What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい雨!

 昼近くから雨脚が激しくなる。

風もゴーゴー鳴ってる。まるで冬の台風。

この時期に雨って・・・!
十勝に住んで10年ちょっとになるけど、こんな体験はじめて。

りきやミカも流石に「散歩に連れてってくれ」とは思わないようで、退屈そう。
こういう時はミカが遊び上手。何かしらおもちゃを引っ張り出して、りき姉ちゃんを室内遊びへ誘う。

いつまでもいつまでも止まらないミカに、さすがのりき姉ちゃんもバテ気味だったり。

 ミカ。グッジョブ
スポンサーサイト

ソックリさん!

 福耳草子を見てくださったOさんからメールを頂いた。
一緒に暮らしているリッキーちゃんが、ミカに激似だというのだ。
 さっそく写真を送っていただくようおねだり(笑)。
そしてすぐに送ってくださった写真に目が釘付け!

 リッキーちゃん、ミカの分身デスカ?

Epsn0008.jpg


Epsn0013.jpg


うわ~~~(゜゜)!
Oさんから「兄妹のようです」とのコメントを頂きましたが、ほんとにそんな感じ!
 ミカの姉妹で確か道外にいった子いなかったか。連絡が取れるものなら里親さんに聞いてみよう。

green.jpg


mika_sepia.jpg


 ↑こっちがミカ(笑)。うん、似てる!

ごめんね

 実は今月の初め辺りから体調を崩している。
当初は風邪かと思っていたのだが、それにしては症状が当てはまらないし。
本当の原因に考えが及んではいたんだけれど、あえて目を逸らしつづけていたのだが、症状がいっかなおさまらないので観念して病院へ。

 やはり喘息だった。
過去三回ほど同様の、犬が吠えるような絞るような咳が長期間に渡って続くという症状がでたことがあった。
 一度目はニュージーランドに滞在中だった時で、そういうシステムなのかもしれないが、小さな診療所クラスの医院で問診を受け、咳止めの薬を処方された。なにか検査をしたわけでもない。それは燐酸コデインという一般的な咳止め薬だったのだが症状は長く治まらなかった。
 二度目は日本で。新しく建てられたばかりのアパートに越して来てすぐに発症。
 三度目が一昨年だったか。原因はわからない。

 二度目以降はいつものアレか・・ほっときゃいつのまにか治るし。多分アレルギー関係なんだろうなぁとやり過ごせたが、今回が一番激しく、この腫れた感のある気道に痰がぺたっとふさがったら窒息死だろうなあ・・なんて事を想像させる程の自覚があったのでしぶしぶと病院へ。

 目を逸らしたかったのはその原因だ。
職場を変わったストレス?犬?鳥?最近飲んだノニジュース?
 職場や健康食品なら対処のしようもあるけれど、動物が原因だったら。
もちろん手離す事なんて出来ないし。
 結果は来週でるのだけれど、もっぱら最近の暗雲事項だ。

 咳は夕方から夜にかけて激しくなり、なぜか寝ている間は収まる。自律神経の関係なのか?
 今服用している薬は、胃部不快感と食欲低下を伴うので、食事もソコソコになり、結果疲れやすくなり、眠ってしまうと咳が出ずに楽なので、つい早めに寝室に入ってしまう。
 
 咳が出るたびに不安そうな顔をする二人。
帰宅してもほとんど遊んでやれず、ゴハンをあげてごろりと横になるのが精一杯。
 こういう時、まるで二人が小さな子供であるかのように感じてしまう。
どうしようもなくて不安だろうに、黙って傍についている。それしか出来ることが無いから。

 だいぶよくなってきてるから、もうちょっと頑張ろう。
心配かけてすまんね!
 
 

感謝してること

 我が家の犬達に感謝してることが一つだけある。
(日々の暮らしの中で与えてくれる喜びや幸せ感はお互い様だと思ってるのでおいておく/(笑))
 
 彼らは絶対私を起こさない。
夜勤明けの時などは、最近なんて庭で排泄をさせたら、そのまま倒れこむように5,6時間寝てしまう私。
 飼い主がいないときはほとんど活動せずに寝ているらしいので、きっと長い夜それまで散々寝ていただろうに、二人は私に付き合ってくれる。

 具合が悪くて帰宅したあと早めに横になった時も同じく。
 時々すんすんと顔の周りを嗅ぐ感触でうっすら目が覚める時もあるが、相手はまだ私が眠そうだな、と思うとまたくるくる回って横になる。
 
 ホントにありがとうね。あわせてくれて。

子供ゴコロ

 布団のリネン類を取り替えた。

 犬達は、特にミカはこの瞬間が大好き。

ふわりと広げたシーツの中に入り込んで、わくわくと大暴れする。
すっごく迷惑なのだけど、あんまり楽しそうだからついこちらも調子に乗って
「この黒ーい豆粒はなんだー?」
「そんなにここが好きなら布団の子になっちゃうんだぞー」
なんて、シーツの上からミカをわしわし触る。
それも大好きなミカ。
人間の言葉をだせるなら「キャッ、キャッ」なんてはしゃぎ声が聞こえてきそうな。

 なにがこんなに面白いんだろうなあ・・。
でもそう言えば、私も子供の頃親がするこうした何気ない行事が大好きだったなあ。
布団干しもそうだったし、自身は大嫌いだけど、親が洗濯物を干したり畳んだりするのを横で眺めてるのも好きだった。別に面白くも何ともないのに。
 そんなことを思い起こさせるミカの行動だった。

ああ、勘違い

 最近はうちのドッグランに犬を放すことが多くなった。

まず冬場の排泄はほとんどここで行われる。
夏場は見向きもされなかったが、出してもらえるのがここしかないと分かると、それでも仕方なくかけっこや犬相撲などするように。
(普通は充分な広さなんだからね!)

L字型になっているので、居間に要ると奥の広場で遊ぶ犬達の様子は分からない。
 私はなにか別の事に専念していたので、りきが飛び込んでくるまでよく分らなかったのだが、

「あっこちゃん。ミカがいなくなった!」
とりきが焦り顔で上がってきた。
「え?いつの間に?だって冬場にここから出て行ける隙間なんてないはずだよ?」
慌てて奥の広場を覗きに行くが確かにミカの姿は影形もない。
「あのこどこから出て行ったの?りき」
りきはフェンス越しに向かいを眺めてワンワン吠えている。

りきがクンクン言いながら、庭をぐるぐる。そして上がってきて
すぐに捜しに行こう!と玄関先へむかう。

 『いっや~もう。どうしようかな。アイツ首尾よく出て行ったら、気がすむまで呼んでも戻ってこないからなあ・・。裸ん坊でいったんだし、もうちょっとして寒さを体感してから・・(全然心配してない)』
 
 なんて気が進まないまま、パソコンに向い、5分ほどたったろうか。
その間りきはふんふん、くんくん落ち着かない。


 かたかた。と聞き覚えのある軽い足音が聞こえた。

「え?」
 
居間に顔を出すと、なんとミカが一緒になって窓から外を眺めてる。
もちろん庭へ抜ける窓は全て閉めてある。

・・・・・・えーと、この状況を纏めると・・。

 ミカはすっかり外遊びが嫌になって、りきねえちゃんが奥の広場にいる間に走って居間へ戻り、こたつに潜り込んだ。
 追いかけて細い庭=居間に面する庭へきたりきは「ミカがいない!出ていった」となった。

 それから前述の流れになったらしい。

「・・・りき?すごい勘違いだったみたいだね。」
「ミカいるじゃん」
聞こえないふりをするりき。
それなのに耳が面目なさそうにぱたっととじているりき。

ああ、勘違い。
 

シャンプー

 二人を最後にシャンプーしたのっていつだったろう?
多分半年以上前。

うちはほんとに洗わない。
だって臭くならないんだもん。
いや、それはいつも一緒にいるからで、もしかしたら他所の人がかいだらそれ相応に臭うのかもしれないけど。

 最近あんまり散歩にも連れていかず、退屈の極みな顔をしているりきに少し変化をつけてやろうと
「さあ、りき、お風呂に入ろうか!」

ごろんして「参った」をするりき。
「い・や・です」をさりげなくアピールする踏ん張った前足。
無理やり抱き上げられてこわばる体。
風呂場に連れ込まれてうなだれる尻尾。

えーと全てカメラに収めたのに、どうしてこいうときに限って読み取り機が壊れるんだろう・・・。

ミカめぇ!

 なにが気に喰わなかったのか、久々ミカのトイレへの悪戯。
ペットシーツを掻き出してグサグサにしている。
 周り中シーツの中綿だらけ。

 以前トイレ訓練として、ケージの中に住居とミニトイレシーツをセッティングしてケージを閉めていた時も、かならずこのようにシーツをぐさぐさにして散らかすだけ散らかし、そして排泄しない・・という行動を繰り返していたのだけれど。
 いつもの事だけど、トイレシートを置いている場所へ向った途端に(私がまだ事を知らないのに)安全圏へ逃げ込み震えているミカ。

 分ってるんならなんでやるんじゃい、阿呆っ(怒)!

 キッチンのテーブルの下から覗くミカの下半身。
いつものように緊張して片手が上がってる。

「ミカ・・・」
びくっと揺れる上げた前足。
これなんだろう?」
びくっと前足。
トイレは遊び道具じゃないんだよ」
びくっっと・・
「なんて悪い犬なんだろう」
びくびくっ!
「これをやったからにはケジメとしてお尻ペンペンだね」
びくっ~~~っ!

 面白い。単語に反応して正確に前足が上がる。

そしてヤバイと思った時のミカの顔はいつも風船みたいに真ん丸くなる。
これもどうしてなんだか。

ほんとうに、いついかなる時にもカメラを用意しておく習慣をつけよう!と改めて本日心に誓う。


 

カフェ・バビーズ

 うわ。結構な放置状態だったなぁ・・。
何もなかったわけでもないんだけど、ちょっと書くのを怠るとズルズルと・・(^^ゞ。

 という訳で、今日はまたバビーズさんへ。
前回お知りあいになったププママさんと、犬服の件で落ち合う約束をしていたのです。
 でも残念(>_<)!犬服、ププちゃんに小さかった・・。
(そしてどうして私はまたププちゃんの写真を撮り忘れているのか・・・)

前回は取れなかったリニューアルバビーズの写真など。

bubby.jpg


ちょっと南欧風のエントランスでしょ?
店内はオレンジが基調で落ち着いた佇まい。
奥のテラスのような変形部屋にオーダー受け付けできる犬服なんかも置いてある。 


wize.jpg
前回お会いしたMダックスのカノンちゃんがいました。ダックス好きのミカは大喜び。
 そしてワイヤードヘアのMダックス、ワイズ君。ワイヤードヘアは初めて見たなあ。


唯一の大型犬(中型犬かなあ?)シベリアンハスキーのレオンさん(12歳)とも仲良くできるミカ。
 
reon1_1.jpg

reon1.jpg

 ね。このように。
でもりきはなんの攻撃サインも見せなかったレオンさんに、鼻の上に皺を寄せるという失礼な態度を。そして相変わらず・・・

rikiha.jpg

カウンターから出てくる食べものにしか興味がないし(涙)。
 
 ミカは誰とでも友達になりたいタイプ。でもりきは心を許せる少数の友がいたらそれ以上輪を広げようとはしない、どっちかっていうと閉鎖的なタイプ。
 ヘクター、マリン以外は別に興味もないらしい。
まあ、無理に知らない犬と友達付き合いしなくてもいいけどさ。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。