What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏の福耳苑

2010.08.30 22:49|庭のこと
 どうやらうちの庭は「晩夏~秋」向きの花壇なんだわ。
花色も褪せてきたけど、確かに今が最盛期っぽい。

PICT3873.jpg

PICT3874.jpg




5月の始めに苗を買ってきたビオラちゃんがまだ咲いてくれてる。
健気じゃのぅ。
PICT3884.jpg
 この写真、位置の関係でカメラを逆さにして撮ったら、こんな感じになっちゃった



PICT3897.jpg
 このカラーリーフに橙色の花が咲くと、いよいよ夏も終わりの合図。

PICT3890.jpg
 名前が分らないんだけど、この多肉植物の花も派手じゃないけど可愛い。なんか北欧風デザインじゃない?


PICT3892.jpg
 夏の花が枯れたあとで、いつの間にか咲いてるコスモス。


PICT3903.jpg
 おや、レンギョウに留まってる、この虫はなんだろう?
(後述:キベリヘリカメムシと言うそうです。”山のおもむきⅡ”の管理人yuukoさんから教えていただきました。よくご存知だなあ!)


PICT3904.jpg
 レンギョウのマメかと思ったよ(隠れちゃった)


 ん?
PICT3907.jpg


PICT3906.jpg
 ああ、バッタ!(枯れ草が補色になってよく分からなかった)ヒナバッタかな?



 他にもいろんな虫がいたっけ。
ほんとに小さなうちの庭にいるだけでも、発見が一杯。
へー。ふーん。と眺めてるうちに・・ああ、また予定が過ぎていくのであった・・・。

枯れてしまったキンギョソウの跡地には、秋っぽくケイトウを植えてみようかな。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

手作りピクルス

2010.08.29 22:00|管理人日記
 毎年毎年「今年こそは」と思いながら、作るに至らなかったピクルスについに手をつけた。

 十勝の(たぶん北海道中の)人間は、雪解けを迎えると皆すべからく家庭菜園に熱中し、
収穫期になれば自家栽培の新鮮な野菜を自宅で楽しみ、
そのうちどんどん、がんがん、野菜は実り続け、
溢れかえった農作物はやがて親戚・近所・職場へおすそ分けとして持ち込まれるようになります。
 その恩恵は我が家にも・・・。

でも。
うちはそんなに食べられないのです。
確かに食べ物の中で野菜は一番好きだけど、それでも限度があるとです。

今年はもう、頂いた野菜を無駄にしたくない。

その一心でやっと重い腰を上げて作ったピクルス。
これが思いのほか職場の皆さんに好評で、随分気を良くしているところ。

PICT3745.jpg

ピクルス自体は、ほんとに簡単。ネットで検索したらレシピが幾つも出てくる。
 酢、水、砂糖、塩、が基本で、香辛料が若干レシピによって違う。
私はこれに黒胡椒、ローリエ、クローブ、唐辛子などなどを加えた。

そしてもう一つ加えた香辛料。
コレはたぶんあんまり簡単に手には入らないんじゃないかなーと思うんだけど、実はその材料がうちの庭に咲いてるので、一度これを作ってみたかったんだな。


それがコレ↓


PICT3900.jpg
 香草ディル。ハーブの一種

 
 イタリア旅行したときに花屋さんで種を買って、何年か自宅で保管。
今の庭あり家へ越してから庭で栽培したのが始まり。

 成長すると1mくらいになるんだけど、それまでは少しでも根を動かしたりしたら、すぐに枯れてしまう繊細な植物。
 

PICT3876.jpg
 花火みたい。蟻にも大人気

 この香りが大好きで、花が咲いてから庭仕事してたりすると、いつもいい気分になる。
春はラベンダーの香りを嗅ぎながらいい気分。
晩夏から秋に掛けてはこの花の香りがふわっと幸福な気持ちにしてくれる。特に仕事から帰った一瞬なんかに。
 匂いには好みがあるので、全ての人にとってリラックス効果があるわけじゃないんだろうけど。


 このディルは、生育期よりも枯れ始めくらいからどんどん香りが濃くなって、雪が降る寸前まで、スパイシーな甘い香りで楽しませてくれる不思議なハーブ。

 完全に枯れて、匂いも楽しんだら名残を惜しみながら種を取る。
そして来年に備える。
これが冬を迎える前のうちの行事の一つ。

テーマ:食生活
ジャンル:ライフ

秋の気配

2010.08.28 20:59|カメラの事・写真の事
 露天駐車していると、まだまだ車の中はサウナ状態だけど、確実に秋はそこまできてるみたい。
風がきりっと冷たくなってきた。

先日の美瑛町ドライブのときも道端にゆれるススキの穂を何度も見かけた。
桜前線は南からやってくるけど、紅葉は北から下りていく。
きっと旭岳はもう色付き始めてるだろうなあ。(旭岳は大好きな山)


 今日も「ヤマダデンキ」の駐車場でこんなもの発見。
PICT3932.jpg


PICT3937.jpg
 もうこんなに実ってるんだねえ。


PICT3934.jpg
 でもどうしてまだ青いのに落ちてるんだろう??


PICT3947.jpg
 路地に咲く草花も、秋の野草だったり、


PICT3950.jpg

PICT3948.jpg
 シーズンを終えて種子を作っていたり。




オ・マ・ケ
 今日は天気が良かったので「ブルーウォーター」を作ってみた。

「ブルーウォーター」とはなんぞや?
 友人の間で流行ってる「ホ・オポノポノ」という、なんだろう?自己改革スキル?ヒーリングメソッド?
よく分かってないから説明出来ないんだけど、その「ホ・オポノポノ」でいいよ!と言われているアイテムのひとつ。

 特別なことは何も無く、ただなんでもいいから青い瓶に水を入れ、太陽光に当てるとその「体にいい水?」が出来上がるというもの。
 この間友人宅で水の飲み比べをしてみたんだけど、ブラインドテストしても確かに青い瓶の水が一番まろやかで美味しかった。
 『怪しいモノが何も入ってなくて美味しいなら乗っかろう』
とすぐにやってみちゃう私。


PICT3920.jpg
 これはドイツの白ワインの空き瓶

 
 どうして味が変わるんだろう?
 もしかしたら、色の波長の所為かもしれないな。水の分子の動きが変わるから舌触りが変わるとか。
 あと汲み置きするから、塩素が抜けるとか。

 こんな屁理屈捏ねてたら、友達に御利益が無くなる~と怒られそう(笑)。
 でもほんとに分子レベルの変化を五感が感じ取れてるなら、それはそれで人体ってミラクルだよね。

テーマ:トイデジ
ジャンル:写真

美瑛町 湯元白金温泉ホテル-1

2010.08.27 04:24|犬とドライブ(旅行日記)
 先日24日は・・とある目的のため、車を飛ばして道北は美瑛町、「湯元白金温泉ホテル」へ行ってきた。
片道140km超?の旅。

 前夜の雨から引き続き、曇り空でぱっとしない天気。
でも車中でミカに過ごしてもらうことが分っている外出は、こういう天気のほうがありがたい。

富良野、美瑛町への道は、何度も通って勝手知ったる道。
そんなに遠出をする・・という意識はない。
さて、GO!

PICT3839.jpg
 「トリックアート美術館」横の観覧車。 この日もゆっくり回ってた


PICT3828.jpg
 R237に乗って美瑛へ向かう時、いつもドライブの目を楽しませてくれる「かんのファーム」の風景。


PICT3832.jpg
 パッチワークみたいだな


 親しんだR237を折れて、美瑛町市街へ入る。もう少しで目的地。


PICT3797.jpg
 美瑛駅

 美瑛町の駅前通りは綺麗にリニューアルされていて、ちょっと外国風に見える。

PICT3799.jpg
 これ、理髪店の看板だった。 どんな髪型になるんだろ

PICT3802.jpg
 美瑛町のマンホールの蓋。あんまりおもしろくない

PICT3801.jpg
 中国語のお客さん、多いんだね


 美瑛駅のすぐ近くにある道の駅「丘のくら」。写真を撮り忘れてしまったけど、建物から雰囲気のある道の駅。
今回ここで購入した、一口サイズのチーズケーキの美味さに感動。
私はあまりこういうものが得意じゃないので、一個しか買わなかったんだけど、箱入りを買えばよかった~
(※備忘録:駐車場は台数も少なめ。この道の駅は宿泊施設もあり、夜間から駐車場は宿泊客用になるので、車中泊には向かない)
 

テーマ:北海道
ジャンル:地域情報

美瑛町 湯元白金温泉ホテル-2

2010.08.27 04:22|犬とドライブ(旅行日記)
 えータイトルになかなか行き着きませんでしたが、美瑛町市街に入れば、あとは目的の温泉まで車で20分と言ったところ。
 
 道道966に乗って山を目指す。行く先は温泉なので、道の周囲にはぽつぽつと喫茶店、レストランなんかがあるんだけど、どれもが「ナチュラル系」というか、「スロウ系」っていうか。
コダワリの隠れ家的お店が多いみたい。

 入ってみたいな、と思ったけど、兎に角目的地が先だ!とスルー。
(いつもこのパターンで結局食事やお茶は近場で済ませちゃうんだよなー)

 
 え~~1ではぼかして書いてみましたが、せっかく世界配信(オオゲサな!)しているブログやってるんだから、私も少しは人のお役に立つことをしてみるべきなのでは?
 
 勇気をだしてぶっちゃけます。
 
 この温泉は、その昔、私がまだ大阪に住んでいた頃、友人と北海道旅行で訪れたときに入った場所。
実は旅行直前に、初めて「寺がヤマイダレ」な症状を発症し、もっ、ほんとに、一人旅行だったら今回キャンセルしたい(>_<)!と思うほどだったんだけど、なんとこのお湯に使ったら瞬時に件の症状が消えたという、大変ミラクルな温泉なのであります。

 今回、ひさびさに長引く「寺がヤマイダレ」症状に苦しめられ、その末に思い出した

『そうだ、あの温泉へ行ってみよう。いや・・・もうあの温泉にすがるしかない(涙)』

 え~~~これが旅の目的です。
そして、なんと、今回も一発で完治したのでした!

 全国の「寺にヤマイダレ」で苦しむ皆さん、是非一度、奇跡の湯元白金温泉ホテルへ足を運んでみてください。

 もしも治らなかったとしても、美瑛町その周辺は全てがホウセキみたいに美しい土地なので、決して後悔はなさらないと思います。

 痔の治癒 湯元白金温泉ホテル

追記:
 あっ!今回はもひとついい発見を(しつこく寺にヤマイダレに関してです)
 「北見はっか油」がすごい威力を発しました。
 はっか=ペパーミントには、鎮痛、消炎、殺菌、とまさに私が患部に求めていた効果があるわけです。
 そしてオイルによって摩擦が減じられ・・・。
 どぞ、お試しくださいm(_ _)m

PICT3821.jpg
 症状に苦しんだ私の心象風景を表現 なんちて

テーマ:北海道
ジャンル:地域情報

美瑛町 湯元白金温泉ホテル-3(帰り道)

2010.08.27 04:20|犬とドライブ(旅行日記)
 肝心の白金温泉ホテルの写真は、出る時大降りだったので、なし。
雨はその後も降ったり止んだり。

 体調も戻り、すっかり空腹での帰り道。先ほどのR966周辺を見渡すも、まったく惹かれるものを感じない。
『チガウ。私が食べたいのはオーガニック野菜のリゾットなんかじゃねえ!もっとこってりした!しっかりした!』

 その時脳裏に浮かんだのは、美瑛町駅周辺をミカと歩いたときから、異様に目に付いたとあるラーメン屋さん。
古いビルの一角にある、ごくごく普通の、入り口も油染みたような年季を感じる店。
あそこしかない!!
 
PICT3807.jpg
 でもメニューのどこにも「カレー」は無かった


 大正解でした。「麦の丘」さん。
 普段はラーメンは麺類ランクじゃ最下位なのに、なぜこの日はあれほどここのラーメンが食べたかったのか。
きっと空腹のあまり第六感が冴え渡ったんだな!

 
mugioka.jpg
 九州生まれの私には嬉しい細めん(縮れてたけど)。黄金色に輝くスープ。その味の濃厚さ!


は~~~たまらん。
人生で二度目のラーメン完食♪ぜったいまた行きます!


 そして一行帰路へ。
ただ帰るのも寂しいので、ちょっと寄り道して「新栄の丘」へ。
PICT3825.jpg

PICT3809.jpg
 あー。全然丘の素敵さが表現できてませんね。

テーマ:北海道
ジャンル:地域情報

美瑛町 湯元白金温泉ホテル-4(帰り道)

2010.08.27 04:18|犬とドライブ(旅行日記)
最後に。
休憩した道の駅「南ふらの」でミカには最高のプレゼントが。

お茶を飲みながら、ミカと遊んでいたら現れた白い小型犬。
名前は「ダダ」ちゃん。

ご主人夫妻は道南から、車中泊を重ね道東目指して旅行中とのこと。

りきの好きなことは「私とどこまでも出かけること」・・だったけど、
ミカの好きなことは、「色んな人や犬と触れ合いたい」。
でもこれ、意外に難しい。
そんなに触れ合いに来て欲しくない犬や人だっているんだから。見極めがね。

だから最後にこんなにフレンドリーに接してくれたダダちゃんに、ミカも大喜び。
この日一番楽しい出来事。

PICT3852.jpg
 ちょっとお兄さんぶってるミカ。コワくないよ、的な?

PICT3850.jpg

PICT3841.jpg
 嬉しくって、このシッポを見よ、って感じ(笑)

PICT3864.jpg

PICT3863.jpg
 ダダっこだから「ダダ」っていうんだって。可愛いネーミング。

PICT3840.jpg
 ダダちゃんは4歳。
 2歳のときにアメリカ在住の息子さんから譲り受けて北海道にやってきた、帰国子女です。
ちょっと狛犬みたいに見えた。
可愛かったなあ。

 飼い主夫妻は、アメリカの息子さんにダダちゃんの動向を伝えたくてブログを始めたそう。
  WEB:ダダ IN HOKKAIDO
 ここで泳ぐ練習してみたり、山に登ってみたり、なダダちゃんの可愛い日常を見ることが出来ます(^_^)。



テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

浦幌町

2010.08.22 12:15|管理人日記
 土曜日は、浦幌町道の駅で行われた「陸別小学校リコーダーアンサンブルクラブ」のミニ演奏を聴きに行ってきた。

 リコーダーアンサンブルクラブ。
 
 もう今は移行で消えてしまったけど(手続きをしなかったから)、昔書いてた管理人ブログに、ふるさと銀河線高島駅で、北見市の若松小学校の生徒さんが小さなリコーダーコンサートを開いてくれた記事を載せたことがあった。
 
 それは素敵な演奏会で、今この時間(年齢)にしか出来ない音だなあ・・と、不覚にも涙してしまったほど。

 私が数年後、アルトリコーダーなんかを買って、時々楽しめているのは、きっとあの時の若松小の子供達からのプレゼントなんだと思う。

 今回は陸別小学校のアンサンブルクラブ。
十勝にある道の駅のうち五つを回って、演奏会を行うという企画。

 ちょっとモタモタして出遅れて、少し演奏時間を過ぎてしまったけど、なんとか間に合ってほっ。

PICT3759.jpg
 先生がギター。各パートを受け持つ子供達

PICT3761.jpg

PICT3762.jpg

 この画像ではよく分からないんだけど、それぞれ可愛いブレスしてたり、女の子らしさが溢れてた(^_^)。

 曲はイマドキの「ゲゲゲの女房テーマ曲」とか「ピタゴラスイッチ」とか。
炎天下の中、一生懸命演奏する姿にじーんとしたなぁ。
 
 やっぱりちょっとうるっときた演奏会だったのでした。
リコーダーの音ってなんだか言葉に近いような感じで、心に響くんだよなあ。

PICT3790.jpg
 道の駅「うらほろ」はこんな感じ。

トイレがとっても綺麗だったこと。
そして店員さんがとっても感じよかったこと(しかもみんな美人だった)。
☆四つの道の駅(当社比♪)

PICT3794.jpg
 ナマで見たら、ちょっと南国風の様子してたんだよね
ガジュマロの木に囲まれてる島の家・・みたいな


PICT3791.jpg
 ぽっかり浮かんだ雲が、今日ののんびり気分

 浦幌町はいいところでした。



[ 2005年9月29日の記事 ]

 北見市内の若松小学校(牧野喜校長、児童32人)の6年生4人は28日、高島駅でリコーダーアンサンブルコンサートを開いた。
 ふるさと銀河線を利用する最後の修学旅行として、沿線8駅を巡る取り組み。
 高島駅には高島小学校(掛札明校長)の全児童19人が訪れ、澄んだ音色に耳を傾けながら若松小児童を応援した。

 若松小は7年前から銀河線を使った修学旅行を実施。今回のコンサートは、来春廃止される銀河線への思い出をつくろうと児童たちが考えた。

 この日午前11時半、駅待合室で高島小児童ら約40人が見詰める中、杉山卓也君、草島由香里さん、増子藍さん、松本滉基君の4人と、担任の嶋本勇教諭(ギター)による演奏がスタート。「ハナミズキ」「星に願いを」など7曲を披露した。
 曲の合間にソプラノなどの楽器の説明を行ったほか、「私たちのまちは自然がいっぱいです」(増子さん)、「銀河線がたくさんの人の思い出に残るように演奏します」(松本君)と、北見市の様子やコンサートの狙いを伝えた。
 
 高島小児童は演奏のお礼として「もみじ」の合唱を贈り、児童会長の中村亨君(6年)は「素晴らしい取り組みだと思います。ほかの駅でも頑張ってください」とエール。若松小の4人は、高島小の児童1人ひとりにハッカのしおりを手渡し、交流を楽しんでいた。
 同コンサートは28日に高島、足寄、本別、陸別(1泊)の各駅で、29日に網走管内各所で行われた。(木村仁根)
                 とかちめーる.COM 池田メール より


テーマ:北海道/道東近郊
ジャンル:地域情報

キノコを探して

2010.08.22 12:00|カメラの事・写真の事
 なんちゃって。
 道の駅「うらほろ」で陸別小の皆さんの演奏を楽しんだ後、隣の森林公園でミカと散歩しようと、ミカ連れでいったんだけど、ここは運動公園的なつくりになっていたので、犬の散歩には向かない感じ。
(隣接しているキャンプ地にはペット進入禁止の立て札あり)

 なんとか近場にいいとこないかな、と山道を登って見つけた森の散歩道遊歩道。
展望台へ続く道で、ここならいいかな、と山を登る。

 10分もしないうちに見晴台へ。
誰もいないけど、涼しい風が吹き抜けて気持ちがいい。
しばらく遊んだ後で下り道。

降り道10分もかからない道で、目にしたキノコの数々が以下。

PICT3766.jpg
 綺麗な赤だなぁ

PICT3768.jpg
 木に張り付くタイプ


PICT3771.jpg

PICT3770.jpg

PICT3773.jpg
 こんな景色を歩いてる


PICT3784.jpg

PICT3780.jpg

PICT3781.jpg
  少し開けてきた視界

PICT3779.jpg
  ??? これもキノコ?


PICT3769.jpg
 白くて綺麗なキノコ 土をつけて出てきた

 
PICT3788.jpg
 下から。ホントに傘みたいなんだね


PICT3777.jpg

 菌類って面白いな。
 ちょっと調べてみたくなった。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

帯広神社百年記念祭-1

2010.08.19 22:00|管理人日記
 ちょっと遅くなっちゃったけど、記念だからUP。

 8月の6,7,8日の三日間。帯広市にある「帯広神社」の、御鎮座百周年記念祭が行われた。
神楽、お囃子、お神輿、大道芸あり・・と、色々な催しで賑々しく祝った三日間。

 私は三日目にお祝い(?)に参拝したけど、この日はちょうど流鏑馬(やぶさめ)が行われるという時で、その様子を少し。

 生憎の曇り空の下、老いも若きも参拝に訪れる。

SN3N0027.jpg
 あんまり可愛らしい姿にパチリ

SN3N0039.jpg
 本殿で神様に挨拶した後、いよいよ流鏑馬が始まる


SN3N0040.jpg

SN3N0043.jpg
 準備中

SN3N0045.jpg
 どさんこ神馬

SN3N0058.jpg
 外国の方も数人。日本人もなかなか体験できないレアなイベント。よほどご縁があるんだろうな

SN3N0056.jpg

このとねっこが、どこに行くにも母馬の後をついて、そりゃあ可愛かった。
流鏑馬って神様への祈願祭事なんだって。
肝心の流鏑馬は、見るのに夢中でナシ(笑)。
しかもケータイカメラだし。
スペックはケータイの方がずっといいんだけど、やっぱり使いづらかったなぁ。

テーマ:北海道/道東近郊
ジャンル:地域情報

帯広神社百年記念祭-2

2010.08.19 21:00|管理人日記
これは、社殿横にある休憩所に設けられた華道展の花。


ここら辺がお気に入り。
シンプルなのが好きだな。

SN3N0029.jpg

SN3N0032.jpg

SN3N0038.jpg
へぇ。こんな風に茎を固定するんだ




オ・マ・ケ
 帰りに友達と寄った近くの「真鍋庭園」。
初めて行ったけど、素敵なところだったなぁ。
ちなみにこの日は一日中浴衣で過ごしていたんだけど、浴衣のほうが意外と暑くなかったよ。

manabe1.jpg

 ここはどっちかっていうとコニファーとか、樹木を扱うお店。
華やかさは無いけど、樹木の中でゆっくりしたいなら、ちょうどいい場所だと思う。

manabe2.jpg
 カフェの入り口

manabe3.jpg
 何も画像加工してないのに、まるで油絵みたいに見える豊かな質感。

テーマ:北海道/道東近郊
ジャンル:地域情報

タグ:帯広神社 真鍋庭園

夏旅行(はじめての車中泊)-1

2010.08.12 20:07|犬とドライブ(旅行日記)
 先日のしほろ温泉でヒントを貰って以来、やってみたいと思ってた車中泊。
今回の夏季休暇で、実践してみることに。


 犬連れ旅行でなにが一番困るって、宿泊先だ。


 書籍やネットで調べてみるけど、小型犬と中型犬二頭となると、なかなか条件が合わないことも多かった。
(圧倒的に小型犬種のみが多いし、りきは確かに毛抜けも酷かったから、そういう意味でも気が引けてしまうし)
北海道ではまだまだ犬OKの宿泊施設も少なく、場所も限られてしまうので、「行きたい場所」が明確にあるときはこれまた不便、といった具合。

 りきはアウトドアが大好きだったし、彼女のしたいことは 「いつまでもいつまでも私と歩いていくこと」だったから、まだミカがいない頃は、シーズンをちょっと外した頃が来るとキャンプ用具を車に積んで、野外に出かけたりもした。
 ここまで来ると私も、りきと一緒に兎に角歩くしかないので(笑)。

 ミカが来てからは、二頭の犬をキャンプ地で世話をするのも流石にわずらわしく、以来キャンプはすっかりご無沙汰になってしまったけど。
 

 今回車中泊するにあたって用意するものといったら、殆どキャンプと一緒で、(私流)ノウハウもキャンピングと同じ。
 新たに要るものといったら、シェード用品くらいだ。これもフロント~リアガラスを覆う一般的な銀のヤツから、ウインドウに用いるカーテンタイプのもの、虫除けアミ等々色々ある。


 さて、天気予報は明らかに雨。
しかし、諸事情で今年はこの日しか、空いてない訳で。

予定はなし。
とりあえず北に。

さあ、出かけよう!

PICT3604.jpg
 もくもく入道雲

暑い日だったなぁ!


 

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

夏旅行(はじめての車中泊)-2

2010.08.12 20:04|犬とドライブ(旅行日記)
 まずは糠平温泉郷を通り抜け、三国峠を越える前にちょいとこの前の水場で遊んでいく。

 なにせ予定がないので、時間に縛られることもないし、どこでなにをするのも自由。
焦る必要もない。

PICT3584.jpg
 岩の上から川の流れを観察?

PICT3570.jpg
 じゃあ、今日は「アーチ橋コース」を

PICT3572.jpg
 あれっ 不思議。私ずっと前にこの場所、この時間の夢を観たことがある
ここの事だったんだね



PICT3574.jpg
 アーチを抜けて目にするのは糠平湖の静かな佇まい

PICT3575.jpg
またくぐろう さようなら


さて、三国峠でちょっと見晴台で車を停めて、ミカと展望を楽しんでいたら、突然鳴り響くブザー音。

『誰かの車の防犯ベルかな?』
なんてのんびり構えて、それにしても鳴り続けるなぁ、なにかトラブルかな・・?なんて思ってたら、
なんと三国トンネル前の掲示パネルに

「トンネル内事故発生。通行中止」

の表示が点滅!!

『うっそーーん!ここから始まるのに?ナマら気分萎えるーー』

と意気消沈。
しばし車中で行く先を考えつつ、トンネルから出てきたバイク乗りのお兄さんに聞いてみると・・。

「あ。中でトラックが一台停まってますけど、普通に停車してるんで、全然行けますよ

この言葉に力を得て、ドキドキしながら通過。

確かにその通りだった。
(でも、後から考えると、もしかして急病かなにかで急停車?
トラックの周りに複数名人いたから深く考えなかったけど、もしかしたら、私の職業=看護師必要だった?(汗))


テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

夏旅行(はじめての車中泊)-3 層雲峡

2010.08.12 20:03|犬とドライブ(旅行日記)
 ハナちゃんは軽快に進み、三国峠を越えれば、次は層雲峡。

ちょっと回りを散策した後、前回銀河の滝を訪れた時には時間の都合で登れなかった「双曝台」へ今日は。
片道20分?てことは降り道10分くらいかな?
ちょうどお昼時だから、ここでなにか食べていこうかな。


・・・甘かったね。
結構な斜面。まとわりつく汗。熱気。昨日の雨でぬかる足場。
ぷち登山道じゃありませんか。
こういう荒々しい感じが大好きだけどね、北海道。
綺麗な観光用の道にしたりしないところが。

PICT3632.jpg
山の花を見て癒されましょうかと

PICT3627.jpg
なんて花だろう 可愛いなあ

PICT3634.jpg
もう色づいた実も

PICT3629.jpg
 この日はカラス揚羽を沢山みたな。この蝶はなんて名前?


PICT3621.jpg
ゼイ ハァ・・・ 着いたよ 双曝台

PICT3623.jpg
こんな眺めでした


PICT3626.jpg
 ぐだぐだだね?大丈夫?僕は楽しいよ

PICT3656.jpg
 ごはん食べてたら、目の前にいた天道虫 初めて見た

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

タグ:層雲峡 銀河の滝 流星の滝 双曝台

夏旅行(はじめての車中泊)-4名寄道の駅

2010.08.12 20:02|犬とドライブ(旅行日記)
順調にハナちゃんは北へ。

PICT3660.jpg
 なんかとっても美味しそうな卵を売ってる気がする・・・
 


ついに名寄道の駅「もちの里なよろ」へ。
PICT3661.jpg
あっ もっと素敵なトコなのに(>_<)センスの無さが切ない・・

PICT3666.jpg
 この道の駅はお土産売り場が充実。白鳥米(もち米)を使った色とりどりの大福餅が売りなのに、なぜかドームチーズケーキをUP。
 日持ちするものならお土産に買っていきたかったな。こういうときだけちょっと残念。
(大福餅は小ぶりで食べごろサイズ。しかも種類がバリエーションに富んでいてオススメ。キムチ大福はちょっとこわかったけど)


 この後隣町「下川町」へ。
ここは大好きな「うっしーとの日々」の作者・はた万次郎さんが住んでいる町。
うっしーは去年の9月に逝ってしまったけど、二人の見た下川町を私も見てみたくて訪れる。

 残念ながらこのあたりからついに雨雲に追いつかれる。雨。

 そのまま「五味温泉」へ。
五味温泉は山間にある小さな温泉宿。
明治38年に五味勘三郎という人が見つけたらしい。
いかにも熊が出てきそうな雰囲気だけど、当時開拓で体を酷使していた人達の、きっと大きな慰めになっただろうな。

PICT3667.jpg
 ちょっと不思議な木彫り像が出迎えてくれる

 ほんとはそのまま下川町の公園で初車中泊の予定だったんだけど、ガムテープを忘れたことに気付いて近場のコンビニへ。雨が上がって雲間から星も見える。
 そこでふと「北のすばる」という新しく出来た名寄の天文台へ行ってみようと思い立ち、下川町を一旦後にする。

 結局「北のすばる」が分らずに、この頃には疲労困憊。
名寄「道の駅」を駐車場を一宿の場とお借りする。


道の駅は殆ど24時間トイレがあるので、車中泊の人達が利用することが多い。

この日も道内、本州、九州とナンバープレートは日本各地から。

10時にはどの車もエンジンを止めて静かになる。
私も長距離と、糠平・層雲峡のアスレチックが利いて、ビールを楽しむ暇もなく爆睡。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

夏旅行(はじめての車中泊)-5

2010.08.12 20:01|犬とドライブ(旅行日記)
翌朝 曇り。今にも振り出しそうな空模様。

「もちの里なよろ」のトイレは広くて清潔で居心地がよかった。
入り口に、束になったユリの花が飾られていて、関係者の方たちの優しさを感じたな。

 旅の途中、昼食、夕食は外食。
せめて朝ごはんはそれっぽく、と前日に立ち寄ったパン屋さんのパンと、用意したガスカートリッジでお湯を沸かし、ハーブティを淹れ雰囲気を出してみる。
ちょうど木のテーブルがあったので、そちらでミカと一緒に朝ごはんを楽しむ。
 ここでちょっとストレッチしたり、ヨガしてみたりして、長い運転に備えてみたり。

私が起きたのは4時半ごろ。
身支度も終えて、そろそろ出発しようかという時分が6時過ぎ。

トイレ掃除の方が「おはようございます」と挨拶しながら清掃作業を始める。

PICT3670.jpg
 その頃ホースを手にした管理者の方らしき人も


 そうか。こんなに早い時間に、手入れをしてるんだなあ。
 綺麗な施設ってかならず見えないところで誰かの手が入っていことを実感。
無料で使わせてもらったからなおさらありがたくて頭が下がります。


旅の二日目 出発。
更に北へ、北へ。


PICT3675.jpg
もう使われていない、廃駅の記念。駅が使われなくなるってなにか寂しい感じが増す。

PICT3681.jpg
 見ての通り 北緯45度 

PICT3689.jpg
 なんでだか 私の心に響いた「神威岬」

PICT3696.jpg
 ぐるりと反対から

 今度は南下 南下で左手にずっと太平洋を見る。


PICT3704.jpg
 うわ。迫力。でもここからの眺め 最高だった



PICT3715.jpg
 地域限定「ワンピースパズル」。でもワンピ好きな人周りにいないし。
 (ハマナス香る牛乳の里”おこっぺ”道の駅で)

 今日はここが旅の終点かな。
「かみゆうべつ温泉・チューリップの湯」道の駅。

 温泉あり、休憩所あり。施設の隣が公園でミカも散歩できるし。
(ただし、施設内のトイレは22時まで。それ以降は翌日開館まで公園のトイレ利用)

 二日目になると、用意もなれたもの。
 余裕で支度してたら、同じく車中泊erから「そのネットいいですね。どこで買ったんですか?」なんて声かけられたくらいにして。

 ここの温泉は私好みの低温温泉。
じっくり温まるから芯からぽかぽか。・・・・っていつまでも暑い!(笑)

SN3N0066.jpg
 夕餉は休憩室で「きよしとこの夜」眺めながら、コチラ「焼きホタテ定食」800円ナリ

 ちゃんとお膳で焼いてこの値段!?
信じられなーい!
ここで念願のビールを飲み干し、ミカとちょろっと散歩。そして爆睡(笑)。



追記>
 チューリップの湯フロントで、受付のお姉さんに

「スタンプカードおつくりしましょうか?」

と言われた私。

 そんなにジモティ風でしたか?





テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

タグ:道の駅 かみゆうべつ温泉・チューリップの湯

夏旅行(はじめての車中泊)-6 終わり

2010.08.12 20:00|犬とドライブ(旅行日記)
 翌朝も雨模様。

 朝5時。
 オホーツクの道の駅は全て開館時間から。

 この雨ではミカが楽しめる場所もない。

 ってことで旅はここで終了。

 あいにくの天気だったけど、けっこう楽しめた。
今度はもう少し涼しくなってから、天気のいい日にやってみよう。
ちょっと改善点も見つけたしね。

PICT3725.jpg
 激しい雨の中、242号線をずっと先導してくれた「4度くん」



 車中泊まとめ(使ったのはMOCO/軽)

  このサイズでも小柄な人と一頭なら可能かと。
  とりあえず「フルフラット」っぽくなる車なら大丈夫な手ごたえ。

 荷物>
   着替え・お風呂セット(←要らなかった)・洗面用具・寝袋(フリースケットとかでもいいんじゃ)シェード用グッズ(私はリアとフロントにサンシェードを。サイドにカーテン型の暗幕を選んだ)
   アルミテーブル・ガスカートリッジ・マグ・七徳ナイフ(多目的なツール?)ランタン 

 持っていってよかった>
   ・ゴアテックスの登山用靴は、軽登山用なので平地の殆どのコンディションに対応できるし、軽くて防水。車中泊はミカと旅行が基本なので、目的に適って大活躍。
   ・ビーサン 車を停めて、泊まり支度のあれこれ。ちょこちょこ外に出るわ、トイレに行くわ・・なんて時に、とっても重宝。
   ・手ぬぐい タオル類は全てこれ。だってすぐに乾くから。
   ・洗濯ピン+ハンガー(コレを使って手ぬぐい干します)
   ・携帯袋、ビニール袋(意外とモノを運ぶのに使うので、車の中にストックしといて正解)
   ・ウィンドウアミ・・は、暑い夜には重宝するかも
   ・ガムテープ(布製推奨) シェードの補強や調整に。シェードなんて新聞紙でもいいんだしね。
   ・水1リッター ペットボトル200cc容器 これに水入れて洗面の歯磨きに使う。
トイレの水が飲水可かどうか分からないとき。口に含む気がしないとき。


 要らなかった>
   ・お風呂セット(前述)、アルミテーブルとパイプ椅子(あってもいいけど長旅じゃないなら要らないかも。どこに泊まるかによるかな。)

 ポイント>
   ・ギリギリの要領に荷物を載せるので、意外とゴミのスペースがない。ゴミを引き受けてくれる施設は殆どないので(当たり前)、できるだけゴミの出ない工夫

 改善点>
   ・サイドウィンドウのシェードがけっこう透けて見える・・ので、遮光素材で作ること検討
   ・ミカのうんち。全部持って帰ったけど流せるタイプのウンチ袋使って、トイレに流させてもらったほうが良かったかも
   ・洗濯用の紐を車内に渡すってのもいいかね
   ・寝るときにけっこうシートの凹凸が翌朝の凝りに・・(>_<)。マット材検討
        




さて、こんな感じでした。同僚Tさん。
よかったらご参考ください♪


PICT3686.jpg

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

晩夏

2010.08.09 15:46|管理人日記
 十勝地方・・ってゆうか、北海道は、かな。
お盆が過ぎたら、夏が終わりって感じになる。

みんなも「お盆過ぎたらもう秋だもねー」って口にしだす。

こんな風景をみると、ますますそんな風に感じちゃうなあ。
まだまだ空気はむっとするほど暑いんだけど。

PICT3485.jpg
 この写真は、先週の週末くらいに撮ったもの。
周りの農家が一斉にロールを作ってた。
前線が登ってくる前の一仕事。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

ナニかいいコトないか子猫ちゃん

 友人のYさんが最近子猫を拾った・・と、写メをくれました。

・・・・・!!

一目みた瞬間から、アタチは猫ちゃんのトリコ。

さっそく見せてもらいに行ったのですが・・。

min6.jpg

min7.jpg
・・ちょ・・っ!
min8.jpg

 可愛すぎやしませんか!!



ちなみに以下が拾いたて画像。

minmi4.jpg


minmi3.jpg

minmi5.jpg

いやーーーーん


 子猫ちゃんてのはホントに、こう、もみくちゃにしちゃいたいような可愛いさがあるなあ!



一部画像はYさんから拝借しました。ありがとう、ゆーこりん!





テーマ:
ジャンル:ペット

かわいいモノ

2010.08.07 21:47|カメラの事・写真の事
 道を歩いて見つけた可愛いもの。

PICT3479.jpg
 買い物途中で見つけた、アスファルトの隙間に咲く、小さな小さなポピー。
可愛すぎ!


PICT3465.jpg
これなに?なんの芽だろ?まさか虫?!

PICT3468.jpg
答えはすぐ近くに

キノコの萌芽ってこんな感じなんだね。

PICT3469.jpg

育ちきったらどんな姿になるのか、また見に行かなくちゃ。




テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

六花亭 ニューカマー

2010.08.06 21:07|管理人日記
 六花亭の新商品「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」。

なんかカッコイイ商品名だなあ。

ラスクに数種類のフレーバーチョコをコーティングしたもの。

ピンク、黄色、茶色・・と色とりどりだけど、そのどれも人工着色料を使ってないとのこと。

こんなに綺麗な色なのに?

さすが、六花亭クオリティ!

味は・・・まあまあ。

(でもなんで神々の遊ぶ庭がラスクなのかな?)
PICT3473.jpg

マンゴー・バナナ・ビターチョコ・ラズベリーなどなど♪

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

そうだ。福耳苑

2010.08.05 22:59|庭のこと
『6月の末にもう一度庭の写真撮って進展を見比べよう』

なんて言ってたものの、そこには全然タッチせずにもう8月。

だって、ちょうど花の見ごろは雨続きで花色もぱっとせず、いまやもう花も散りかけてるんだもん(涙)。


5月に園芸店を渡り歩いて集めた苗約40種類。
張り切って植えに植えた庭がどうなったかと言うと・・・。

PICT3461.jpg

こんな感じ?
うーーーん。
確かに去年までスカスカだった庭が、土も見えないほどぎっちり詰まったけど、
なんだかなぁ・・。
いまひとつぱっとせず。

たぶんデザインの問題だよね。

なかなか「風のガーデン」みたいにはいきません。

まあ、植えた花たちが成長して大体のイメージを掴めたので、来年はデザインを重視して・・と。

PICT3462.jpg
 やっと咲いたユリの花

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

湿疹?

2010.08.04 21:46|犬と健康
 二三日前から、どうも左耳の付け根を掻いてるなあ・・と思ってた。

掻きすぎで血が流れてるよ。

それがかゆみが残ってるのか、治りそうになると掻き崩して、なかなか良くならない。

念のため・・・とユニ動物病院へ。

組織を取って、簡単に鏡検してもらったけど、虫(-)、異型細胞(-)。
とりあえず良かった。

抗生剤入り軟膏か、抗生剤+ステロイド入り軟膏か。

「もってます?」
と訊かれて、

「はい。どっちもあります」
と答えたら、

「じゃあ、それ塗っといてください」
だって。

相変わらず商売っ気ないなあ(笑)。

いつものことだけど、病院へ行くとなぜかよくなっちゃう。
ミカも行った後から掻かなくなって、傷も塞がりそう。一安心。
PICT3481.jpg
「多分虫に刺されたんでしょう」

ミカの毛周りの写真だけじゃつまらないので、ユニの近くの散歩道に咲いてた「エゾニュウ」を。

PICT3474.jpg
 北海道のちょっとした茂みに普通に咲いてる。大きくなると2.3Mくらいの丈。

PICT3477.jpg
花火みたいな花

PICT3478.jpg
香りはないけど、よく虫が集まってる。




私のDimage X-21♪

2010.08.03 22:44|カメラの事・写真の事
 けっきょくデジハリはまだ買えないまま。
たぶん冬のボーナスかな(くっすん)。

 でも最近、ますます相棒 Dimage X21がいとしいぜ。

 今回は、一度も使ったことがないカラーモード「ポスタリゼーション」を使ってみた。

 撮った写真を加工するのがあまり好きじゃないので、極力手を加えないようにしてるんだけど、たまにはこんな味わいもいいかな、うん。

PICT3421.jpg
 おっ!

PICT3420.jpg
 ただのうちの玄関前なんだけど、なんだかちょこっといい写真みたいな錯覚(笑)。

PICT3431.jpg

PICT3430.jpg
 ミカもなかなかカッコいいじゃない?

あんまりこればっかだとクドくなっちゃうけどね。

 写真好きな人は、幾つもカメラを使い分けて楽しんだりしてるみたいだけど、6年間もってても、まだまだ新しい発見が一杯。もう少しこのコにいろいろ教えてもらおうかな。

テーマ:*写真で残す日常*
ジャンル:写真

鈴虫異変

2010.08.02 13:35|庭のこと
最近鈴虫の鳴き声がめっきり地味になってきた。

華やかさが全然ない。ジジ・・ジジって。

なんでかなぁ・・?
もうメスに飽きちゃった(!)とか。
なんて眺めてたら悲しい発見。

『あれっ。一匹落ちてる・・・☆』

ちなみにオス。
えさ箱の上でひっくり返ってカラカラになってた(涙)。

メスはとっても元気そうなんだけど。

もうちょっと詳しくネットで調べてみよう。

suzu2.jpg
 新たに二匹投入

suzu1.jpg
 カブトムシ君も必死だな

佐藤史生さん

2010.08.01 20:59|犬本・非犬本
 今日はなんだかなんにもする気が起きなくて、一日中家にいた。
せっかくの休みなのに。

 午前中、流し見してたTVで「やまだ紫」さんの詩集を取りあげていて、「どんな作家さんなんだろう?」と2chで調べたら、三原順さんがお亡くなりに成ってい事を知り(もう十年も前だった)、そこから「佐藤史生」さんが今年4月4日に急逝されたことを知った。

 大好きな作家さんだった。
 彼女の作品に少なからず影響を受けたとも思う。
 作品の殆どはSFが主流で、後にこのジャンルはファンタジーへ転化して、キャラ萌え中心のブームに取って変わられちゃうんだけど、多分そんな中で骨のある作品を描き続けた絶滅危惧種的存在の漫画家だった。

 SFの中にさりげなく色んなメッセージを込めた人だった。
それはジェンダーだったり、人間と地球の共存だったり。人間ってなんだろう・・って大きなテーマだったり。

 寡作な作家さんだったので、数えるほどしかコミックスもない。
私はある時期から殆ど漫画を読まなくなったから、もう引退してしまったのかな?なんてチェックせずにいたら、読んでいない作品が三つもあった。
 いつまでもお元気で・・と思ってるとなんだか遠くで安心してるのに、もういないんだ と思ったら慌てて本を取り寄せたり。
 出版業が「作家が亡くなった時が稼ぎ時」と少々乱暴な物言いをしてたけど、本当にそうだ。

 私が取り寄せた三作品は今のところ再販の予定は無いらしく、中古で随分高い値がついていた。
 大事に持っているイラスト集も、20倍程の値段に跳ね上がってた。

 久しぶりにすっかり黄なびてしまった本を手にとって読んでみたけど、、魅力はちっとも色あせてない。
惜しい作家さんがまた一人いってしまったなあ。







 

テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。