What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれ系を目指す?

 昨日のわが町は一日中しとしと雨。
ところが隣町は早朝から雪だったんだって。
友人が訪問してくれて初めてそれを知りびっくり。
友人は、りきの四十九日にお花をプレゼントしに来てくれたんだけど、実は花屋さんにお勤めで、今回は自分でアレンジしたお花を雪の中持って来てくれたのだった。
flower29.jpg
お花も、気持ちも、ありがたくて嬉しかったな。

 友人が帰った後、せっかくの二連休なのに、これじゃあんまりつまらない・・・、と二人で出かけた先は。
帯広市内にある犬グッズショップ★「HEEL」さん。
えーとコチラは、長靴とジャージが限りなく似合う地区・十勝(すみません。あくまで私感覚で)には珍しく都会的な店構えと接客で、商品セレクトもみな有名どころ犬グッズブランド。

 えーと・・。ふくみみ家は骨の髄までド庶民嗜好で、私もブランドとかにはぜんぜん興味がないし、うちの犬達の日常生活を鑑みるに、犬グッズなんて丈夫で長持ちが最優先。ブランドなんて、デザインなんてどうでもいい。
今まではホームセンターにあるナイロン製の製品から適当に見繕ってた。
それが、なぜこんな場違いな店を訪れたかと言うと・・。
 

 
 前日にミカが池に落ちやがったからです。
遠出ドライブの帰り道。通りがかりに寄った音更公園にある池の積み石をひょいひょいと身軽に飛び回っていたミカは、何を思ったのか普通に水の中にダイビング。
どうも地面だと思ったらしい。落ちた瞬間のあの顔をみるに。
(この子は七年前に初めて川に連れて行ったときも、まったく同じ事をしたっけ)

 一瞬助け出そうかどうか迷ったけど、立派に犬泳ぎしてこちらに来たのでそのままにしておいた。
 帰宅してから、ミカが身に付けてた一切合財を洗濯したんだけど、洗い終わって乾かしていたら、家中になにか獣の匂いが!ミカの首輪が異臭を放ってる(>_<)!
 過去経験済みで知ってたことではあるけれど、これは完璧に乾くまでこの首輪使えんわ・・・てことになり、りき姉ちゃんのお古をがさごそ。

 りきの使っていたものは、あの日に殆ど処分してしまったのでないと思っていたんだけど、一つだけあった。それが★GEORGEの首輪。先日の日記にも書いた「犬のルーカス」に載ってた首輪のおしゃれ。あれをやってみよう、なんてまだ思ってた頃だったので、当時私にしては結構奮発して買ったものだけど、いかんせんこの首輪、りきにはあまり似合わなかった。似合う以前に幅が狭すぎて、りきの毛に隠れて見えなかった。そんなこんなで殆ど出番のなかった首輪だったのだ。

 
そうだ。これをミカの首輪にしよう。
あらミカ、なかなか似合うじゃないの!さすがおしゃれが似合うボストンテリア系ねっ♪
うーん、そうなるとコレに似合うリードが欲しいよね。
ここはいっちょ奮発して、買ってみるか、GEORGE!

・・とここでGEORGEまでたどり着くんである。
 

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

後日談とあたたかい気持ち

2010.04.29 20:09|2010.りき 最後の年
 もうお終い、と書いたけど、そうだ、これだけは書いておかなくては。

続きを読む >>

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

素敵なプレゼント

2010.04.28 08:58|2010.りき 最後の年
 明日はりきの四十九日です。
 りきの闘病生活、私の介護生活を、記録の意味もこめて書いていこうと思っていましたが、やっぱりまだ書けそうにありません。
書こうとすると、その度に、あの時の不安、悲しみ、苦しみ、自責の念、などがフラッシュバックして指が動かなくなってしまうのです。
 でも忘れないうちにこれだけは書いておこうと思いました。
 とりあえず、「りき最後の年」はこの記事で終了にしておきます。(本当にこれが最後の記事になる予定だったんです)

 いつか、私が書く必要があると思ったら、また始めてみようかと思います。

続きを読む >>

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

セキセイインコの翔くん

 お友達の飼っているセキセイインコの「翔」くん。
ジャニーズ好きなお友達なので、てっきり「櫻井翔」くんから?
と思っていたら、違いました。
 飛翔の翔で、翔君。なかなかいい名前ですね。

セキセイインコは小学生の頃にずっと飼っていて、自然繁殖もしたりして。懐かしいなあ。

 友人は、鳥が実は大嫌いだったんだけれど、翔君と暮らし始めてから、むしろ可愛くてたまらないそう。
苦手意識って、案外たいしたことないんだな~と。
本人はダメって思い込んでても、ちょっとしたきっかけで簡単になくなっちゃうもんなんだね。

SN3N0026.jpg

 本当は、部屋に放たれた後、壁掛け鏡のふちにぶら下がって、自分をうっとり眺めるナルシストの翔君を撮りたかったんだけどな。
 友人は現在「ぽっぽっぽっ。ハトぽっぽ」を指導中。


*オマケ*
 町内にあるアイスクリーム屋さん「ハッピネスデイリー」
 冬季クローズで、毎年4月からオープン。
 牧場も営んでいるので、原料はもちろん新鮮な自前牛乳。
アイス

これがまた、めっさ美味しいんデス!
今回は期間限定、期日限定の一品。
いつもならダブル盛りのところがトリプル盛り
左から桜餅、イチゴ大福、枝豆。
ここのアイスとジェラートは、野菜味とかも多いんだけど、
ホントに野菜の風味を残しつつ、しかもアイス・・みたいな。
甘いのがあんまり得意じゃない私も大ファンなの。

テーマ:セキセイインコ大好き
ジャンル:ペット

寒い日続く

 十勝の春。
暦の上ではそうなってるけど、ちっとも温かくならない。

お。今日こそ春到来♪?
と思っても、空は俄かにかき曇り・・・雨が降ったり、雪が舞ったり。

 先日の日曜日も、もしも晴れたらちょっと足を伸ばして・・なんて計画してたけど、
結局すっきりしない天気で、家でごろごろ。
近場の川原でお茶を濁したりして。

 寒がりの癖に外に出るのが大好きなミカは、今日も思いっきり不幸度をアピール。
SN3N0030.jpg

 これ、寝てるわけじゃありません。
この格好で目を見開いてますから~。(カメラ近づけると撮れないケド)


 とりあえず、週末にワンタ君公園(ミカと私の間ではこういう名前に/笑)で撮った、花時計の写真を。
ん~~まだコレが精一杯の十勝だなー。
SN3N0028.jpg

 それにしても、ワンコって、カメラ嫌いだよね。
カメラ目線でブログUPしてる飼い主さんとワンコたちってほんと素晴らしい。



*追加* 今年一番に咲いた庭の水仙
CAYZFD4D.jpg

釧路旅行(過去記事2)

2010.04.25 15:26|犬とドライブ(旅行日記)
 友人と釧路へドライブしてきた。


ミカももちろん一緒に(^_^)。
kushiro1.jpg


 やっぱり、どこへ行くにもミカを連れて行くのを最優先にしようと思って。
どうしてもそれが難しい時もあるけれど、通常一日の大半を留守番しているミカだから、
せめて休みの日くらいはねぎらってあげたい。
犬の寿命が人間よりずっと短いことを、実感として知った今は、特にそう思う。
 体験しないと分らないのが、我ながら悲しいけど。
一緒に過ごす時間を大切にしたいな。

SN3N0024.jpg

 まんまと、助手席に移って、友人の膝の上に丸まるミカ。
ちょっと困ったような顔したくらいしにして。
甘えてるの分ってるよ(笑)。

 
 それにしても釧路の道って・・・・!
(ナビ付きで何度間違えたか。一人でなら絶対無理。
ロータリー、四差路、五差路?どこ曲がればいいのーーっ的な?
危険が一杯でした)


追加:
 これはぜんぜん旅と関係ないんだけど、仕事帰りに前のタンクに写った景色がちょっと綺麗だったから、思わず携帯カメラで。
でもぜんぜん素晴らしさが撮れてなーい
写った景色がちょっと日本じゃないみたいだったんだけどなあ。
 って、危険極まりないよね

 
SN3N0015.jpg


ひさびさのまりもちゃん(過去記事1)

 先日、ひさびさT家のまりもちゃんに会ってきました。
ブログにUPされなかっただけで、まりもちゃんとはチョコチョコ会ってはいたのですが・・・。

まりも・・太ってました・・(・・;)。
PICT2047.jpg



これ以上太らせたら・・(>_<)。
悪いと分っちゃいるけれど、あの子のおねだりを退けるのが、非常に難しい・・
と苦悩のT夫妻。

わかります。わかります。


こんな顔されたらねえ。

PICT2049.jpg




三歳になったまりもちゃん。
すっかり落ち着いて、ご夫婦の間にちょこんと収まって会話に参加したり、
食事中に可愛いおねだりしたり、
相変わらずパグの可愛さ100%出し! のまりもなのでした~♪

追記:
 まりもちゃんに会ったついでに、すっかりT宅でご馳走になった私。
料理上手のTご主人の作品もUPすれば良かったけど、思いついたときにはすっかり腹の中。んまっ!
料理上手なご主人と、盛り上げ上手なT夫人におもてなし頂き、楽しい晩餐になりました♪

犬は神様

2010.04.13 12:44|犬本・非犬本
CAYLDJPV.jpg


 で、せっかくの休日なのに、外は冷たい雪混じりの雨。
ミカはストーブの前で猫さながらに丸くなっており。

 今日は屋内でのんびり読書など。



「犬は神様」山本容子著
 

 この本は、まだりきの生前、去年の暮れに立ち寄った犬カフェで見つけた。
銅版画、画家の山本容子さんが、共に暮らした犬を交えて自分の半生を書き綴った本。
小さい頃に家族で飼ったスピッツの「五郎」、コッカースパニエルの「ボスク」、雑種犬「ヤロス」。
結婚した時に飼ったテリアの雑種「マッシュ」。
そしてフリーになってから自宅の庭に迷い込んできた雑種「ルーカス」。

 ルーカスは7年も前に逝ってしまっていた。
『ルーカス、お前も逝っちゃってたの』
心の中で呟いた。手に持った薄い本の紙面がぼやけた。

 「犬のルーカス」という絵本は、山本さんの最後の(今のところ)飼い犬、ルーカスの出会いとその後を書いたもので、子供向けというよりも、大人の読む絵本だ。
 りきと暮らし始めたばかりの頃、偶然書店でこの本を手に取った私は(なんせ初育児(犬)真っ最中のその頃は、犬と名のつくものは全て目に留めていたから)、そこに描かれていたルーカスの姿といい、書かれていた性格といい、なんてまありきにそっくりなんだろうと感激して、すぐさま購入して家に持ち帰った。

「見て、見て、りき。ルーカスってあんたにそっくり。ルーカスはディンゴって犬に似てるんだって。どんな犬だろう、調べてみようか」
そうして
「ほんとだ、うん、似てる。じゃありきもディンゴの血が入ってるのかもしれないねえ」
なんて悦に入っていた。
 両親も分らない、雑種犬のりきのルーツを見つけたかったのかもしれない。
 その時から、私の心の中で、ルーカスは遠くに住む親戚のような存在になった。
 
 絵本に書かれているように、『私も海外旅行なんかしたら、行った先々でりきの首輪をお土産に買ってこよう』、
なんて思っていたけれど、結局りきと暮らしだしてからはほとんど海外旅行にも行かず、そんなことも忘れてしまっていたっけ。


 私はこの本をたいそう気に入って、大事に飾っておこうと思っていたのに、何を思ったのか、りきがいつの間にか絵本の角をかじってしまい、絵本はいっきにみすぼらしくなった。
「もう、りき」
私は文句を言ったけれど、今ではその本は私の宝物になった。
どんな新品とも換える気にはなれない。

CAJNWHGK.jpg
 山本容子さんはオフィシャルページも開設されていて、そこではルーカスが生前とおなじく、やっぱりマークの仕事をしていた。
りきにそっくりだと思ったルーカスの絵を一枚だけでも購入したいな、と思ったけど、山本さんはルーカスを販売の対象にはしていなかった。

    Web:山本容子LUCAS MUSIUM












テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

証拠は掴んでるんだ

 昨晩はツイッターいじってて力尽きた。
 よくお邪魔するサイトで、『私も呟いてみようかな?』なんてやってたら、数年前に訳わからずにアカウントを作成していたことが分り、そこから『どれどれ?なになに?』って。
いったんこうなるともうしばらく夢中の穴から出てこられない(笑)。
 さして活用しないくせにねえ。

 てことで、今日はちょっと過去ネタ。

 ちょっと遠出の買い物帰りに、はなちゃん2号で待機中のミカと楽しもうと、たこ焼きを買っていった。
ドライブしながら、ふたりでおやつを楽しむ。(あ、ソースとかトッピングは抜きね。慣れたら美味しいもんですよ、ソース抜きのたこ焼きも)
 計6個。私が三つ、。ミカが二つ。
最後のいっこどうするか。
 なんとなくりきも後ろで「私は?私は?」って言ってるような気がして、最後の一つを二人で食べるのためらわれ、
最後の一個は誰の手に!?とドキドキ緊張してるミカに
「これ、りき姉ちゃんのね。もうおしまい」
と声をかけた。

 それから家に着いて、まず買い物の荷物出し。そのままさっきのたこ焼き一つ、お皿に入れてりきの前に。
ミカをうちに入れて、私はちょこっとトイレへ。
 その間わずか二分足らず。

 居間に入ったら、ミカがストーブの前でなんとなく居心地の悪そうな顔をしてる。



ピーーーーーーンと来ましたよ!



 寝室に入ると、さっきのお皿は見事に空。

 いや、そりゃそうだよね。
やっちゃってください・・って言ってるようなもんだよね?

 でも、普段は本当に犬か?ってほど鼻が利かないミカなのに。
おやつの「もしもし探偵←おやつを部屋中に隠して見つけるゲーム」だって、めちゃくちゃ不得意なのに。
なんで高速で見つけちまった?


「ミカ?」
proof3.jpg


「ミ~カ~?」
proof2.jpg
 澄ましてもムダだ。

 

テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

ケータイかえた

2010.04.10 08:27|カメラの事・写真の事
 この度ケータイを替えてみた。
今までのケータイは四年使ってて、ちょっと飽きがきちゃったのと、着せ替えとかしたくても古くて(?)非対応機種だったり(泣)。
 春だし、この際だから気分を変えて。

 購入するに当っていろいろ調べた。
安いものじゃないし、今度はもっと長く使いたいから。
一番お世話になったのはやっぱり「価格.Com」さんかな。
 前のは、「今時この厚みはないよね」なんてからかわれたりしたんだけど、これでもデザインで選んだ。
丸いフォルムや、ボタンとかの色やデザインがレトロポップ調?で、可愛くて。


 今回はデザインより機能重視で。
auの2009年秋冬モデルは、カメラ機能の充実を売りにしてたけど、高画質の写真はメールのやり取りには重いし、きっと電池喰うし。画素数高くても、カメラとしては中途半端だし。うんぬん。
 私はメールとWEBの使用頻度が高い。だから文字変換やレスポンス、キーの押しやすさ、などなどに着目。


で、たどり着いたのがコレ
newphone.jpg
Urbano Barone(SONY Ericson)(なんかやたら横文字なんですケド)。

ソニエリのアルくん、ですね。
文字変換OK バッテリ持ちOK レスポンスまあまあ
って売りで、総合評価も高い位置。


 先代ケータイがコレ
olderphone.jpg
W43Ca(カシオ) 
 買ったときは、このデザインが「可愛い~」って言ってた事も忘れ、最近じゃずっと
『なんかもっさりしてるよな~』なんて薄情なこと考えてた。
 そういえばボーダフォン(当時)からauに乗り換えたのは、この機種欲しさだったんじゃ・・・。

 でも、使い出して半月。
いかに前の機種が良かったか、身にしみて・・。
 まず文字変換にW43CaはATOKってソフトを使ってたんだけど、これってPCのワープロにも使われてるシステムを採用しているってことで、ほんとにストレスなくサクサク打てた。
長文変換も思いのまま。
 ボタン位置も指の動線を良く考えた配置で、特に私みたいに手の小さい人間にはぴったり。
 丈夫。四年間故障なし。驚きのバッテリー!四年間交換なし!

 そしてカメラ機能。たったの207万画素とはいえ、今の514万画素と比べても遜色ない・・・つーか、アルくんより綺麗なんじゃ・・。
 画像の編集機能もそこそこ使い勝手がよい。
 ポイントは、カメラがこの位置に付いている事。
液晶の裏にカメラがあることになるので、確認、操作しやすい。
そのほか一杯いいところが。

 四年間使った慣れのせいもあるんだろうけど、使う人の目的によっても違うんだろうけど、
W43Ca・・・私にとっては 神機種 でした。

 今思えば・・

キセカエ なんて どうでもよかった(泣)


 携帯はどんなにリサーチしてみても、やっぱり実際に使ってみないと分らないんだなぁと実感。
これって全てのことにいえることかもだけど。


追記
 auは白ロム非対応ってことが分かり、なんとなくショック・・。
 まぁ、今更また旧機種を使うつもりもないんだけど。

 

9月のこと-1

2010.04.07 10:25|2010.りき 最後の年
 あれは8月の終わりだった・・・。
 休日の朝、遅寝をしていて、りきが傍らで横になっていたので、いつもみたいに腕を伸ばしてりきを撫でていた。
りきは、全身をよーく触られるのが大好きで、されてる最中はうっとりと目を閉じて、撫ぜやんだらぱっと目を開けて、前足で「もう少し」とおねだりしていたっけ。

 頭、首、肩、背中、お腹、前足、後ろ足。
そんな順番で触っていた手が、なぜだかぴたっと右後肢の裏で止まった。
膝関節のところだった。
ほんとに、あるかどうかもわからない微かな違和感。
不思議だった。ほんとうに手が導かれるようにその場所で止まった。

嫌な予感がした。

りきがびくっとして息をつめたのが分った。

でも、勘違いかも。
もう少し様子を見てみよう。


 そして9月の下旬、りきの右後肢の微かな違和感は、間違えようもないリンパ節の腫瘤に変化していた。

ついに来たか、と思い。
そしてがっかりした。
『やっぱり抗がん剤は完治させるものじゃないんだな。
活動できないように弱らせておくだけなんだ。薬の効果が切れたらさっそく暴れだしたってことだよね』

 りきがリンパ腫であることを、本気で、はっきり意識したのはこのときからだった。

抗がん剤は使わない。
抗がん剤は健康な細胞も攻撃するし、免疫力、骨髄の造血機能も著しく阻害される。
それを辛抱して使っていても、いずれ耐性がついて効果落ちる。
その頃には身体もぼろぼろになってることが多い。
そんなことをりきにしたくない。

だとすれば・・・代替療法。


できるだけ、苦痛なく一生を終えるようにしたい。

でも。
やっぱり、生きていて欲しい。
奇跡が起こって、完治して欲しい。

これが本音だった。


なにがいいのか。
癌が治る・・等をうたった代替療法は山ほどあった。
奇跡のストーリーも、代替療法を謳った商品で必ず語られていた。
医学的根拠は何もない。もちろん商品には「治療」という言葉は使われていない。

友人、知人が私の周りで一押ししている製品があった。
サイト、パンフレットなどでその効能を聞き、実際の体験談を多く伝え聞き、

「私も、もしもなにかが起こったら、この製品を使ってみようか」

と思わせるものだった。
だからなんとなく安心していたところもあった。
いざとなったらりきにアレを飲ませてみよう。
きっと大丈夫。

私はその製品を取り寄せ、りきに飲ませることにした。

りきはとにかく食べるられるものはなんでも口にする犬だったので、それを服用させることは簡単だった。

 (注記:抗がん剤治療に対する考えはあくまで私見です。抗がん剤治療によって助かった方も大勢いらっしゃいます)



biei1.jpg

biei2.jpg

 
8月の終わり。美瑛町・青の池で





 

テーマ:愛するペットがもしもの時に
ジャンル:ペット

キンバカフェで

 実は先週からぎっくり腰を患っていまして・・・。
 自宅療養中。

 なんだかなぁ。
 弱り目に祟り目?

 まぁ、気が抜けた後で身体に来るっていうもんねぇ。

 そんなこんなで、よろめきながら治療に通ったりしています。
 
 行き道の途中にあるのが、このカフェ。
kimba_cafe.jpg


 「Kimba Cafe」
   幕別町札内暁町259-58
   0155-56-3118
   11:00 - 19:00(日曜日は18:00まで)
   月曜定休(祝日は通常営業、翌火曜日がお休み)
   ★Web


 


 Kimba(キンバ)は、オーナーさんの飼い犬で、今年十歳になるゴールデン。
とてもおとなしい穏やかな犬で、ドアチャイムが鳴ったら、かならず大きな身体をどっこいしょ、と起こしてお出迎え。
 そのほかは殆ど床で丸くなってた。
kimba.jpg

 大きい犬のこの穏やかな感じ、いいなぁ。
大型犬と暮らした人が、やっぱり大型犬を選ぶのってなんとなく分かる気がする。

 キンバのミルクティ色のコートとか、優しい茶色の目がりきを思い出させて、またちょっときてしまいました。
もういい加減慣れないと。

 でも、やっぱり、りきには絶対ゴールデンの血がどこかに入っていたと思うな。
顔つきは違っていたけど、あのコートの感じ、尻尾といい、額といい、絶対、間違いない!
いや、だから?なんだけど(笑)。

 キンバカフェは、白壁と濃い色の木製家具で纏められた素敵なお店で、さりげなく色んなところに動物雑貨や絵が飾られてる。小さな本棚に並んだ本も動物ものがほとんど。
 オーナーさんにお聞きしたら、
「別に動物好きと言うわけではないんだけれども、気がついたらこんな感じになってしまって・・」
だって。
 動物好きにしか見えませんって(笑)。

 本棚で見つけた「富士丸と。」
 犬ブログが脚光を浴びたきっかけ?にもなった「富士丸な日々」の富士丸と穴澤賢さんの写真集。

 最近あんまり覗かなくなってたんだけど・・・。ここにもお別れがありました。

 わかる、わかるよ。
穴澤さんが言ってること。
でもきっと、誰にもわからない。
その人にしか。
そんなもんだよね。


テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

結構〇〇好き

2010.04.06 01:11|管理人日記
 小さい頃から、道端の石ころなんか拾ってきては、なんとなく持っていたりしたんだけど、友達に別に聞いたことなかったなあ。みんなも結構石集めたりしてたんだろうか。

 で、なんとなく世間じゃパワーストーンブームみたいになってきていて、手軽に色んな石を手に入れることができるようになって。
 (それでも数年前に比べたら、素人向けに販売している石の種類がダントツに増えた。それだけ急速にパワーストーンの興味が高まったんだな)

 最初はハンドメイドショップで、気に入ったブレスを買ってみたり、石の効能に合わせてオーダーしてみたり、そのうち物足りなくなって、好きな石を玉や原石で買ったり。

 最近では自分で好きな石を選んで、自分でアクセサリーを作るのがお気に入り。
簡単だから専らブレスレットを作る。
 もう昔みたいに効能を気にしたりしないで、そのときの気分にあわせて「元気が出そうな石」とか、「ちょっと一休みしたいときの石」とか、別に詳しいことは分からないけどホントに気分で。

 最近のお気に入りはこの三本。

スーパーセブン
スーパーセブンとラブラドライト。それにクリスタル。




アベンチュリン
アベンチュリン、マラカイト、アラゴナイト。



ロードクロサイト
ロードクロサイト、ローズクウォーツ、クリスタル。
   

 うわっ。画像がよくないなぁ
ラブラドライトは地味ながら、大好きな石。
グリーンアベンチュリンはちょっとお疲れモードで休みたい時。
最後のインカローズとローズクウォーツは、今まで持ったことがなかったんだけど、なんだか りき のイメージがあって、これ持ってると寂しくないかなあ、と作ってみた。
 そういえば、りきは女の子なのに、生きてるときはなぜか女の子らしい色は使わなかったっけ。
でも、今思い返してみると、りきのイメージはいつも、優しい愛情を感じるピンク色だ。

テーマ:ハンドメイドの作品たち
ジャンル:趣味・実用

ミカのお友達

 と言うことで、書きやすいことからサクサクと(笑)。

 ミカに、最近新しいお友達が出来た。
先日、用事を終えた帰り道、車の中で留守番をしてくれていたミカをねぎらうつもりで、隣町にある、とある公園へ。
もう夕暮れも近く、風も完璧に冬の風で、『切ないのう!』と、トボトボ歩いていたら、タタタ・・と近寄ってくるワンちゃんが。

 誰もいなかったので、ミカをフリーにしていたのだけど、一瞬緊張したものの、そのワンちゃんは表情といい、尻尾を立ててる雰囲気といい、更に、気付いて振り返ったミカにすかさず伏せのポーズを見せるセンスといい、『遊び上手な、明るい子だ』と一目で分る雰囲気。
 追いかけてきた飼い主さんとも、お互い「フリーでもいいでしょうか?遊ばせてもいいですか?」の確認を取って、二人はあっという間に激しくじゃれあい開始。
 
 名前は「ワン太」くん。ミカと同じ7歳。はっきりとは分らないけれど、多分ダックスとコーギーのミックスらしい。
 あめ色の綺麗なコートの、賢そうな目をした男の子だった。
少しりきに表情が似ていてドキっとした。

わんたくんと


あんなに遊んでもらったのは久しぶり。
ミカのしつこさに付き合える犬はなかなかいないから(笑)。
「もう暗くなってきたし、そろそろ帰ろう」
と、ワン太くんの飼い主さんと二人、駐車場へ引っ張っていきましたが、名残惜しそうに何度も何度も振り返っていたミカ。
 良かったね。また会えたらいいね。

テーマ:■MIX犬■
ジャンル:ペット

ミカの最近

「更新」でもちょこっと触れましたが、りきの記事が一区切り付いたら、これからはミカの事を・・と思っていましたが、なかなか筆が進まないので(いや。キーボードを押ささらないので/(笑)、ミカのこともリアルタイムで上げていこうかと。
 そうしてりきの四十九日までには、区切りつけたいな。


 ミカは元気です。
 りきが病気中の時のミカについても、またりきの記録のときに触れようとは思ってますけど、とても元気です。

 実を言えば、りきが逝ってしまってから、私達はお互いの距離を測りかねてました。
どういう風に接すればいいかわからなかったのです。
りき姉ちゃんがいた頃は、私達は主にりき姉ちゃんを通して、物事を進めていました。
二人になにかして欲しいとき、ミカに言うよりも、りきに言ったほうが話が早く、確実に伝わりました。
りきが了解して動くと、ミカがその後を追うので何も問題は起こりませんでした。
 逆に言えば、ミカに何か伝えようと思っても、りきが先に察してしまうので、ミカに直接何かを伝える機会があまりなかったのです。

 あるいは、ミカになにかしつけを入れようと思っても、ミカのしつけに関しては、すっかりりきの信用を失っていた私なので、りきがすぐにミカの傍に来て心配そうに見守るために、ミカはすっかりそちらに気をとられて、あまり私に集中してくれませんでした。

 一見、とても甘えん坊に見えるミカですが、私とミカの間には常にりき姉ちゃんと言うフィルターがあったのです。
ミカはりき姉ちゃんの目の届くところで、安心して私に接していました。

 二人っきりになってから、ミカが退屈そうにしている時、『どんなことをしたらこの子は喜ぶんだろう?』なんて事をいまさらながら考えます。
 今年7歳のミカ。
 でも、6年間、本当にこの子をよく見ていたかな?
丸々6年間も一緒にいたのに、りき姉ちゃんにすっかりお任せで、あまりにもこの子を知らなかったことに驚き、申し訳ない気持ちになりました。

 りきが一頭飼いだった6年間。そしてミカと一緒に暮らした6年間。今度はミカと二人で。
これからじっくりミカの話を聞いていきたいと思います。
私も一杯ミカと話したいな。


☆更新☆

2010.04.05 00:03|管理人日記
 ブログのカテゴリー、リンクなどを整理しました。
りきのことだけをまず書こうと思ったら、やっぱり辛いので、ミカの日常も混ぜつつゆっくりいきます。
まったく更新しなくなった犬以外のブログも、運営事業様が閉鎖したのを機会に閉じました。
改めて、ネット始めた当初は勢いがあったなぁ、と。
よくネタがあったなぁ、と!
 
 リンクもひどいことになっているので、いずれ整理しなおそうと思います。
かなり自己満足な感じですけど、コツコツ続ければ、なんか・・生まれるんじゃないか(笑)?

 りきのことはカテゴリ「2010 りき最後の年」に纏めていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。