What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌最終日

2011.01.31 20:55|管理人日記
 今回は、セミナー・入院それに関わることも含めて、本当に色んな体験をしたんだけれど、そういう内面的な部分はまぁじっくり味わいつつかみ締めつつ、表面的な部分を総括(笑)。


 ワタクシはやっぱり荷物の選択が上手だわぁと再確認。
用意したものを全て使いまわし、なおかつ要らないものがなかった・・と自画自賛。
 下着なんて100均の紙パン持って行っちゃったもんね♪
タオル類はもちろん手ぬぐいで。
 あと今回もゴアテックスの登山靴が、足場の悪い札幌のフィールドで大活躍。もうこの靴は第二の私の足だと思った。
 基本車中泊、キャンプの荷物工夫が役立ったぞと。


 札幌では殆ど出歩くことが出来なかったけど(当たり前か)、ことに印象的だったのが電鉄で働く皆さんの制服。車掌さんとかね。
 十勝にいると全くといっていいほど電車を利用しないので、久々見る私鉄やらJRやらの制服が新鮮で!
JRのコートなんてほんとに銀河鉄道999の車掌さんみたいなんだもの。
地下鉄の茶色の制服も素敵だったな。

SN3N0010_20110130231141.jpg
 電線に止まる雀みたいにぴったりならぶお姉さん達

冬の北海道と鉄道ってなんだかお似合いです。





で、こちらはなんとか、やっとの思いで外出した折に訪れた、隣駅にある北海道神宮。
PICT5787.jpg
今日は丸山公園を通り抜けたコースから



PICT5791.jpg



PICT5790.jpg
 もうそろそろ閉門かという頃


PICT5839.jpg
 社務所で求めた梅酒。神宮の梅林で採れた梅から作られた梅酒なんだって




PICT5794.jpg
 北海道神宮の駐車場脇にある食事処「めめ」さん 

 閉門に合わせて閉店するので残念ながら入ることは出来なかった。
豆腐料理のお店なんだけど、店の窓からは神宮の杜を眺めることが出来て、お料理ももちろん美味しいし、お気に入りの場所。


 今度は是非純粋に観光で!
 丸山動物園も、今年の四月末から爬虫類館を新築充実させるって行ってから、もう絶対行かなくては。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

タグ:北海道神宮 とうふ工房めめ

肝血管腫(前半)

2011.01.31 20:30|管理人日記
1月17日(月)~21日(金)

 札幌の総合病院へ一週間の検査入院。
 発端は去年6月の職場検診。
エコー検査で初めて「5センチ大の肝血管腫がありますね」と指摘されたこと。

 肝血管腫:要は肝臓に出来た血管に富む海綿状の良性腫瘍のことなんだけど、比較的よくある病気で・・病気・・というか、まぁ大雑把に言えば肝臓にこぶが出来たようなもの。
大きさはまちまちみたいだけど、平均4センチ以下程度。
 ほどんどのケースでは大きくなることはめったにない。

 私の場合も以前からこれを指摘されているのなら、特に気にもかけなかったんだけど、初めて見つかってしかも5センチ大とは、決して小さいほうじゃない。
 仮に以前から実はあったとして、前年度の検査から一年で急激にこれだけ大きくなったとすれば、悪くして肝癌?そのまま肝血管腫だとしても破裂の危険が高いんじゃ?

 なーんて思いながら、まあ血管腫だしねえ・・なんて精査はせずにのんびり構えてた。

でも11月の半ば頃からだったかな。
なんだか左のわき腹中に違和感を感じるようになって。
痛みでもない、なんだろうこの違和感??
そーいや、血管腫あるんだったな。
もしやまた大きくなってる?なにか異変が起こってるのかな?

って流れから急遽勤務先の病院で検査してもらい、手術の可能性も考えて札幌の総合病院を紹介していただき、そちらで精密検査をして病態を見極めることになった。
 つまりほんとうに血管腫かどうか。だとして手術の適応かどうか。
 

 検査はだいたい一日に一つ。
造影CT、造影MR、シンチグラフィー、造影エコーなどなど。

 いつもとは逆の立場で一週間。
遊びに来てるわけじゃないんだけど、体は特に弱ってないので、一つの検査こなしてあと延々することがないのも持て余したなあ。
折角札幌に久しぶりに来てるのに。
しかも検査入院でかなりな金額になるのに。
何もせずにいるなんて・・(涙)

SN3N0006_20110130231042.jpg
 写真は・・・病院の売店が結構充実してた画像を張ろうと思ったんだけど、誤って削除に付き、なんとか一回だけ外出した先で見つけた十勝では見慣れぬパンのメーカーを。


SN3N0009_20110130231142.jpg
シロクマパン?知らないなあ。
でも美味しかった♪

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

タグ:肝血管腫

肝血管腫(後半)

2011.01.31 20:25|管理人日記
 順調に行くかに見えた検査だったけど、それなりに出来事もあった。

 私は目立たないながらアレルギー体質で、イソジン消毒にかぶれ、ラテックス(ゴム)にかぶれ、アスピリン系の薬を飲むと、軽く気管が浮腫を起こすアスピリン喘息の気がある。
 もしも手術をするとなると、一般的には、術野(手術する範囲)をイソジンで消毒し、滅菌手袋は通常はラテックス製。痛み止めにはアスピリンを使ったものも多い・・のだkれど、ここら辺からネックになってくる。そういうケースも対処可能だけれど、兎に角一般的に使うようなものが使えない、ちょっとめんどくさい体質。

 今回心配だったのが、検査の殆どが造影剤を使って病巣を画像化するものだったこと。
これは場所や大きさ、性質の特定の為には避けられない検査なんだけど、造影剤の中にはヨードを使用するものもあり、前述のイソジンという消毒液はその「ヨード」の消毒効果を利用したもので、それに被れたということは、私はヨード系の造影剤に過敏症の可能性が高いということ。

 もちろん問診時にそのことは相談していた。
 とはいえ、昔の造影剤と違って今は濃度を変えたりして副作用の発現はかなり抑えられているし、担当医も検査の必要性も含めてやってみましょうということになった。

 でも残念ながら出ちゃったんだなあ。
 最後の検査で造影剤の点滴をした30分後に、尾篭な話で申し訳ないけどまず下痢が始まり、ちょうどその日の朝に下剤を飲んでいたので『あれのせい・・かな?』とも思いつつも足にぽつんと一つ蕁麻疹様の膨瘤疹を発見。

『んん?なんだか嫌な予感がするなあ・・』

 検査を受けるためにエレベーターに乗ったあたりから、吐き気と目がチカチカする感覚、視界不良。

『きった~~』

ヤバイ、倒れると思って慌てて途中の階で降りて目に付いた職員の方にレスキュー依頼。
そのまま病棟へ運ばれて、対ショック用の治療を受けたんだけれども。

 私は循環のほうに来るタイプのショックを起こしたけれど、呼吸のほう(=気管が急激な浮腫を起こして呼吸困難あるいは窒息になる)に来てたら完全にパニックを起こしてた。
ある意味ラッキーだった。

 そんなこんなで過ごした一週間だったけど、結論として

病名:肝血管腫(5.5センチ)
場所:胆嚢の近く(肝臓の裏側。真ん中付近)
リスク:①出血の危険性(外部刺激によるものが多い) ②肥大による他臓器圧迫の弊害(血管含む)
    頻度は低いけれど、出血した場合約50%の致死率


とまあ、初期の見立てとさほど変わらぬ結果になった。
 私は外科に掛かったので、外科医はやっぱり手術を積極的に考える方向。
どのように治療するかの選択肢はもちろん患者にあるので、切らなければいけません、切るべきですとまでは言わないけれど、リスクを抱えるより、悪いとこ分かったんだからさっと取っちゃいましょうよ、という意向。
 一方最後にエコーしてくれた放射線科医は、この血管腫は急激に大きくなったのではなくて見逃されていたのではないか。場所がかなり難しい位置にある。
 通常血管腫はどんどん大きくなることがない。破裂というのも、自分がいままで経験した中ではない。
という見解だった。

 個人的にはなるべく手術はしたくない。
開腹手術をすると、将来的に腸管が癒着して腸閉塞を起こす確率が高くなるから。
そうじゃなくてももうすでに一度開腹手術してるしね。

てことで、とりあえず半年後の検査で経過を見ることにした。
この見極めのための料金、プライスレス・・・な訳なく、6万8千円チーン
 健康ってほんとうに大事だ。

SN3N0017_20110130231141.jpg
 これは日付と関係なく、十勝に帰ってきてからであった日輪
でもこうして見ると丸い虹みたいだね。

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

タグ:造影剤 ビリスコピン ショック

ちょこっとホテルのこと

2011.01.30 22:43|管理人日記
 1月15日、16日の二日間、宿泊したのは大通りにある「ホテル トリニティ」。
三位一体ホテルってすごい名前だな(笑)。

 素泊まりで一泊4500円。
 内装もシンプルで落ち着いたつくり。100mほど先にテレビ塔。
 地下鉄の出入り口がすぐ近くにあり、東西線への乗り換えも便利。

 次回札幌宿泊する時はまたここにしよう、って思えるくらい気に入っちゃいました。

PICT5785.jpg
 この写真だと素敵さがぜんぜん出てませんね(汗)



PICT5783.jpg
 ロビーも狭いながら落ち着いた雰囲気で寛げる


※あ、ランクは限りなくビジネスホテルに近いんじゃないかなあ。
 そういうホテルという意味でオススメです。



ホテルリソルトリニティ札幌
 地下鉄南北線 出口2番
 「花畑牧場」の横

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

アニマルボディトーク

2011.01.30 19:02|犬と健康
 旅のスタートはまず「animal body talk」というセミナー参加から始まった。

 これって私がこのふくみみ草子の前身HPを始めた頃にネット上で知り合いになった、当時のHP「ぢょんのえ日記withちゃこ」(現在「ワンズハーツ」)の管理人さん なよさんのブログ記事から知ったセミナー。

 いままでもずっ感じていた「西洋医学ではどうしようもないこともある」ということを、りきとの別れで強く意識した。りきの事に関しては今でも後悔している事がたくさんある。
それは、どんな方法を選択したところで、別れを体験した人が必ず抱く思いかもしれないけど。

 西洋医学を否定する気はまったくないけれど、たとえもしも助からない状況であったとしても、それが病気であれ老衰であれ、少しでも安らかな経過を辿っていくことが出来たら。
 ミカともいずれ、何らかの形でお別れを言うときがくる。
その時にりきに残した後悔を違う形で消化できたら・・・。
 漠然とそんなことを思っていた時に出会った記事だったから、薬や器具を使わずに、動物の自己再生力に働きかけて治癒力をUPさせるアプローチに大いに惹かれるものがあって受講することにしてみた。

 
 一日目は主に机の上で概論と基本手技を勉強。時々体験談を織り交ぜながらの7時間。

 講師はカナダ人のルーシャ・ジェイコブさんという女性で、ドッグトレーナー、このアニマルボディトークの指導有資格者、アニマルコミュニケーターという肩書きを持つ、パワフルで気さくな女性だった。

 そしてこの場所で初めて「なよさん」と対面。
ネットで言葉を交わしてから実に7,8年後の出来事。
セミナー後も滞在するので極力荷物を減らしたかった私の為に、セミナーで使用するぬいぐるみも用意してくださり、見るからに温かそうなお人柄の方だった。
ご縁の不思議さをしみじみ感じながら受講。

 ボディトーク(アニマルも含め)自体は、にわか仕込みの私がここでアレコレ書くより、本家HPやなよさんの記事を見たほうが正確かつ分かりやすいと思うので、下記にリンクしておくとして。


 アニマルボディトーク(ボディトークアクセスも同じく)は一言で言うとエネルギーワークだ。
アメリカ発祥だけあって、きちんと理論的に説明されているし、症例も多く挙げられている。
私はちょっと「気孔」に似ているところがあるな、と思った。
でもこういう類のものは目に見えるものではないだけだけに、信じるか信じないかの世界で、相性もある。

 ☆ ボディートークアクセス
 ☆アニマルトークアクセスセミナー一日目報告(「ワンズハーツ」より)
 

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

アニマルボディートーク二日目

2011.01.30 19:00|犬と健康
 1月16日(日)

 今日はペットを連れて実際に昨日学習したことを復習体験するという内容。
札幌は連日不安定な空模様で、いつ雪が降ってもおかしくないような曇り空。
 旭川在住のなよさんは、本日ぢょんくん、ちゃこちゃんを連れてくるために、遠路一旦自宅まで戻り、今日の早朝出発して札幌を目指すという。
 岩見沢地区は悪天候に高速が閉鎖される区間もあり、気を揉んでいたけれど無事に到着。
途中で高速を降ろされ、悪路の中進んできたとの事。少々分かりにくい会場だったので、ナビでも見つかりにくく心細かったと仰ってたけど、私ならもうとっくに心折れて引き返すレベル。強い人だなぁと感心する。

 
 セミナーの間、私はちゃこちゃん(GR7歳)に手伝ってもらい、なよさんはぢょんくん(ボーダー×シェルティ9歳)と。
 ちゃこちゃんはまさしく穏やかで落ち着いた大型犬のイメージどうりのお嬢さんだった。

J_C1.jpg




 セミナーの前半、見慣れぬ環境に吠えまくるぢょん君。
犬種からいっても仕方のないことではあるけれど、突出して興奮バウバウが激しいぢょん君になよさんも周囲を気遣ってかなり困っている様子。
 その後トレーナー資格を持つルーシャさんによって、ぢょんくんは見事に、驚きの沈静化を果たすのだけれど、そのことは文末のなよさんの記事リンクで見ていただくとして(また丸投げか)、初めてぢょん君の吠え声を聞いたとき、私はまさに雷に打たれたような気分になった。
 
 彼の声はりきにそっくりだった。
家族の、しかも何年も聞いてきた声だけに、りきの存命中、私は殆どの状況下で彼女の声を聞き分けることが出来た。逆に言えば他所の犬の声をどれだけ聞いても、それはただの音でしかなかったけれど、りきの声は私にとって音ではなくてメッセージだった。
 二人を並べて声を聞けば、違いに気付いたかもしれないけど、少なくともぢょん君の声は私の記憶の中のりきの声にそっくりだった。

 りきが逝ってから一年近く経って、こんなところでりきの声を聞くことが出来るなんて。
正直に言えば何度も喉が詰まって泣きそうになったけど、パートナー役のちゃこちゃんは私を労わるみたいにいつもそばにいてくれて、私はそのことにかなり慰められた。
動物は実際はどの動物達もたぶんそうなんだろうけど、ちゃこちゃんも私の心の動きに敏感で、なおかつどうすればいいのか良く知ってるみたいに見えた。
 動物のケアを学びにセミナーに参加して、動物にケアしてもらってる。
私達はお互い持ちつ持たれつなんだろうなあ。

 J_C2.jpg

 
 

アニマルトークアクセスセミナー二日目報告(「ワンズ・ハーツ」より)
☆ ボディートークアクセス

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

アニマルボディトーク 追記

2011.01.30 18:55|犬と健康
 アニマルボディトーク(ボディトークアクセスが本体)は、一種のエネルギーワークだって書いた。
代替療法の位置づけなんだと思う。
コンセプト的には未病から体を整えるのが一番望ましい形なんだろうけど。

ただ、今回受けたアニマルボディトークに限って言えば(講師のルーシャさんの方向性は)、
「この手法で全てを治せると思わないで、あくまで補助的に使っていく」
だった。
 たとえば治療中の動物にこの手技を施したほうが、より早く治る。
または導入がスムースだ。
という捉えかた。

 この考え方はとても大事だと思う。
先だってホリスティックケアを信奉していた助産師が、与えるべきビタミン剤を与えずに、レメディを与えて乳児を死に至らしめた事件があった。
同じ医療に携わる者としてとても残念な事件だった。

 何のために西洋医学は今までさまざまな研鑽を積んできたのか。
たった一種類のビタミン剤で救える命があることを発見したのに、この部分を否定したら、有史以来先人が多くの努力と犠牲を払って得た知識と技術が全て無駄になってしまう。

 そしてこの助産師はその行いで、救えるべき命を救わず、信奉するホリスティックのイメージも大きく損なわせた。
私はホリスティックの事はまるで知らないので軽率に療法について触れる事は控えるが、回復の手助けをする有効な知恵が多くあったかもしれないのに。


 この手の代替療法を信じる人の中に、たまに自分の学んでいるもので全て解決すると錯覚する人がいるみたいだ。そのように思わせる指導をしている団体もあるのかもしれない。
でも、古代の知恵を復活させるというのなら、古代の人は皆その知恵で病を治し、西洋医学がこんなに進化する必要なんてなかった。
せいぜい理髪師が外科手術で腕を振るったくらいだっただろうに。

西洋医学に限界を感じている人達が増えてきたからこそ、代替療法も近年目覚しく発達してきたんだろうと思う。
私も西洋医学が万能で全て正しいとは思っていない。
 代替医療に属するもの、西洋医学、東洋医学、全てのいい面が融合してこれからの医学になっていけばいいな、と思う。
 今はその過渡期なのかもしれない。
 
PICT5708_20110131091053.jpg
 今年のスケジュールノートにかけてるカバー
犬と鳥が一緒に居るのがお気に入り♪

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

一月半ばの一週間

2011.01.30 18:05|管理人日記
ふう。
やっとPCにまともに向かうことが出来た。
久しぶりだなあ!
たった半月ぶりなんだけど、このブログも習慣みたいになってるから、なんだか物足りなかったよ。

さて、半月・・というか正確には一月の第三週の間、とあるセミナーに参加し、そのご入院してました。
備忘録なのでそのことをしばらく綴ってこうかな~と。

時遡って、1月15日日の出前。
PICT5750.jpg
近くの駅から札幌を目指す。


PICT5763.jpg
旅のお供は小さなボストンバッグにこのリュック。
とかち2号に乗り換えて。


PICT5754.jpg
どんどん十勝を離れて西へ向かう列車。
日高山脈を越えてしまうと、おなじ北海道でも雰囲気ががらりと変わってしまう。



PICT5765.jpg


PICT5756.jpg

どんな一週間になるのかな?
少し緊張してる私。
まぁ、なるようになるさ。

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

ちょっとお休み中

2011.01.18 10:42|管理人日記

え~。うちのパソコンが不具合を起こしているのと、諸事情により、ちょっとお休み中です。
2月の頭から再開となりますか。

みんな元気にしています(^_^)

Pentax Optio H90が・・・。

2011.01.13 08:12|カメラの事・写真の事
特にダメージは与えてなかったのに、起動したらこんなことになってました。

oputio.jpg

なんていうんですか、コレ?
ドット欠け?

とりあえず保障期間中で良かった。サポートセンターに連絡しなきゃ。
検索していたら、同機種で同様の症状をUPしている記事が二三見つかったので、珍しいことでもないのかな?
液晶トラブルなので、撮影自体は問題ないんだけど、しばらくお別れ。
やっぱ私がKonica Minorta DimageX21ばっか使ってたのでハートブレイク(笑)?


それにしてもやっぱりディマージュは丈夫だなあ。
一度も故障したこと無い。
液晶もめちゃ小さくてガードされてるし、それも良かったのかな。
まあね。私の中ではぜったいの信頼感があるもの。
下手なりに、私が撮りたいな~と思った感触を上手く捕らえてくれるっつーか。
長年一緒の阿吽の呼吸でしょうか?

Konica Minorta のカメラ部門は2006年に廃止。
その技術はSONYが引き継いだんだって。
一眼レフは私には勿体無さすぎて買えない・・って思ってるけど、
Konica最後のα機、使ってみたかったな。

IMGP1133.jpg

・・えーと、療養中だというのにあまりコニカコニカ言うのも、オプチオちゃんが不憫なので、最後に撮った写真UPしとくか。
「花」モードで撮った枯れかけたラナンキュラス。
いや!違うよ!
花は枯れていくときもなんて綺麗なんだろうな~と思って撮った訳で。
別にテケトーに被写体選んだわけじゃないから!

あ、ついでに
PICT5743.jpg
これ、Konica Minorta DimageX21ちゃんで撮ったテレビ画面(電源オフ)。
観葉植物の葉っぱが写って墨絵みたいに見えたんだけど、感じ出すの難しいね。


テーマ:写真日記
ジャンル:写真

付き合い始めて・・

二ヶ月と半。
常に俺様モードで細かいことは気にしないタラちゃん。
ほんの短い時間の放鳥でも、タラちゃんが一度羽ばたけばそこはもうタラちゃんワールド
大変なこともあるけど、気を使われないのもあんがい気が楽だ。

カメラを向けるとすぐに
IMGP1121.jpg
「なんだなんだ?どしたどした?」

IMGP1124.jpg
空のカップがそんなに珍しいかい?


何かを見つけたら、その瞬間に手を出す=齧っているので、紙物はほんとに要注意。一切出せない。
PICT5742.jpg
あっちゅーまにアンティーク感漂う楽譜に変身(涙)


IMGP1128.jpg
ふふっ。もう一個カメラがあること知らないな?



 ミカの友達のつもりで連れてきたタラちゃんだけど、悲しいかなお互いライバルになってしまった。
ミカはもうただただタラちゃん怖しで近づかないし、近くに飛んできたら逃げ回ってる。
タラちゃんは私がミカに構うと追い払おうとして威嚇するし。
48g10センチの体で。
その向こう見ずな勇気はどこから生まれるのか。熱い鳥だ。

 この間なんて陽だまりで寛ぐミカの近くに忍び寄って、足を噛みに行こうとして。
タラちゃんの嘴力はまだ弱いし、本気噛みする前だったので、ダメージは無いに等しかったけど、流石に許せずに
「コラ!タラちゃん!ダメでしょう。どうしてミカ兄ちゃんをいじめるの?ミカ兄ちゃん何にもしてないよ」
と怒ると、それまで私にまとわりついて離れなかったのが
「ふ~ふふ~ん♪」
と、いきなりラグマットに付いたゴミをむしりとるふりしたくらいにして(笑)。


 そんなライバル ミカ兄ちゃんだけど、先日またもや家の家具にマーキングして、私にがっつり怒られた時、放鳥中だったタラちゃんは、肩から降りて私とミカの間を首を伸ばして行ったり来たり。
まるで
『どどどどうしたの、二人とも。落ち着こうよ、ねっ』
って言ってる様にも見えて可愛かったなあ。

PICT5737.jpg
 可哀相なタラちゃんの犠牲者をせめて可愛く撮ってみました(サンキャッチャーの光が当たってる)

追:
 タラちゃん、最近テレビのとあるCMにものすごく反応する。
これが始まると首を伸ばしてガン見。
何が気になるのかなあ?
  問題のCM 六花亭雪やこんこ (期間が過ぎれば見ることが出来ないかも)

テーマ:コザクラインコ
ジャンル:ペット

ニューフェイス発見

うーん。今日も寒かった!
ただ今、日本全土を寒波が覆ってるって?
久々日中-8℃台。
散歩してると鼻の中が凍ってシャリシャリすることがあるんだよね。
でも散歩でもない限り、冬場10分以上外にいることなんて殆ど無いからなぁ。
それってあんまり体にいいことじゃないよね。

 午前中の動物病院の帰り。そのまま向かった散歩道で素敵な四足のお仲間に遭遇。

PICT5710.jpg
ノーフォークテリアの「れおん」くん。5歳。

PICT5712.jpg


PICT5727.jpg
ミカの興奮(笑)。嬉しくって跳ねちゃうよ!



PICT5730.jpg
 以前アイリッシュテリアにも会った事があるけど、小さくても独特の貫禄があるよね。
また会えたらいいね、ミカ。


PICT5685.jpg
 寒いけど、冬の散歩は他の季節とちょっと違う、なにか素敵なとこがある。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

初 動物病院

2011.01.08 23:35|犬と健康
あんまりええ「初」じゃないんだけど。

ミカが最近続けて吐くようになった。
性状は胆汁様胃液。
吐くのは空腹時(朝食事前。私が夜勤から帰った頃)。
食欲普通。
便・尿回数、量、性状 変わりなし。

う~~~~ん。
下の記事「タラちゃんの冒険」にもちらりと書いたけど、
お預かりを想定して犬ご飯をドライフードに切り替えてる。
どうもそれから嘔吐が始まったような気がするなぁ。

空腹で胃酸過多で吐いたかな?
大事ではない様子だけど、お預けが控えているのでもしものことを考えて受診することにした。
前の健康診断で「胆石らしき影がある」と言っていたから、もしかしたら?とも思って。

ユニ動物病院はずいぶんな混みようでびっくり。
人気があるんだなあ。

先生はいつものように淡々と診察。
問診、触診、エコー検査。
「たぶんそのドライフードの消化吸収が早いために空腹時間が長くなったことによる(ある意味)健康的な嘔吐でしょうね。アルサルミンを出すことも出来るけど・・・まずその前に食事の回数を増やすとか、時間帯を変えるとかしてみましょうか。今回は薬はなしで。もしも続くようならまた来てください」

相変わらず無駄なことをしない先生である(笑)。
でもすごく納得の診断だ。

うん。ちょっとこの点改善して様子をみよう。

PICT5682.jpg
「別になんてことないよ?心配しすぎじゃない?」

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

タラちゃんの冒険

 近々うちの家族達を預けていかなければいけない必要が生じて、預け先をどうしようかと悩んでいたけれど、それぞれ預かってくださるあてを得てありがたいやらほっとするやら。
 
 特にタラちゃんは、ペットショップに預けるにしても、餌や水の交換以外にもちょっとしたケア(遊んであげる)が必要なので、それを引き受けてくれるところがあるかどうか頭の悩ませどころだったんだけど。
 今回引き受けてくださった友人は、セキセイインコを大事に育てている経験者で、インコ飼育にも詳しく、安心して預けられる。本当に良かった!ありがたい。

 タラちゃんを連れてくるとき、こういう事にまで頭が回らなかったけど、今後もこういうことがあるんだよね。
 連れてきた事を後悔はしていないけど、思い至らなかったなあ。
魚や観賞用のフィンチ類と違って、常に触れあいを求めるタイプのペットがいると、今後もなかなか遠出が難しくなるなあ。しかもこういう鳥を預かってくれるペットショップがこの近辺にあるかどうか・・・。
今後の課題だなぁ。

さて、今日はそのシッター先のお宅へ馴らし訪問。
ほんとうに大丈夫かどうかの見極めも兼ねて。

PICT5632.jpg
このバッグの中にキャリーケージが入ってる

PICT5634.jpg
 タラちゃん・・ちょっと怖いよ。車酔いしてないかな?

友人宅にお邪魔してみると・・。
PICT5637.jpg
 奥さん(友人)


PICT5651.jpg
 ご主人

 性別関係なく、いきなり飛びついて手乗り。「誰誰?何何?」って感じ。
まったく物怖じしたところが無い。

PICT5643.jpg
 お宅のセキセイにもビビることなく体当たり。
 ※友人宅にいるのは卵みたいに黄色い赤目のインコ(ルチノーっていうらしい)「翔君」と、真っ白で赤目(アルビノっていう)「雪ちゃん」。


PICT5646.jpg
「おおねえちゃん、見て!なんかスゴイよ」


 うちはそんなに人の出入りが多い家ではないし、あまり変化の無い環境で育ったインコは、預けるといきなり餌を食べなくなったり、萎縮してケージから出なくなったり・・・って育児本に書いてあったけど、ぜんぜん心配なさそう(汗)。
 むしろ訪問中は私のことなんて眼中になかった。新しい刺激に夢中でねえ。
いや、安心しました。


PICT5639.jpg
 タラちゃんはなんか大雑把ぽいもんね。
目がおっきいなあ!
よろしくお願いしますm(_ _)m

テーマ:コザクラインコ
ジャンル:ペット

聖☆おにいさん

2011.01.05 09:38|犬本・非犬本

FC2 トラックバックテーマ:「2011年の目標を漢字一文字で答えて下さい」
 えっと、私の今年の目標を漢字で表すと・・・
「煌(コウ)」かな。「キラメク」ですよ。今年はちょっとキラメイテいこうかな~と。
どうきらめくかはこれから考えます





 手塚治賞かなにかを受賞した時に知った本。
タイトルから『ちょっとスケベなお兄さんのギャグ漫画なのかなあ?』って思ってたの。
なんか頑張りすぎてちょっと痛そうだなあ。2ch関連のコメントも結構辛かったし。
 でも、とある筋から「イエス・キリスト」と「釈迦」の話なんですよ~と教えられ、むくむくと興味が・・。

 以前読んだ「夢をかなえるゾウ」に出てきたガネーシャとブッダの絡みシーン。あれかなり面白かったけど、もしかしてあんな感じ?
で、つい全巻・・。


いや。面白かった。全体的にゆるーい感じで。
でもどうして2chの人達があんまりよく言わないのかも分かったような気がした。
チャネラーさんたち、こういう手法既に普段から使ってるからなあ。
今更感が否めないというか。
私的にはもうそろそろ元ネタから離れて、キャラでストーリー仕立ててもいいんじゃないかな・・っていう。

あれ!
なんだろ、ちょっとこの評論家っぽい偉そうな感じ!
なんかキラメイテないような!



テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

一月三日のこと

 お正月は、大晦日から三が日まで結局元旦が休みだっただけなので、イマひとつお正月という気分でもないんだけど(サービス業の悲しさ)、それなりに楽しみました。
なんかするたびに「初!」「初!」言ってたしね(笑)。

 三日は夜勤明けだったんだけど、要りようがあって近場のホームセンターへ。
えっと「JOYFUL AK」なんですけどね。
こちらは、この近辺じゃかなりペットグッズが充実してて、そういうのが少ない十勝ではありがたいお店。

 以前にも書いたけど、買い物とかにもあんまり興味がないので「初売り」とか「福袋」とかも完全スルーなんだけど、三が日のジョイフルエーケーが結構楽しい!
 特設ブースとか作ってあっていろんなペットイベントやってるし。

札幌から来てたステッカー屋さんにミカのステッカー頼んじゃった♪
到着が楽しみ

 おや!なんかお得なセールもあちこちに!

・・・こうやって年末年始と財布の紐がゆるゆるになっていくんだなあ。
とりあえず、ホームセンターで初売りを楽しんだ初めての年だわ。

おかしいなあ。
もっと暖かい時間帯に散歩するはずだったのにね、ミカ。

PICT5622.jpg

PICT5613.jpg

PICT5617.jpg

PICT5619.jpg
 日が沈む前に帰ろうよ

追:
 最近、自分が楽天とかアマゾンとかでチェックした商品が、やたらフラッシュ表示されるようになってるあの設定。ホントに駄目!
 「オリンパス PEN Lite」を私の目の前にチラチラさせるのヤメて!

 昨日だってアマゾンで在庫1特価39800円のページから離れるのにどれくらい努力したか!
まだ財布の紐ゆるゆるなのに(>_<)!

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

明けましておめでとうございます

2011.01.02 01:00|管理人日記
 2011年 卯年ですね。
 実際には12月31日から次の日になっただけなんだけど、「新たに始める」「リセットする」って気持ちになる暦って凄いなあと思ったり。

kinga55.jpg
えーと、残念ながら十勝地方の初日の出はこんな感じ。
去年と同じくうす曇りで、もう少し日が高くなると出てくるんだよね。

PICT5603.jpg
初激写(笑)

PICT5607.jpg
 いつ咲くかな~と楽しみにしてたんだけど、なんと!元旦の朝に咲いてくれましたヨ!


PICT5612.jpg
帯広神社へ初詣

PICT5614.jpg
 今までは元旦早朝やシフトで翌日に参拝してたからあまり感じなかったけど。
元旦午後二時ってちょうど人が集まる時間なんだなあ。 参拝するのに20分近く待った。
こんなに人気の神社だなんて知らなかったよ。

 御神籤は「一番」「大吉」。
『ええ~~~っ!(動揺/笑)』

私はもっぱら寝正月。
PICT5601.jpg

気持ちは明日の箱根駅伝へ!




PICT5597.jpg

今年もよろしくお願いします

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。