため、発覚を恐れて6階から投げ落として殺した。

          最終更新:2月21日19時22分


テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット

鳥インフルエンザ()

2007.01.29 10:59|ニュース系・〇▲占いとか
 宮崎県に続き、今度は岡山県で発見された鳥インフルエンザ罹患。

岡山県高梁市川の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が死んだ問題で、農林水産省と県は29日、H5型のウイルスに感染した高病原性鳥インフルエンザと確認した。

 これを受け、県は同日、家畜伝染病予防法に基づき、発生場所から半径10キロ以内にある18養鶏場で飼育する約95万羽の鶏や卵の移動を禁止し、準備が整い次第、現場となった「橋本農場」で飼育している採卵鶏約1万2000羽を殺処分する。
               (2007年1月29日10時20分 読売新聞)



 殺処分かあ・・・。
この方法しか手がないのかなあ。
ニュースを見ていたら、宮崎県のケースで「保健所は施設に感染防止にこれからも努めるよう指導」と言っていたけど、もちろんそれは消毒法だの、汚染物品の管理だのと言う事になるんだろうけど、でももともと外来種によってもたらされたウィルスを、どう感染防止に努めろというんだろう。
 今後もどこに来るか判らない。
 持ちこんでいる渡り鳥の種類が確定されれば、その種を絶滅させるのか。
 インドネシアで既に人間が鳥インフルエンザに感染して死亡したケースが出たらしい。厚生省としても悠長な事は言ってられないんだろうけど。




 人間に開発したように、鳥インフルエンザのワクチンなんか出来ないんだろうか。それがそれが結果的に人間を救う事になるかもしれない。
 現に大量処分された農家は(保険に入ってるのかもしれないけど)、息も絶え絶えだろうに。

 SARSが猛威を振るった時は、人間だから殺処分されなかった。
でも全ての事は人間に返ってくるし、人間が万物の長だ、と自負するんなら、下位の者を助けてやるべきなんじゃないのかな、踏みにじらないで。
 支える者がみな死に絶えてしまったら、王は生きていけないんだけど。

テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

補助犬お断り

2006.11.15 14:36|ニュース系・〇▲占いとか
 

盲導犬、介助犬など身体障害者補助犬を使う人が、職場などで補助犬の同伴を拒否される例が相次いでいることが、障害者団体の調査でわかった。

 会社に介助犬を連れて行こうとしたところ「公私混同」と言われたり、ペット可のマンションなのに盲導犬の入居を断られたりするなど、無理解なケースが目立っており、団体側は14日、住居や職場での補助犬受け入れを義務化する法改正を求め、約10万人分の署名を衆参両院議長あてに提出した。
    職場などで「補助犬お断り」、無理解に法改正を要請
                      YOMIURI ONLINE
     


>会社に介助犬を連れて行こうとしたところ「公私混同」と言われたり 
 はぁ?阿呆かと。
 こういう人達は想像力がほんとうに品薄で、実際に聴力や視力を奪われないと理解できない人たちなんだろうな。
 そうそう。導入前に一日でも疑似体験させてあげたらどうだろう。

 そしてあいも変わらず「不潔だ」という言葉がでてるようなんだけど、確かに私は動物が好きなので、家畜、野生双方、健康な状態の彼らを不潔だと思った事は一度も無いんだけど、どこがどういうふうに不潔なのかきちんと立証していただきたいですね。あと不潔じゃないらしい人間との比較もね。

 このあときっと「犬が怖くてしかたがないのに我慢しなけりゃいけないのか」みたいな意見も続くんだろうなぁ。

 そうそう。巷で流行ってるネームカード。私もやってみました。下~のほうにありますよ。 
 

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

犬っていう生き物

2006.10.20 09:07|ニュース系・〇▲占いとか
 

 米ウィスコンシン州南東部ラインで15日、足の不自由な女性宅で火事があった際、女性を助けた介助犬が猫を救おうと燃える家に戻ったが、猫ともども助からなかった。

 AP通信が火事でやけどをした女性(49)の話として伝えたところによると、飼い猫が居間のテーブルのろうそくを倒し、燃え広がった。交通事故で片脚を失った女性はソファでテレビを見ていて義足が手元になく、動けない状態になった。
 「介助犬、飼い主を火事から救出、ネコ救出中に死亡」asahi com


 何もしがらみがないから出来るのか、しがらみがなくても自分の命を失うかもしれない局面でこのような無私の行動にでられるのか。
 
 犬は愛の塊だって何かの本で言ってなかったっけ。
 

テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

キシリトールは犬に有害?

2006.10.03 11:07|ニュース系・〇▲占いとか
 とは関係の無いサイト巡りしてたら、宣伝広告のバーにこんな見出しが。

興味をひかれて覗いてみた。

なになに?
キシリトールに急激な低血糖状態を引き起こす恐れがある・・と?

うわぁ、怖すぎ!!
もしかしたら低カロリーってことで、この甘味料を使ってた人とかいないのかしら?
それにしても、害が無いから、ヘルシーだからってだけで安易に人間と同じ物を使用するのはやっぱり恐ろしいことなんだな。

 

シュガーレスの菓子類に広く使用されている人工甘味料キシリトールが、の肝臓に障害を起こす可能性があり、場合によっては死に至らせる危険もあると、米国の獣医師らが29日、米獣医学協会(AVMA)のジャーナルで警告した。
            (ニューヨーク 29日 ロイターより)

タグ:キシリトール

サンル川ダム建設について

2006.09.14 21:57|ニュース系・〇▲占いとか
 地元局のニュースを眺めていたら、なんと「ウッシーとの日々」の作者 はた万次郎さんとウッシー(14歳)が登場していた。

 ウッシー―――――――!

元気そうでよかった。
てっきり二人は北海道を離れて沖縄あたりで暮らしているのかと思っていたよ。

 話題は下川町を流れる美しい川。サンル川にダムを建設計画の反対運動のニュースだった。
 はたさんがこの運動の音頭をとっているわけではなさそうだけど、活動の一端には参加しているようだ。
 私は「ウッシーとの日々」や他の著書を通して、彼の自然との歩みよりにとても共感していたのでこのニュースは本当に残念だ。

 署名活動もしているようなので、もう少し調べてから是非参加したいと思っている。
 国や地方自治体のあり方が大きく見なおされている今こそ、今一度考え直してもらいたい。
 ダム建設にあたり色んな理由を挙げているようだが、40年間ダム建設がなされなかったということは、それが必要ではなかったからなのではないだろうか。
 もしも敢行する理由の中に、外に向けて打ち出している目的以外の政治的な理由があるのなら、もういいかげんにそんなつまらない理由で北海道の大地を食い物にするようなことは止めていただきたい。
 

 関連ブログはコチラ 

 次の休みには久しぶりにりき達と下川町へ出かけてみようかな。

テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

タグ:サンル川 下川町 はた万次郎 ウッシー

百代ちゃん連れ去り事件その後

2006.09.03 11:10|ニュース系・〇▲占いとか
 この件に関して言及するのは、ここではこれで最後にしたい思っています。

 偶然辿り着いてこのブログを読んでくださった方は、当然今回の事件の中心になってらっしゃる被害者Aさんの友人まこちさんのブログ、サポートに回ってらっしゃった茶ママさんのブログを読んでいらっしゃるだろうと思いますが、こちらの方々とはなんの接点もない私ですが、一応その後の活動をリンクさせていただいておこうと思います。


 北海道新聞にも今回の事件が大きく取り上げられていたとの事。
 加害者に子供がいるということで、悲嘆にくれているのにその後の成り行きを相手の子供さんのために心配しているという被害者のAさん。
 多くの人がこの件に強い関心を持ち、援助の手を色んな形で差し伸べてくれているということ。
 
  

 失ってしまった事実と多くの傷ついた心は変わりませんが、何かひとつでも、なにか・・無駄にならなかったよ、というものを見出せれば・・と願います。
 そして直接関わった方達や、被害者Aさんに対して直接言葉はかけられないのですが、ほんとうにあなた達が悪いのではない。一欠けらも。
 運悪く災いに巻き込まれてしまっただけなのだと言いたい。

 どんな理由を取り繕っても、連れ去っていった人間が悪いのです。
 外につないだから、飼い主が不注意だ、悪かったなんてことはないのです。
危険?それはどこにでもあること。その理屈を適用すれば、部屋の中でケージにでも閉じ込めていない限り世の中の危険は回避できない。
  

 今はきっとどなたが声をかけても心に届かないかもしれませんが、Aさんは悪くない。辛い思いでをできるだけ早く乗り越えられますように、と祈ります。

 その後1 今できること  (茶ママDiary) 

 その後2 百代ちゃんの葬儀(茶ママDiary)

 その後3 みんなの力(Dog@Room)
 

テーマ:★★フレンチブルドック★★
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。