What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカロール

ほんとうに寒くなってきた。
だんだん、パソコンに向うのが億劫になってきたなあ(>_<)。(座ると長々留まってるので激冷えするのです。うちの平均室内温度15度~17度ですから~)

 さて長袖+毛糸の季節になってくると、ミカはPC弄ってる私の上に上ったときに必ずシャツやセーターの下に潜り込んでこれをやる。

mikaroll.jpg
 名づけて「ミカロール!(ドラエモンの声でプリーズ)

 そして本日、やっと私が大好きなミカの横顔を激写する事が出来ました
yokogao2_b.jpg



ついでにオマケ。うちのラッパーでっす



rappe_b.jpg

スポンサーサイト

紅葉狩り

2005.10.25 21:03|犬とドライブ(旅行日記)
momijino_b.jpg


 紅葉狩り。
うちの近所の造園さんも、裏にそびえるくじら山でも見事な紅葉を堪能できるんだけど、ちょっと頑張ってオンネトー方面の紅葉鑑賞を決行。
 雌阿寒岳の麓で不思議なエメラルドグリーンの水色を見せるオンネトー湖へ行くには二通り。国道241号線を通るか、途中から折れて道道611号オンネトー線を選ぶか。
 双方とも湖に近づくに連れて道が狭くなり、特に国道の方は大型バスが行き来するのですれ違う時にけっこう緊張する。
 611号も細い事には変わりがなく、しかも砂利道で、車で走るには道路条件が悪いといえば悪い。
 でも車通りが殆どといっていいほどなく、またたぶん20分足らずで通過する道は山の中を分け入って、本当に美しい。

 一度ゆっくりここを歩いてみたいなあと思っていたのだ。

 砂利道に変わる手前の路肩に車を止めて、そこから歩く。歩く。

結構着込んできたのに、身震いするほどの寒さだ。
もうこちらは冬の気配だなあ。

 本当はこのままオンネトー茶屋まで出てそこで一服してから引き返そうと思っていたんだけど、一時間ほど歩いたところでいつもの膝が痛くなってきて、復路を考えて引き返す。もうちょっとだと思うんだけどなあ。

 犬達はもちろん超ご機嫌。りきは山の気配を感じてすっかり野生っぽい顔つきになっていた。

 
 
watari_b.jpg


shamen_b.jpg


yasei_b.jpg

クリアちゃんと・・・

 久しぶりに みぃさんの愛娘クリアちゃんに会った。

 一歳になるんだけれどまだまだ子犬の可愛さを残したクーちゃん。
好奇心が旺盛で、陽気で、可愛い女の子。
 遊びに誘う仕草も激カワで、いつまでたっても離れられない。
言葉の意味もすぐにわかって
「ママはどこに行ったの?」と聞くと、顔をピンと上げて「ここだよ!」と誘導しようとする。
 察しがよくてびっくりした。

 で。

 またもや遊びに夢中になって、クーちゃんの写真を撮り損ねた私。


★私信★
 みぃ様、今日は大変お世話になりました。
今度は是非、十勝で犬遊びしましょう(^^)。

ミカと会話する

 以前「あなたもペットと話が出来る」という本を購入して、毎日真面目に・・と言うわけでもないけれど,時々思い出したようにメソッドを実践している。

 実践・・といったってたぶんに思い込みの世界(いや、そうじゃないんだけど!でもそうとも言えるような・・)なので、イマイチこれでいいのかどうか確信が持てない。

 一度りきにそのやり方で試したら、『おや。もしかして通じたの!?』ってことがあったけど、それも偶然なんだか、小さな奇跡だったのか。

 ミカが昨夜、明らかにいつもと様子が違う雰囲気で私の周りにまとわりいてきた。
私の前に立ち、困った顔で私を見つめ、私が何のことやら分かりかねて体をなぜると必ず後ろに回ってそれからまた正面に。
 「う。う、う。」と涙を滲ませながら話し掛けようとするし。

『この子が私に必死で何かメッセージを伝えようとしてるのは分かる。でもなんて言ってるのか分からない』

 おしっこかな?
 外に出すも違うようだ。
 プープーは?
 しないなあ。
 お腹が空いたのか?
 さっき食べたばかりだし。
 具合が悪いようにも見えないなぁ。


 お風呂に入っても扉を小さくたたいて入ってくる。
そして同様の仕草。
 なんだろう?

 ややしてミカが土間の、目に見えない所に排便をしていた事が分かる。

 彼はたぶんここで排泄してはいけないことを分かっており、でもどうしてもここでしたく(タイミング的に外で出来なかったので)、そして結果排泄物を私に見つけられて怒られるより、自分でしたことを報告したかったのだろう。
 ミカはどんなにかすかな咎めでも、私に怒られる事が大嫌いなのだ。
幼少時にトラウマになるほど私に厳しく叱られたから。
 もしかしたら「どうしてここで排便したかったのか」一生懸命説明していたのかもしれない。

 本当に二人と話が出来たらなあ!

秋のピクニック

2005.10.18 23:05|犬とドライブ(旅行日記)
susuki.jpg



 昨日は夜勤明けで一日中うちに引きこもっていたので、流石に今日は犬達の眼差しも非難の色が濃く、お昼近くにおやつと飲み物を持ってドライブ。

 以前から当たりをつけていた穴場、ちょっとした山の麓にある細い細い川へ降りていってしばしのピクニックを楽しむ。
 天気続きだった事もあり、ちょろちょろと流れる川も小川程度だ。
河原の双方は薄野に囲まれている。踏みしめる川底の砂州はさらさらして足に気持ちがよさそうだ。

 思う様遊ぶ二人。彼らを眺めたり、根っころがってぼんやり日向ぼっこする私。一時間ほどしておやつと飲み物を広げる。
 
 秋のピクニックは気持ちがいいなあ。

shibuki.jpg    niko.jpg

黒と白(っぽい)色を並べて撮るのって難しい。大抵どちらかがマズくなるんだもの。

赤ちゃんペット販売中止

2005.10.13 22:36|犬と健康
 ニュースというのは最近じゃ「悪い事件」の代名詞みたいに思ってましたが、久々いいニュースを読めて胸のすく想いです。

 

環境省は13日、来年6月から、犬や猫を念頭に生後間もないペットの販売を禁止にすることを決めた。赤ちゃんペットは環境の変化に弱く、輸送途中などで病気になる恐れがあるためで、販売を開始できる具体的な時期は調整中としている。
 販売禁止の方針は、同日開かれた中央環境審議会(環境相の諮問機関)に諮られ了承された。来年6月に施行される改正動物愛護管理法に合わせて実施される。
 国内では、「かわいい」などの理由で幼い時期のペットが人気で、同省の調査では犬、猫の約6割が生後60日以内にペットショップに仕入れられ、販売されている。しかし輸送途中で弱ったり、死ぬなどトラブルは後を絶たない。
(毎日新聞) - 10月13日12時46分更新



 三ヶ月にも満たない犬、猫を店頭に並べることの弊害は以前から識者の間で指摘されていた事だったが、それもすべて金と欲の前に黙殺されてきたのだ。
 今頃環境省が乗り出してきた理由が「トラブルが後を絶たない」から、というのも笑えるけれども、変わらないよりずっといい。

ミカの皮膚炎?

2005.10.11 21:05|犬と健康
 昨日の晩、ミカを触っていて首筋に違和感。
左の耳の付け根あたりに膨隆疹?みたいな物が出来ている。
表層はもう痂皮を作っているんだけど、いつも彼を触りまくっているのにまったく気がつかなかった。
いつの間に?
それに・・この湿疹、虫刺されとも、何かの傷から化膿したとも見えない。
擦り傷や草負けの類でもなさそう・・。
なんとなーく、この見てくれに嫌な感じを覚える。
 私がしげしげとこのできものモドキを眺めていると、りきがすぐに寄ってきてその部分をくんくんと嗅ぎ出す。
 昔からミカの異変には気付くの早かったからなぁ。

 とりあえず朝一でかかりつけの病院へ。
先生が痂皮をはがす。下の部分はキレイな真皮で、特に傷も無いし、化膿もしてない。
 彼はあっさり
「あ、アレルギー性の皮膚病の一種ですね」
「てことは治療はステロイド系ですか?」
「そうですね。主に抗生物質とステロイドでしょうねぇ」
「てことは、是が治ってもまた出る可能性はあるんですね」
「そうなります」
「「今はココだけですけど、アレルギー性ってことは他の部分にも、たくさん出る可能性があるってことですか?」
「そうです。どこにでも一杯出来ますよ」

・・・・・マジですか・・・

ステロイド系の軟膏類は私も使っているので、先生に相談してそれならOKと言う事になる。
抗生剤は相談のうえ今回は控える事にして家に帰る。
りきがさっそく痂皮をはがされたミカの傷をペロペロ。
うーん・・これも治療の上で問題だ。

 以前ミカの陰茎が接触性皮膚炎(?)を起こした時に見てくれた近隣の獣医さんが「このタイプの犬はアレルギー性皮膚炎が出やすく、出るとしたらニ、三歳の内に必ず発症しますね」と言っていたが、これなのか?

 ネットで検索してもミカにぴったりな症状を上げているページがヒットしない。
 今のところ様子をみるしかないとは思っているけど、うーん・・気になるなあ。
 
 
wondl.jpg

色々切ない

 本来ならば今頃は、札幌にいて日中「芸術の森美術館」で海洋堂の華麗なるフィギュアを堪能し、夜は友人宅で歓談しているところであった。
 なのに!

 くしゃみをしただけで誘発される「ギックリ腰」がニクイ

 出かける寸前にこのような事態に陥ったため、犬達の失望感はかなり大きかったらしい。
「ピスピス、ふーん・・ふーん」攻撃にすっかり参った私は、来週に予定していたドッグカフェでのお茶会を今日に変更してもらい、午後からカフェへ。

 とりあえず、他の犬とも触れ合った。
 いつもなら車で待たされる店の中に一緒に入れた。
 自分達用のお皿が一つついた。

 どうだい。これで勘弁しておくれ。
 

再び登場

 今年の五月、泣く泣く(笑)仕舞い込んだ炬燵が再び登場

炬燵は11月から!ストーブは12月から


 が福耳家の家訓だったのに、だんだんユルクなってマス。
年だなあ・・。

 さて、この炬燵は別名「ミカ・冬のプライベートルーム」
 すぐさま入り込んで出てきやしませんよ
kotatu.jpg

なかなかの暴れん坊

 金太・・そのやさしげな見かけに比して、かなり大雑把。
そして汚し好き。
 
 青菜入れの葉っぱやきゅうりなんて必ず引っ張り出して、底に落してつついてるし(ナゼ!)、底に引いてある新聞紙を、わざわざ金網の隙間から引き抜いてズタボロにしてる。

 小さい頃から小鳥の類を飼ってきたけど、イメージと違って小鳥が可憐で可愛いと思ったことって実はない。

 これが大型獣だったらかなり野蛮で凶暴な生き物だったりして。

エビクッキー

2005.10.04 20:56|犬と健康
ebi2.jpg

前回犬達に好評だった(彼らがなにか食べものに対して不評だった事があるだろうか?いや、ない)手作りクッキーを再び。

 今回はお好み焼きに入れたりする乾燥桜エビを少々。
 出来上がったクッキーはクッキーというよりもエビ煎餅並みの強度を持っていたんだけれど、出所がわかってるってところが安心ですね♪

もう一度・作り方♪
 1.薄力粉(適当量)
 2.サワーミルク(少々)
 3.乾燥桜海老 みじん切りにし適量

 ・ 薄力粉に水とサワーミルクを混ぜ、パン生地くらいになるまで混ぜる。
 ・ 二時間ほど冷蔵庫で
 ・ 細めに伸ばして輪切りにし、オーブンでうっすら色がつくほど焼く


りきの小芝居

 犬ってときどき喉を絞るような咳をすることがある。
りきを飼いだした当初はりきだけの問題なのかと思っていたら、他の犬もゼイゼイするのを見かけたので、そんなに驚かなくはなった。
 でも始まればやっぱり心配する。

 今日はミカが突然ゼイゼイ。
「大丈夫!?」
思わず背中をトントンする私(本当はどちらか一方の鼻の穴を塞ぐのが効果的なんだそう)。
収まるまでしばらく見つめ、声をかけ、背中をさすり・・。

最初はミカを構う私にやきもちを焼いて、何度も何度もミカの前に身を出してきたりきだったが、そのうち
「コン」
と咳をする。

りきまで?
と驚いたがすぐに収まったのでまたミカへ。
するとまた
「コン」

それがどう見てもすっごく白々しい、偽の咳って丸分かり。
顔つきもちょっと後ろめたそうな、微妙な表情。

「りきぃ。今の咳嘘だよね?ね、嘘だよね?
はーずかし~。りきの小芝居だぁ」

と思い切りからかってやったら、ソファにすとんと丸まって面目なさそうな顔をした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。