FC2ブログ
What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

あなたの犬は幸せですか

2007.02.20 23:34|犬本・非犬本
シーザー・ミラン


 書店で出だしをパラパラと眺めて、なんだか面白そうだから買ってみた。
・・んだけど。
  
 この本の著者は、犬=狼論、犬=群れ論、犬=リーダー論、が持論の方のようだ。
 私は一時期流行った「権勢症候群」と「飼い主はリーダーになるべし」というしつけの内容、そして実践した人達が犬といて、ちっともハッピーに見えなかった事、などから、しつけにおける上記のリーダー推奨論はどうも好きになれずにずっと敬遠していた。

 著者は幼い頃から、半蓄半野な犬達と生活していた経験があり、それが今の仕事に大きな影響を与えているとのこと。
 彼の方法論で、多くの犬が救われた体験記も書かれている。
 本を読むうちに、私が否定していた飼い主のリーダーシップ法も、彼が言わんとしている事とかなりズレていた部分もある・・というか、真理を識らずに、方法としてのみ行った結果なんだろうな・・という推察も及ぶようになってきた。
 
 とはいえ、この本を読んでいると、私はどうやらりきとミカにとってベストなリーダーではなく、リーダーたるには全然修行が足りなそうだ。
 そしてこの本のタイトルに照らせば、そんな二人は私といてもあまり幸せではない・・かもしれないってことになる。

 犬と暮らす事について特別な意気込みも思い入れもなかった・・つもりだけど、なんだか自信をなくしてしまう。

 これがね、しつけ本の怖いところなんですよ!
 識者の本と自分の日常を照らし合わせて、足元がおぼつかなくなるってのが。
 ニ三日、なにかしようとするたびに『あ、これがいけないのか・・』
『ん。こうするべきなのか・・』ともやもやしたりして。
なにか犬との関係に問題があるのなら、そしてそれを私が気づいてないのなら、ヒントと解決策があればいい。
 そんな思いでしつけ本を手にすると、こんな風に不安定になってしまう。

 でも。まてまて。
二人と私の今の、日常の中で、なにが問題点?
どうなって欲しい?
とりあえずリーダーの件は忘れて。
 
 今深刻な悩みは私達の間に(ええ、私から犬達へは)無んだから、とりあえず参考までにってことで。

 アメリカで人気を博しているという、この著者のしつけ番組が、BS‐2でも放送されるらしいから見てみよう。
BS‐2:2月23日(金)23:30~0:00)

  

 miran.jpg

スポンサーサイト