What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューフェイス

 また、ミカが新しいワンコと触れ合った・・ってことなんだけど(笑)。

その前に。

帯広に出かけた用事ついでに、音更道の駅へスタンプを押しに。
同僚Tさん夫妻が先日十勝管内を制覇したと聞いて、『むむっ!』と鼻息を荒くした私。
そうだ。もうすぐ冬がくるんだ。
ぐずぐずしちゃ居られない!

 PICT4630.jpg
 ここに併設されている「秋華」さんという中華バイキングが安くておいしいと口コミ。
今度行ってみたいな。
 中はさほど他の駅と変わりない品揃え。

PICT4631.jpg
 こんなのあった(汗)

PICT4633.jpg
 いくらメロンが流行ったからって、つつしみの無い・・(笑)。


 こんな外出でミカが満足するはずも無く、
「分かったって。ちゃんとミカの分(?)もあるって」
となだめながら、また不幸をアピールしてる男をなだめつつハナちゃんを走らせる。
行く先は「ワン太くん公園(仮称)」♪

「ほら、見てみな、ミカ。わん太くん公園へ向かってるんだよ」

伸び上がってどこへ向かってるか知ると、とたんに興奮しだすミカ。現金なヤツめ。

 ほどなく到着したわん太くん公園で、のらりくらりと掴ませずに飼い主さんを困らせているダックス発見。

ダップル柄(?)の名前はミルキー君、一歳(♂)。
ミルキーくんも犬と子供が大好きだそう。
そりゃあもちろんこんなことになっちゃうよね?
PICT4636.jpg

PICT4641.jpg
 この耳(^_^)!

PICT4642.jpg
PICT4665.jpg
 もう日暮れていたこともあって、画像が荒いけど、それでもよくやったDimageX(笑)!

PICT4681.jpg
 帰る頃には日も沈み、「これで今夜はおとなしく寝てくれます~」と安堵の飼い主二人。
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

Wide Lens Camera Series ハリキン その後

2010.09.30 00:00|カメラの事・写真の事
 今年の6月に「ハリキン」を買ってから、ちょこちょこ写して、昨日二本目の現像を終えた。

 ほんとうにカメラのことって何も知らないから、ハリキンだって見掛けと名前と値段で買っただけ。

「で。ワイドレンズってなんなのよ?」
なんて、ようやくハリキンの特徴について思い至らせるようになった。
たぶんハリキンにしてみたら『ええっ!?』って涙目だよね(笑)。

ワイドレンズ。広角レンズ。
視界をより広く写せるってことなんだね?
どうして数字が小さいほうが広く写せるのか分からないけど。

いつも写真撮る時
「うぅ~ん。どうして私の目が見ているとうりに画面にぎゅぎゅっと詰まってくれないんだろう(>_<)」
と思っていた部分を少しサポートしてくれるってことだよね?

 今のOSに対応してるスキャナが無いので読み取れないけど、DimageXで撮ってみた(意味無いかな)。
やっぱりどの写真もあったかい感じがする。
これまた古いコンパクトカメラ(FUJI Cardia)の写真と比べても、なんだろう、ピントの甘さや発色なのかなあ?味わいがあるような・・。

 ※以下クリック↓で原寸大に。
PICT4593.jpg

PICT4592.jpg

PICT4595.jpg

PICT4594.jpg

 一番下のワンコは、6月に南十勝を旅行した時出合った農家のフリー犬。
なんだか魚眼レンズみたいで可愛い(^_^)。

 でも、今はまだ、広角レンズの効果がよく分からないふかなのであった。

テーマ:トイデジ
ジャンル:写真

タグ:ハリキン画像 Wide Lens Camera Series 広角レンズ

朝散歩のアレコレ

 今朝はいろいろ。

朝起きると、東側の玄関から明るい光。
昨日の激しい雨を降らせた雨雲はどこかへ行ってしまったらしい。

そうすると、明り取りの窓につるしてあるサンキャッチャーが短い時間だけキラッキラしてくれる訳。

PICT4566.jpg
 こんな感じに

PICT4568.jpg


PICT4570.jpg

PICT4569.jpg
 綺麗なプリズムである



 外に出たら、流石に空気が冷えていて、玄関脇に吊るしてる多肉植物もうっすら色づいてきた。
PICT4572.jpg


PICT4575.jpg

家の中に入ってのんびりしてたら、聞きなれぬ鳥の声が。
なんだっけなぁ、あの鳴き声は・・・。
ミカも飛び起きて声の方角へ耳を澄ませる。

そうだ、そうだ。鶴の声だ。
そっか、もう渡来してきたんだね。
ちょっと顔見に行こうか、ミカ。

てことで、そのまま朝の散歩へ。

PICT4586.jpg

 いたいた!
ご近所の畑で優雅に歩き回ってた。

 そのまま農道を進んで散歩を続けていたんだけど、ミカはまた水草に覆われた小川を地面だと思って飛び込んだ。あのときのミカの必死な顔・・・。
すぐに泳いできたけど、しばらく「あの失敗は無かった」ような顔をしてカッコつけてたなあ。

 帰ったらすぐにシャンプー。


のんびりしてて慌しい、秋の日の朝でした。

PICT4571.jpg
 ほんとうは帰り道で、さっきの鶴が見事に頭のすぐ上を飛来してくれたのに・・。
シャッターチャンスは一瞬だなぁ(泣)。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

雲海テラス

2010.09.27 23:32|犬とドライブ(旅行日記)
 ブログ巡りをしていて知った「トマム雲海テラス」。
 私の休日は天候に恵まれず、なかなか行くことが出来なかった。
雲海テラスの開催期間は限られているので(10月11日迄)、とにかく絶対行かなければ!の気持ちも強まる。

で、昨日26日に『えーい。少々天候が悪くても行ってしまえ!』と飛び出した。
この日の旅のお供は犬友豊丸さんと相棒のワン太くん。

朝四時半に出発。
トマムまではここから高速で一時間ちょいの距離。
(高速料金が一部区間タダって、ほんとうにありがたい。どうしてそういうカラクリになるのか分からないけど)
現地で待ち合わせ、ってことにして、まだ星が見える中、高速を走る。

ワクワクしながら二人と二頭はゴンドラへ(そう。ここは犬もOKなのです!豊丸さんが確認してくれたんだけど、「ゴンドラに乗れる犬なら大丈夫ですよ」と言われたとの事。なんておおらかな!さすが北海道)

PICT4435.jpg
 ミカはゴンドラからの眺めに興味津々。


PICT4442.jpg
 山間に立つ二本の柱はアルファリゾートトマムのシンボル「ザ・タワー」

PICT4445.jpg
 ワン太くんも感慨深げ

PICT4473.jpg
 ゴンドラを降りると下界は、今日生まれたての朝日を浴びて・・。


 犬連れでもあることだし、せっかくだからここから「トマム岳(標高1260m)へ登りましょう」
  ※ゴンドラで1000mまで登ってきているので実際は260m程。

PICT4475.jpg
 これが地上1100mからの眺め。シンボルタワーがあんなに遠くに

 ミカはひさしぶりのプチ登山におお張り切り。背後からは豊丸さんの切ない呟きがちらほら・・(笑)。


PICT4479.jpg
 頂上ではもうこんな風に

PICT4480.jpg
 これがあと二ヵ月後には地上で起こるんだよなぁ

PICT4494.jpg
 そしてここが「雲海テラス」

 写真ではまだなんだか曇っているけど、この後どんどん雲が流れて晴れ間が見えてきた。日が差すと熱さを感じるほど。なんだかとても太陽を近くに感じる。
 初めて味わうすばらしい開放感だった。この景色の中でお茶を飲めるなんて!

 残念ながら雲海を目にすることは出来なかったけど、是非是非また訪れたい。
ミカと一緒にこの景色の中に居られたなんて、本当に最高だ。



PICT4511.jpg
 帰りのゴンドラでも、ミカは興味深げにいろんなものを眺めてた。
ドライブ中は車窓から外を眺めるなんて事殆どしないのにね。



 雲海テラス の詳細情報は文中のリンクから

 「雲海テラス」とは、つまりはスキー場のゴンドラを、夏場に景勝を楽しむ為の乗り物として活用している・・という事なんだけど、簡単なようですごいアイディアだなぁ!
 私達が登る前から、すでに観光客で賑わっていた。朝の6時台にこれだけの人が、ただ景色を見るためだけに集まってきてる。それだけ魅力的な企画なんだよね。
 きっと立ち上げた人もこの成り行きに胸躍らせただろうね。


  つづく→「オンネトー物語」へ

テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

タグ:トマム 雲海テラス

オンネトー物語

2010.09.27 23:31|犬とドライブ(旅行日記)
朝四時半に出発して、「雲海テラス」を出たのが、8時ごろ。
今日の予定はコレだけじゃない。
次は阿寒手前のオンネトーで毎年行われるお祭り「オンネトー物語」へ行くのだー!

「オンネトー物語」は、足寄観光協会主催のオンネトーの自然を満喫してもらおうという催し。
ここは「阿寒国立公園」の一部で、オンネトーは雌阿寒岳の麓にある堰止湖(せきとめこ)。
呼び名はアイヌ語から。和訳すると「年老いた沼」って意味だそう。
 ここの湖の神秘的な色合いに魅せられる人がとても多いらしい。

別名「五色沼」とも。
色合いが刻々と変わるからだそうだけど・・・。
たとえば。

P1000391_20100927223118.jpg
 到着したばかりの頃は、曇り空でこんな感じ

湖のほとりを特設会場=野営場までテクテク歩く。
湿った落ち葉や土の匂いがして、しゃべっていても話し声もなんだか森に吸い込まれそうな感じ。

P1000399.jpg
 会場の樹には、応募したオンネトーの写真が飾られていて、野外の美術館みたい。
散策しながら作品を楽しむ。


12時から「物語」の開始。
キャンプ場の隅っこに設けられた炊き出しコーナーで、参加者に熱々の豚汁と足寄で採れたジャガイモとかぼちゃの蒸しが振舞われる。
 岩に腰掛けてふぅふぅ言いながら食べてたら、空はどんどん晴れてきて・・。




SN3N0023.jpg
 こんな感じに

P1000402.jpg
SN3N0027_20100927232755.jpg

 こんな感じに!
 嘘みたいに綺麗でしょう?

 森では催し物の第一弾。陸別リコーダーアンサンブルの皆さんの演奏が始まる。

P1000400.jpg
 そう。先日浦幌町でも演奏してくれた、あの子供達でした。

 森の中の演奏会はまた格別だったな。
笛の柔らかな音が森に溶け込んで、不自然さがちっともない。
聴衆の私達も、かしこまるでなく思い思いに、のんびりと、可愛い演奏家さん達の音楽を楽しんだ。
なんて贅沢な時間だったんだろう。

 SN3N0022.jpg



つづく→「オンネトー物語2」へ

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

オンネトー物語2

2010.09.27 23:31|犬とドライブ(旅行日記)
 帰り道、また来た道をテクテク歩いていたら、もう少しで車を停めた場所というところで不思議なことが。
先ほど森でお会いしたゴールデンのコロちゃんと、飼い主のおじいさまが向かいからやってきた。

『え!?どうして!?私達のほうが先に出てきたのに?しかもどうして向かいから???』

ビックリついでにおじいさんにお聞きしたら、私達とは反対方向、反時計回りに歩いてきたそうな。
そしてここへ来るならそっちの道のほうがずっと早いとの事。
そうだったんだ。びっくりした。
オンネトーの雰囲気があんまり幻想的だったから、おじいさんが魔法でも使ったのかと思ったよ(笑)。

SN3N0043_20100927213801.jpg
 コロちゃんは12歳なんだって。
森であったときも、再会したときも、一度も吠えなかった。


SN3N0036_20100927213801.jpg
 今朝、雌阿寒岳では初冠雪したって

 オンネトーは気温も気配もすっかり秋めいていて、少々冷えた体は野中温泉で温めて貰うことにした。


PICT4537.jpg
 懐かしいなあ!たぶん10年ぶり。

ここの温泉はまぁ。
なにもない。温泉があるだけ。
桧で作られた小さな内風呂に、覗こうと思えばどこからだって見えるおおらかな露天風呂があるだけ。
でもそれが最高に気持ちがいい。
ここにもオンネトー周辺で感じた自然の感触が残ってる。
 温泉大好きな人には是非一度体験していただきたいお湯です。
そしてそんな素敵な温泉がたったの350円とは!(大丈夫だろうか。心配になるくらい)


PICT4540.jpg
 お風呂上りに食べた「ボルケーノたこ焼き」

 食べた後に写真撮る事を思い出す。いつもね。
10年前にはなかったな(笑)。あと口がピリリとして美味しかった。


PICT4553.jpg
 看板犬(?)モコちゃん
 松ノ木といると、なんかもう仙人の風格。


 本当にすばらしい一日だったな。
朝早く起きると、こんなにたくさんの事できるんだなあ。
一緒に付き合ってくれた豊丸さんワン太くんペアに感謝です。

P1000412_20100927213651.jpg
 二人は本当に仲良し。気の合う仲間


 つづく→「オマケ」へ

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

タグ:オンネトー 野中温泉

おまけ(足寄銀河ホール21)

2010.09.27 23:31|犬とドライブ(旅行日記)
 オンネトーへ行くには、足寄町から折れて内陸を目指していくんだけど、その足寄町道の駅「足寄銀河ホール21」で、豊丸さんとワン太くんがハナちゃんに同乗。

PICT4534.jpg
 出発時(9:43)

 道の駅「銀河ホール21」は、廃止されたふるさと銀河線足寄駅がその前身。

PICT4536.jpg
 中はこんな感じになってる

なぜ卓球台が?
でもやってみたかった(笑)千春とペア写真も撮れますよ~♪


そして帰ってきた。
PICT4555.jpg
 到着(16:12)

 朝と夕方は空の透明度が違うんだなあ。

PICT4556.jpg
 サングラスを通してみるとこんな感じ。




 豊丸さんペアを見送った後、さあて、私達も帰るか!とくるりと向きを変えたら目に留まった看板
PICT4560.jpg
 いい味だしてるなあ!

残念ながらもう休業されているみたいだったけど。
世の中はどんどんチェーン店とかコンビニとか。どこへ行っても同じ店構え、同じ商品。
みんな同じ顔になっていくのが寂しい。


テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

タグ:足寄道の駅 足寄銀河ホール21

一足早く登場

 今日の外気温14度。

14℃?!

 つい二週間前まで30度超えだのなんだのでうだってたってのに。

 今日の私のカッコなんて、指なし手袋に、袖なしジャケット(ベストだった・・切な!)、首にはマフラーをぐるぐる巻き(>_<)!

そんなんで、今年も我が家の家訓に反して、「アレ」を出してしまいましたよ。

  「アレ」
CA4ENR37.jpg
 家訓:炬燵は10月~4月。ストーブは11月。どんどん早くなってるけど。


ミカは炬燵が大好き。
冬の間、ここがミカのプライベートルームになる(笑)。
セッティングしてる時からわくわくした顔をして、電気つけたらすぐさまもぐりこんで出て気やしない。



PICT4429.jpg
 ミカのお気に入りのおもちゃ♪




※リンクさせてもらっている「白柴”とうふ”の厚揚げ劇場」管理人・とうふさんのツイッターから、悲惨な事件を知りました。
 巷にあふれる悲しい事件、ニュースに関しては、なるべく自分の胸のうちに納めて、ここには書かないでいようと思っていますが、被害にあわれた方のリンクを張っておきます。
 どうしてこういう事になっちゃうかなあ。
 つい先日も、狂犬病予防注射の会場で、気の毒な事故がありました。
   桃の尻尾は高速回転☆9月21日記事「生きていてくれて良かった」参照


 私もずっと昔、ミカが来る前の頃、りきと似たような状況に遭遇したことがあります。
幸い怪我は負いませんでしたが、管理人さんの仰る注意喚起は人事ではありません。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

青色を探しに

2010.09.25 13:03|カメラの事・写真の事
 以前、「トイデジLOVWERS!」って本を買ったって日記を書いた。
その本の中で、トイデジ画像をブログで紹介したハシリ的存在(らしい)久保和宏さんという方の写真を紹介していたんだけど、作品を赤と青に色分けしてレイアウトしてあって、こんな風に集めたら面白いんだなあって思ってた。

 で、またまたブルーウォーターを作る際に、綺麗に光ってたから思わず写真を撮って、そして急にそのレイアウトを思い出してしまった。

 そだそだ。
あれ、面白かったなぁ。
私も周りの青色集めてみよう!

そうして撮ったいくつかの写真がコレ。

renketu1.jpg

 うーん。まだまだ青味が足りないなあ!

 でも、私の周囲は、結構青色率が高いことが分かったよ。
 
 実を言うと今、他の色も集めてるところなんだけど、コレやりだすと色んなところに目が行って、車になんか乗ってたら、ぜんぜん進みやしない(笑)。

 あ!あそこに黄色が!
 まー。あの隅っこにピンクが!

 今日も夜勤の帰りなのに、軽く40分は寄り道してました。

 

テーマ:デジカメ
ジャンル:写真

さんぽみち2

PICT4306.jpg
 ゆうべ雨が降ったから



PICT4308.jpg
 この豆みたいな花、可愛いんだよね

PICT4309.jpg
 二色遣いがラブリー



PICT4253.jpg
 ピントを合わせ難いのは透明な羽だからかな?


PICT4259.jpg
 こちらのカメムシも朝の散歩中


PICT4310.jpg
 素敵だった路地のコスモスも立ち枯れてきた。


PICT4311.jpg
 こっちの路地では葡萄がすっかり色付いてる



PICT4261.jpg
 えっと、この植物なんていう名前だっけ

PICT4262.jpg
 こうして見ると、蓮の花みたいだ





PICT4313.jpg

私はミカが匂いを嗅いだり、マーキングしてる間立ち止まり。
ミカは私が写真を撮っていると立ち止まり。
二人はいい相棒(笑)。



テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

中秋の名月

2010.09.23 11:14|管理人日記
昨日の月は綺麗だったなあ!

 仕事から戻って、
『そうだ。うちの神さんに(神棚がある)ススキとお団子上げよう!』
とミカを伴って、夜の中距離散歩(30分以上散歩/(笑)。

 夜が更けたらどんどん雨雲がやってくると聞いていたけど、今はまだ薄い白雲がうっすらと掛かるくらいで、空はおおむね晴れていた。
 
 ススキを取るために、ランタン下げて電灯のない暗い畑の道を歩いていく。
でも、お月さんは煌々と輝いていて、目が慣れると、まるで昼間に藍色のフィルターを通して周りを見ているような気分。不思議な感じ。
 結局ランタンは灯さないまま。

 ススキを探している間、お月さんはずっと斜め上にいたり、背中からついてきたり(笑)。

 ススキを取りにいくって名目で出かけたけど、そんな名目でもなかったらなかなか出かけない。
本当はお月さんを観に外に居たかったんだなあ。

SN3N0004.jpg
 画像左下で光っているのは木星らしい。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

さんぽみち

朝のさんぽみち。

PICT4298.jpg

PICT4299.jpg



 夜のさんぽみち。
PICT4266.jpg

PICT4268.jpg

 朝の出勤前に30分。
 帰宅してから30分。
 二人でてくてく歩きます。





テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

しほろ道の駅とか

2010.09.21 23:59|管理人日記
 土日はせっかくの連休だったのに(シフトがあるのでカレンダー通りの休日は月に一度あるかないか)、少々体調を崩していたこともあって家でゴロゴロ。
 流石に二日目になると、『せめて温泉でも行こうか』と近場のしほろ道の駅「しほろ温泉プラザ緑風」へ出かけることに。

 私は平均してここの温泉が十勝では一番好き。
別に施設の設備や清潔さにこだわるタイプじゃないので、しほろの温泉が綺麗だから・・とか、そんな理由じゃないんだけど、たぶんお湯の感じが一番合ってるんだろうなあ。
 十勝の温泉はモール温泉が多いけど、モール温泉も泉質はいろいろだし。
 ※モール温泉とは植物起源の有機質を多く含む温泉のことなんだって。

 さて温泉を楽しんで、車を出そうとした時に、どこからか派手な犬の鳴き声が聞こえてきた。
見れば、トレーラーを繋いだ車が駐車場へ入ってくるところだった。

PICT4280.jpg


「わかったから!着いたから!ちょっと落ち着いて!」
なんだか飼い主さんの周りを茶色っぽい影がくるくる回っているような・・。

ミカも私も興味津々。

 車から出て話しかけてみると・・。
飼い主さんは小樽からこの週末、道東へドライブを楽しみにいらしたらしい。

 折角だから小さな旅の供さん達を撮らせて頂こうと伺って、快く了承していただいた。
PICT4276.jpg
 ミカを見つめるお供の皆さん

PICT4278.jpg
 そして私も確認(笑)

 シュナウザー、トイプードル、チワワ二頭の構成だったんだけど、もう一頭のチワワちゃんは用心深く奥から出てこなかった。

 
「いやー吠えませんねぇ。いいですねぇ。吠えられても反応しないんですね」
と飼い主さんは仰っていたけど、たぶんこれは犬種の違いだと思うなぁ。
お供の方達のにぎわしさもまた。

 車を出すときにちらっと見たら、飼い主さんはわんこ達を車から降ろして、四頭引きで散歩させていた。
ほかにも犬連れの方を見たけど、やっぱりそう。
私もそうだ。

まずは犬からなんだよなぁ、みんな。
もう!吠えて困ったなあ!って思っても、やっぱり連れて行きたくなっちゃうんだよね。
犬連れ旅行は、どうしてだかいないときよりずっと楽しい。
わずらわしいことも多いんだけど。

ミカは立ち上がって窓の隙間から四頭のわんこさんの散歩を見つめる。
ミカを見つけてワンワンと叫ぶ声の隙間から微かに聞こえてきた声は

「あぁ、やっぱり吠えないんだ・・・」

車中から飼い主さんに目礼して車をだしたけど、 お供さん達があんまりお父さんを困らせませんように(^_^)。

PICT4282.jpg
 夕立前の士幌の空。

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

タグ:しほろ道の駅 しほろ温泉プラザ緑風 本別道の駅 ステラ☆本別 士幌町マンホールの蓋

豆の町 本別町では

2010.09.19 23:16|管理人日記
 士幌町から本別町へ。
山間を抜ける初めての道を通ってみた。

本別町は豆の町。
本別道の駅「ステラ☆本別」の売店にはこんなものも。
PICT4285.jpg
 かわいい♪

道の駅のすぐ近くには本別神社がある。
ちょうどこの日は秋祭りだったみたいで、いつもは静かな神社も明かりが灯され、人が集まっていた。

PICT4286.jpg
 露出時間が多かった?のかな?
ちょっと不思議な写真になった。


PICT4288.jpg
 お祭りの灯篭っていいな


PICT4295.jpg



 二年前の本別神社の祭り風景の動画がYOU TUBEにアップされてた。
神輿担いだり、狩衣着て町中を行列してるのに、見物してる人も殆ど映ってない。
ちょっと寂しかったなぁ。せめてお祭りの時くらいみんなでにぎわえば神さんも嬉しいだろうに。
初詣でお願い事ばっかされるんじゃ、きっと神さんも切ないよね。

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

写真展

2010.09.17 22:43|管理人日記
 ミカの散歩がてら、ちょいと車を走らせて、帯広市博物館 「帯広百年記念館」へ寄ってみた。
ここは「帯広美術館」や「グリーンパーク」なんかが併設されてる、広い敷地内にある施設。

 ぐるっと歩いても軽く30分以上は掛かるし、博物館、美術館の周辺は、散歩道の合間にぽつんぽつんと彫刻作品なんかが展示されていて、散歩中も美術鑑賞気分。

 ここに来たのは本別町カメラクラブの泉野健さんの写真展を見たかったから。
泉野さんは本別町にお住まいの、石工業を営んでいるカメラ愛好家の方で、今回は昭和30年代からの本別町の風景を家族の行事に絡めて写し取っていた。
 私は今年すっかり写真が好きになったし、更に、まさにこういう目線(=ひねりのない、その時撮りたかった好ましいものの記録)写真が大好きなので、そりゃあもう楽しくじっくり拝見させていただきました。
 画像の中ではまだお若かった泉野さん、記名帳の置いてあるテーブルには「孫・親戚一同から」の花かご。
ちょっとじーんとした。

PICT4221.jpg
   裏口

PICT4222.jpg
 この噴水もシンボルマーク

PICT4230.jpg
 すっかり秋の気配

PICT4234.jpg
 枯れ葉が落ちていくところ、撮ってみたかったな

PICT4237.jpg

 ミカも哀愁

PICT4242.jpg
 何だと思う?
落ちてた鴨の羽を挿してあるの。一羽一羽色が違う。わかるかなぁ

PICT4245.jpg
 自転車の車輪留め もなんだかアートっぽい?



 お土産♪
PICT4249.jpg
 博物館のショップは、いかにも北海道の博物館らしく「アイヌ文化」の書籍や、アイヌ模様の小物なんかが置いてあった。
 これは「依田勉三・晩成社の練乳パッケージの手ぬぐい」
手ぬぐい好きの私としては、こういう渋いご当地ものは外せませんね。
  ※依田勉三さんは十勝開拓の祖。どことなく北海道に洋風のイメージがあるのも、この方の名残なのかもしれませんね

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

タグ:帯広百年記念館 晩成社の手ぬぐい

ミカの皮膚のこと

2010.09.16 22:43|犬と健康
 8月だったか。ミカの耳の近く、掻き崩して病院へ連れて行った・・という記事を書いた。
あの時は「虫刺されかな?」という事で、とりあえず良くはなった。

 ところが、今度は8月の末頃からやけにミカが全身を掻くようになった。
もちろん今までだって、掻いていた事はあったけど、明らかに以前とは様子が違う。
掻いている部分を調べてみるけど、特になにかが起こってるようには見えない。
 しばらく様子を見ていたけれど、あんまり止まらないのでやはり病院へ連れて行った。


Ⅰ.(掛かり付け医)虫ではないかとの事で、薬剤入りシャンプーを処方される。
   これで改善しなければ抗生剤を出してみましょう。

 あまり症状が変わらなかったので、一週間後再度かかろうかと思っていた時に、肛門腺を絞ってもらいに、近くの動物病院へ行き、たまたま痒がっているところの小さな発疹を見つけて診てらう。

Ⅱ.(近場の獣医師)野生動物から疥癬が移ったのではないかとの事で「レボリューション」塗布。
 

 とりあえずこの後、あまり掻かなくなった。
レボリュージョンがそれなりの効果を発揮したということか。だとしたら虫の感染だったということ?

 ただ、掛かった獣医師さんの治療に不満がある訳ではないんだけれど、私なりに思うところが今回もあったな。
今度はきちんと思うところを伝えられたらいいんだけど。いや、伝えよう。自分の家族のことなんだから。

PICT4213.jpg
 ところでこれは、ニューフェイス・ウィペットの「メイ」ちゃん。
夜勤明けの散歩(長い時間を留守番してくれるのでいつもちょっとサービス)の時、出会った。
 ウィペットって近くで接したの初めてだけど、メイちゃんは本当に物静かで、リードなしでぴったり飼い主さんに付いて行く。特にしつけた訳ではないそう。
 
PICT4216.jpg
 こんな感じでいつもいつも飼い主さんを見つめてる。なんていじらしい。

 メイちゃんはちょうどヒート中で、ミカもメイちゃんのフェロモンにくらくら。
お尻ばっかり付いていって、興奮のあまり口からあぶくまで出す始末。

 もちろんマウンティングもやりだそうとしたので早々にお暇する。

 メイちゃんは、ありがたいことにしつこいミカにもそんなに嫌がらずに付き合ってくれた。
ウィペットにしてはちょっぴり太めのメイちゃん。そして今がヒート中。
そんなせいもあるのかもしれないけど、広場で犬かけっこをした時、ウィペット相手に引けを取らないスピードで互角に渡り合う。
 恐るべし、ミカの脚力。
 あまりにも二人の走りが見事で、写真撮り忘れた。





テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

千代田堰堤 再び

 この間、千代田堰堤から見えていた黒い鳥。
あれはなんだろう?
どうも気になる・・・。

家に帰って野鳥図鑑を見ても、ピンと来る鳥がいないし。
そんなんでうちにあるショボーイ望遠鏡片手に、もう一度堰堤へ行ってみた。
こんどはぶどう味のソフトはなしで。

写真は私のカメラじゃぜんぜん撮れないのであきらめるとして、まずはこないだ撮り損ねた堰堤や、橋の写真を。

PICT4203.jpg
この橋をこう・・渡っていったんだけど、物見橋っていうのかなあ。
車は通れない。

PICT4206.jpg


堰堤はこんな感じ。
PICT4208.jpg
 杭みたいにちょこんと首を出してるのが、なぞの水鳥。


 で、鳥だけど、やっぱりよくわからない。
鳥は目がいいので、私が堰堤近くに寄っただけでも、すぐに移動して望遠鏡の可視範囲を超えてしまうし。
「ヒメウ」「クロガモ」。図鑑を見るとこれに似てるような気がするんだけど、海鳥なんだよね、この種類。
うーーん。



テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

半年

2010.09.13 07:07|2010.りき 最後の年
 りきが逝って半年が経った。

長かったか、短かったか、よくわからない。

 大事な人が亡くなると、思い出の品をそのままにして生存していた痕跡を残すタイプと、一切合財封印してなるべく意識の外へしまっておくタイプと、大まかに二つに分かれるような気がする。私はどっちかっていうと後者のタイプだ。

 りきが逝った日に、りきの思い出の品は最後に着けていた首輪を残して全部処分した。
写真はアルバムに収めて、表に出ている写真は二枚だけ。それも極力見ないようにしていた。

 食欲も落ちないし、夜も眠れるし。
でも、車を運転している時に必ずりきの事を思い出して、それから泣いた。止められなかった。
頭ではりきが逝ってしまったことを理解していても、体はなかなかそれを認められないようだった。
「どうしていないんだろう?」に始まって、いろんなことを考えた。いつもいつも。
考えたってどうにもならないのに。
理屈で心は納得しないんだって事を嫌ってほど味わった。

自分を哀れんでるだけだ。
悲劇のヒロインぶってるだけ。
泣いたってりきは戻ってこないし喜ばない。
そんな風に叱咤してみても、変わらなかった。

別に誰かに慰めて欲しい訳じゃない。
慰めてもらったところで、この気持ちが変わる訳じゃない。
以前と比べて、自分には過ぎるほどこのブログを更新してるのも、りきの死と無縁ではないと思う。


でも、小さな変化が起こった。
なぜかもうどうしようもなくなって、家に帰ってからも大声を上げて泣いた日があった。
確か9月5日だったと思う。もう本当に我慢できなかった。
いない事が、会えない事が、切なくて悲しくて。自分に出来ることがなにもないことも。

目が覚めた後の顔はそりゃあヒドかったけど、なにか不思議な・・気持ちが胸の中に湧いてきて・・。

りきは逝ってしまったけど、でも私の胸の中に、魂の中にちゃんといるんだ、という、
それこそ世界中の人が口にしているその言葉が私の中に実感として生まれてた。
その日の朝だったかな。
あの日以来はじめてりきの夢を見た・・ような気がする。はっきりと覚えてないんだけど。


その日から以前みたいな泣き方をすることがなくなった。
もちろん今もティッシュ片手にじめっとしてるけど、でも前とは違う。
わかるまでに流す涙の量って決まってるのかな。

愛してるよ、りき


PICT4003.jpg



テーマ:ペットロス
ジャンル:ペット

昆布刈石展望台

2010.09.12 19:44|犬とドライブ(旅行日記)
 連休二日目。
今日は、以前なにかの雑誌で知った、浦幌町の昆布刈石展望台へ。
場所もイマひとつ。展望台もどんなイメージなのかイマひとつ。

とりあえず行くべ!

最終ルートR336を海岸沿いに北上すると、なんと途中からダート道に変わる。
まぁ!こういう道大好き♪
そのとたんに空を横切るパラグライダーが。

PICT4148.jpg
  うわぁ!(これ、奇跡の一枚)

PICT4165.jpg
 断崖から飛び立てば下は海。気持ちがいいだろうなあ・・。


なんとここにはこんな基地があったのでした。
PICT4202.jpg


「黄金の滝」って看板につられて降りてみる。
PICT4150.jpg
 この道を下っていくと・・・

PICT4153.jpg
 ここが滝のてっぺん。私とミカは滝のてっぺんから海を見下ろしてるのであった。

 この「黄金の滝」は落差50m。夕日に染まる姿からこの名前がついたらしい。
下から眺めてみたかったけど、残念ながら道がわからず。

PICT4152.jpg
 これが「黄金の滝」からの眺め

でもね、ここかなり危険。簡単に滑落しそうな場所。それはもちろん自己責任だけど。
がっちがちに柵で囲って「危険!」とか立て札してないのんびりさがいいなあって思った。

続きを読む >>

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

千代田堰堤

2010.09.11 12:20|管理人日記
今日はミニミニドライブ。
近場の千代田堰堤へ。

 ほんとうはこの堰堤のそばにあるお土産屋さんで、ぶどう味のソフトクリームを食べたかったから。
250円のソフトクリームをミカと食べ食べ、ぶらっと千代田堰堤の橋を渡ってみたりする。
(ああ!千代田堰堤の橋の写真がないし・・)

PICT4130.jpg
   橋から見た千代田堰堤

 ここで鮭の遡上を見ることが出来るらしいけど、確か疲れきった鮭達はなかなか上がれないんじゃなかったっけ。
千代田堰堤は水量管理などの目的で作られたらしいけど、いろんなことを考えて少し複雑な思いがする。千代田堰堤に限ったことじゃないけど。

PICT4127.jpg
   下流

目を凝らすと・・・
PICT4132.jpg
右手に水鳥のコロニーらしきものが

PICT4134.jpg
   飛び方は雁に似てる。でも体が黒っぽくて、嘴が黄色。ちょっとウみたいな・・。



一方橋の上には・・。
PICT4131.jpg
   白鳥の落し物かな?


PICT4136.jpg
   小さなガーデン


この日は蝶の日だったみたいで、いたるところで蝶が二匹でダンスするみたいに飛んでいた。

PICT4141.jpg
   薄青いスポットが実際は光ってるように見えてとても綺麗

PICT4142.jpg
   この蝶の黄緑色の綺麗な目を写したかったんだけど流石に難しかった

PICT4143.jpg
   マリーゴールドがこんなに豪華に見えるなんてなあ!

テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

タグ:千代田堰堤

旭岳へ行く 1

2010.09.09 20:28|犬とドライブ(旅行日記)
 9月8日。先日ちょこっとこの日記に書いたら、どうしても旭岳へ行きたくて、急遽旭岳へ行ってきた。
旭岳は、先日の「白金温泉」と殆ど同じ場所(と言っても30キロ近く離れてるけど)

 旭岳は日本で初めて国立公園に指定されたという、標高2291mの山。
この山に普通に入れるシーズンはとても短い。
夏は6月末に山開き。通常は8月の末から紅葉が始まり、10月中旬には頂上は雪に覆われる。
 
 とにかく混み合うのが嫌いなので、9月中の平日で天気のいい日っていったら、今日くらいしかない。

「よし、今日だ!」
勢いに乗って朝の6時半に出発。
高速に乗ってまず十勝平原パーキングエリアでトイレ休憩。
 ここはドッグランもあって、ほんとにすばらしいところなんだけど(車中泊にもオススメ!)
トイレがまた乙女チック。
PICT4040.jpg
 ずっと「トイレの神様」が流れてた

全体的にこういうノリで飾られてる。

トイレの入り口にはそれぞれの犬種の名前。そして中には・・。
PICT4038.jpg
 こんなペーパークラフト(^_^)

きっと犬好きな人が考えたんだろうなあ。

そしてドッグランの中には・・
PICT4042.jpg
なんてご親切な!(;_;)
(ドッグランの写真がないので昔のファイルを探していたら、おんなじゴミ箱を撮ったものがあった。よっぽど感激したらしい(笑))

PICT1913.jpg
 これは去年9月の写真




休憩を入れて大体四時間後、11時近くに旭岳ロープウェイ乗り場へ到着。
曇り。外気温18度。


テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

旭岳へ行く 2

2010.09.09 20:27|犬とドライブ(旅行日記)
 同乗していたミカは残念ながら旭岳に登ることは出来ない。
 車外か、車内か少し迷う。
 昔はりきがいたから、ちょっと奥に入った林の中で待っててもらったこともあったけど、今のミカならたぶん耐えられないだろうと判断。
 この天気なら車内へと決めて(車外はもしもリードが外れたら、あるいはいたずらされたらのリスク。車内は温度上昇による熱中症のリスク)


 こういうときやっぱり連れてくるべきじゃなかったかも・・と後悔したりする。
とりあえず曇りのうちに!とロープウェイに飛び乗る。

 10分ほどロープウェイに揺られて、姿見の池駅に着いたら、外気温9度。
数日前まで32,3度の世界に居たのが信じられない。
 しかし、数回ここを訪れた経験から対策はバッチリ!

PICT4051.jpg
 薄着でもいいのだ。重ねるものを用意しておけば。手袋、帽子(紐付きがいいよ。風が強いから)、レッグウォーマー、厚手のパーカー、ネックウォーマー、ウィンドブレーカーは私の体験では一番上より、パーカーなどの下に着たほうが暖かい。 


PICT4066.jpg
「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれる旭岳中域。なだらかな斜面が広がる



PICT4047.jpg
 今年は暑さのせいか、例年より紅葉の時期が遅れ、もみじにはまだ少し早かった。


PICT4056.jpg
 チングルマの種?

PICT4057.jpg
 夫婦池(画面左の擂鉢池と右の鏡池を合わせてこう呼ぶ)
 晴れた日に鏡池から旭岳を望むと、見事に旭岳がこの池に写るらしい。見てみたい。

PICT4048.jpg
 澄んだ擂鉢池

PICT4058.jpg
 目の前に雲が


 せっかくの旭岳。曇天で姿を見ることが出来なかったので、以前撮った写真をUP

sugatami.jpg
 姿見の池と旭岳

asahi1.jpg

 さて、予報どうり雲が流れて晴れ間がちらほら見えてきた・・ので、そろそろ車に戻ることにする。

 車中は平温で、ミカはいつものように丸くなって寝ていた。ほっ。
駐車場の人も気にしていてくれたらしく、「大丈夫でしたよ」と。(涙)

 駐車場を出る前に、少しミカを出して近くの林の中で散歩をしたんだけど、ミカの事を気にしてくれていた駐車場のおじさん二人が
「おっ。くろちび 出てきた」
「あれあれ。くろちび ちっさいな。おもちゃみたいだわ」
なんて話してて面白かった。

くろちび 

まんまだわ(笑)。





PICT4076.jpg
 ミカと二人で見た旭岳。

今度は頂上まで上ってみたい。

テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

タグ:旭岳 ロープウェイ

旭岳へ行く 3

2010.09.09 20:08|犬とドライブ(旅行日記)
 さて、帰り道にちょっと助手席をフルフラットにしようかな・・なんて、目に付いた「望郷広場」へ入ってみる。
忠別ダムを作るにあたって、元住民の皆さんの思いをしのび作られた記念広場らしい。
でも一番目に付いたのはヘリポート。

heriport_20100912091838.jpg

 どうしてここに?と思っんだたけど、先日の天人峡の陥没道路で孤立していた天人峡温泉の方たちを救い出したヘリが乗り入れしてたところがここなんだって。驚いた~

PICT4078_20100912091837.jpg
 距離にしてこんな感じ。赤い三角が旭岳。 赤丸が天人峡。けっこうな距離ですよ。
この場所にヘリポートって、なにか根拠があって作られたのかな。実際役立ったもんね。



 そして、ハナちゃんは軽快に十勝を目指し、いよいよ富良野へ入ったころ。
ここもまた私のハートをくすぐる界隈。いい味だしてる町なんだよねえ。山部町。
(本当は山部地区。昭和41年に富良野と合併した)

PICT4097.jpg
 小さなお祭りしてた。服に写った影がかわいい


PICT4100.jpg
 近くで旗も風に翻って

PICT4096.jpg
 はーー。もうどうしてこんなに写真がヘタクソなんだろう(涙)。
この古い雑貨屋さんのお祭り用に吊り下げられた赤いちょうちんが、とってもお店に似合ってて素敵だったのに!
 中に居た店主のおばあちゃんが、道向かいにいた私に「?」て顔して、写真撮らせてくださいね、とジェスチャーで挨拶した私にニッコリ笑って頭を下げて下さり、その姿がまたとても素敵だった。


PICT4102.jpg
 ヨーロッパの山小屋風・・な山部駅。ここから芦別岳登山道が近いらしい

PICT4104.jpg
 なんの工場だろ?

PICT4106.jpg
 駅前の自転車置き場


PICT4107.jpg
 駅のすぐ前が民家で、こんなものも・・。



テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

タグ:望郷広場 山部駅

旭岳へ行く4

2010.09.09 19:40|犬とドライブ(旅行日記)
 さて、帰りは友人主催のドキュメンタリー上映会に申し込みをしたので、間に合わせるべく岐路急ぐ。

途中で前から入ってみたいな、と思っていたお店に立ち寄った。
ここはいつも開店前か閉店後に通るので、いつも入ることが出来なかった所。
(ああ・・・またもや全体像がない・・・・)

 私はなぜかずっとこちらを「おにぎりとコーヒーを出す店(めちゃくちゃな取り合わせ)」だと思ってたんだけど、もちろん違いました。
 なんでこんなこと思ったんだろ(汗)?

YAMABEJI(やまべじ)さん
 山部町にあることとベジタブルをかけて店名かな?
 地元野菜とちょっとした軽食を出しているお店。
PICT4085.jpg
 どれもみんなおいしそう!

PICT4090.jpg
 お店の背後に広がる夕張山脈


PICT4087.jpg
 オープンテラスでおいしいコーヒーを飲みながらボーっとしてたら、通り過ぎた青いトラクター

PICT4092.jpg
 くろちびミカの足元に落ちているのは、松ぼっくり

 こちらは10月17日までなんだって。シーズン中にまた行きたいな。

急ぎ足で駆け抜けてきたけど、素敵な秋の一日でした。



テーマ:北海道 道北
ジャンル:ペット

タグ:やまべじ YAMAVEJI

最近の金太、そしてミカ

 金太の好み、変わったなーって思う。
昔はキュウリとか、キャベツとか、癖のない緑モノが好きだった。

 でも今はセリとかハコベとかが大好き。
ハコベなんて昔は見向きもせずに枯らしてたのになあ。

あれだろか、大人になると味覚が変わるって、鳥も?

「この苦味、ひよっこにはわかるまい。モグモグ」って感じ?

PICT4000.jpg
 私がいることも忘れ、ハコベに飛びつく金太


 そしてミカ。
やっぱり粗相。
今回はなんとベッドルームのマットレスの角に!(二回目だけど)

 なんでだろう?う○ぴは今までどうりトイレでするのに。
やり始めたのは、りきが立てなくなってオムツ生活になった後半あたりから。
 床じゅうに、オムツからもれてしまったりきの排泄物の臭いが、きっとどんなに洗ってもミカにはするんだろうなあ。
床をトイレと思っちゃった?
 なんてあの時は思っていたけれど、やっぱりそんなことじゃないみたい。

どうしたらいいのかなぁ。

PICT4025.jpg
 アイツのおかげでこの洗濯物。きぃ!

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

蒸気機関車 C11型171号が走った日

2010.09.07 07:07|管理人日記
 9月3.4.5と三日間だけ、帯広⇔池田間の釧路線を蒸気機関車C11型171号機が走った。
これはそのときの写真。

 なんせ地元だから、だいたいどこら辺が鑑賞ポイントかなんてすぐわかっちゃう。
でも、さすがに初めに考えていた、古い跨線橋前には役場の人が立っていて、この期間だけ立ち入り禁止。
なるほど、物が相当古いので事故を考えてのことらしい。

 うわ~それじゃ間に合わないかも!
次のポイントに走る走る。

PICT4009.jpg
 すでに鉄男、鉄女さん達が・・・。

 遠くで汽笛が聞こえたなーと思ったら、遥か彼方から煙が立ち上ってるのが見えた。



PICT4011.jpg
 来た来た!

 眺めたのはほんの一瞬。
 駅を通過するときにまた汽笛が「プワーーーー!!」

PICT4016.jpg

 えー。これは何の写真家といいますと、汽笛の後で今度は空からエンジン音。
小さな飛行機が鷹みたいに飛んでたので、それを写したかったんだけど・・・。
悲しいかな私のコンデジは、明るいところでほとんどモニターが見えないので、こんなことに(>_<)。
 この路線を蒸気機関車が走ったのは38年ぶりなんだって。


 仕方がないから地面を見渡してみた。

PICT4022.jpg
     刈り取られた猫じゃらし


PICT4024.jpg
     ツユクサ 暑い暑い日差しに一服の清涼剤

 ちょっと間に汗でベタベタ。
すぐにシャワーを浴びたけど、その間歌ってた鼻歌は、「銀河鉄道999」だった。
やっぱりね。


追記
 それにしてもなんだろうなあ・・。
最新機器もすごいなーって関心するけど、蒸気機関車とか、ほかにも何ていうか・・作ったあとも、人間の手と多く関わる機械のほうに愛着を感じてしまう。 私はSL世代じゃないのにね。
 これくらいの進化が本当は人間と相性のいいバランスなのかな。


テーマ:北海道/道東
ジャンル:地域情報

あれこれ

2010.09.06 22:07|管理人日記
Ⅰ. 職場のドクターが出張土産に買ってきてくれたクッキー
 仙台は行ったことないけど、「お土産さんはやたらこんなのばっかりだったよ」とドクター。

「そだよねー。初めての地元球団だし、他のものないから力入るよねー」
って言ったら、同僚たちから
「ちがうしょ!仙台には”ベガルタ仙台”があるしょ!!」
とソッコー返された

「えっ。それはJ-1なの?」
と尋ねたら
「J-1だよ。コンサドーレより上!」
との事でした。
あら~(汗)。だってサッカーはよくわからないんだもん。
それにしても、なんであんたらそんなに知ってんの
rakuten.jpg
 味は普通だけど、単純にウレシイ♪
 まーくんの故障や打線の沈黙などなど、今年はイマひとつぱっとしない楽天だけど、岩隈さんは通算100勝も達成したね。嶋さんも急成長!
 力を溜めて来年に期待!(もう諦めているエセファンなのであった)



Ⅱ.携帯 プチデコ 秋冬バージョン♪
PICT3964.jpg
 ちょっと前までカキ氷に白熊だったんだけど、もうそろそろ夏は終わりにしようかと




Ⅲ.帯広市のマンホールの蓋
PICT3926.jpg

川あそび

先日札内川でミカと散歩したときのこと。

ちょうど干潮で、札内川は遠浅になっていた。中州まで渡って涼んでみたり。
kawa1.jpg

 でもこれは、川から上がって「はっ!そうだ!」って川岸から撮った写真。
川の真中から見たらもっともっと素敵だったのに(>_<)!
もうカメラはいつも首からぶら下げておこうか。


kawa3.jpg
 子供たちが課外学習で、水辺の東屋で虫や魚を採っていた。
ぐるっと川を散歩していたら、いろんなところに散っていて、あれは先生回収するの大変だろうなあ(笑)。



kawa5.jpg
 ススキもあちこちで


kawa7.jpg
 イタドリの花?







オ・マ・ケ

 よく立ち寄る農家の花屋さん。午後の日差しが綺麗だな~と思って。
hanaya1.jpg


 この景色の中で私が一番気に入ってたのがこれ
hanaya3.jpg
なんていうモノなんだろう?給水桶?
パイプの先からポタポタ水が垂れてた。きっと一眼なら撮れたね



でも、そう思ってたら光を反射して素敵なもの見せてくれたよ
hanaya2.jpg


あれ。あんまり「川遊び」じゃなかったね(汗;)









テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

さんぽみち


憧れの庭
PICT3977.jpg




生垣で育てるかぼちゃ
PICT3981.jpg



いつも眺める用水路
PICT3961.jpg





ぶどうとミカん
PICT3987.jpg





白いムク犬空を走る(わかるかなあ)
PICT3995.jpg



夕暮れ
postsora.jpg


 いっそ載せない方が・・?な合成写真↑だけど、いつも使ってるJTRIMで、限りなく手作業に近く頑張ったんで記念に!
 ドラッグして動かせるともうちょっと楽なんだけどな。(リアルプレビューできないので、数値をちょっとづつ変えてはまた確認 の繰り返しだったのだ)
 でも、フリーソフトでこの充実機能って素晴らしい。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

ある日

ミカがいる
mikato1.jpg





ミカがいない
mikato2.jpg





ミカがいる
SN3N0006.jpg




ミカがいない
SN3N0005.jpg









 ぜんぜん違うね



テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。