What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の風景

 UPしようと思って忘れてた、一ヶ月ほど前の写真。
この頃から十勝はひたひたと寒くなって。


 買い物帰りに寄り道した始めて散歩の途中で不思議な場所発見
IMGP5777.jpg



 ここの住人は遊び心のある人みたい
IMGP5779.jpg



IMGP5783.jpg
 草の椅子の奥にはツリーハウスもあった!



IMGP5800.jpg
 十勝川にかかる橋、十勝大橋。




IMGP5785.jpg
 




IMGP5790.jpg
 水の色と空気感が一緒なんですから(;;)。いや気持ちもいいけど・・・。





IMGP5797_1.jpg
 キャンピングカーからでてきた旅人さんと。
これが音声付なら、BGMに必死で声を荒げて近づいてくる旅人のご主人の声が聞こえるはず(笑)。


>>今日撮った写真 Optio H90(Pentax)

いつでも里親募集中
スポンサーサイト

テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット

帰省 西寒田神社

2013.11.19 22:05|管理人日記
 宇佐神宮から実家へ電車で約1時間。
翌日父親の実家である熊本県へ。
私も三年ほど住んだことがあるけど、それ以来だからもう何十年ぶりだろう。

 この十勝限定免許の私が、九州の曲がりくねった田舎道を運転するんなんて!!

 で、この墓参りの写真はなし。まったくプライベート写真を撮る暇なんてなかったし。
ちょうど台風27号がそろそろ近づいてくるかという頃だったので、帰りはほ午後から雨。
心の中も雨模様。

 あと結構な道の駅を通過したので、スタンプ押したかった。
 子供の頃の記憶しかなかった道や、実家があんなに狭かったり小さかったことに驚いた。
墓参りでは父も涙ぐんでたな。行ってよかった。


 翌日も雨だったんだけど、神社好きゴコロがムクムクと・・・・。
父に車を出してもらって西寒田神社へ参拝へ。
北海道に住んでると忘れちゃうけど(北海道も歴史的にはUSA(アメリカの方)なんで)、本州は色んなところに歴史的な名所や神社仏閣があるんだよね。

PICT0610.jpg
 すっごく分かり難い場所にあって、これは私一人では絶対に行けなかったな。
 豊後の国一ノ宮。西暦200年代からの歴史。




PICT0605.jpg
 宇佐神宮の華やかさとは違って、こちらはまさに古刹という感じ。





PICT0613.jpg
「万年橋」1862年に江戸時代の大工さんが作ったんだって。
水の漏れる隙間もないくらいぴっちり作ってる。


 この橋の右手に大きな藤棚があって、それは見事な景色らしい。

ここではその折のお写真を頂き、是非また訪れたくなった。

 ほんと九州のたびでは暖かいお心遣いをたくさん頂いたなあ。

 雨で行けなかったけど、この神社も宇佐神宮も奥の院があるので(宇佐神宮は大元神社)、今度は是非そちらまで!




PICT0588.jpg
 道の駅のトイレにいたカエルさん。
 用を足してる最中に『・・・・ん??!』
水を求めて?流されちゃうよ!

>>今日撮った写真 DimageX21(Konica Minolta)

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮オマケ

2013.11.18 21:43|管理人日記
宇佐神宮に入れきらなかった数枚。


PICT0509.jpg
 ホテルの備品。宇佐ゆえに。
 宇佐ってそう遠くない昔「USA(=宇佐)」ってプリントした宇佐の学校のユニフォームを米大使館にクレーム入れられて(紛らわしいわ。USAとか厚かましいわ。の意か?)、それにキレた当時の宇佐市長が、
「おまいらより何百年も前からこっちはUSAなんじゃい、ヴォケが」という意味であろう長文の宇佐の歴史および反論を書いたレターを送りつけて相手を黙らせた、という栄光の逸話を持ってるんだよね。

 


PICT0525.jpg
 いかにも九州らしいのどかな山並み。
九州は高い山がないから、景色がなんだか優しい感じがする。




PICT0514.jpg
 宇佐市のマンホール。意匠はつつじ?(宇佐市の市花が「つつじ」だったから間違いない) 




PICT0579.jpg
 あ~なんか久しぶりに見た。こういう感じの露天。
いや北海道にもあるんだけど、なんとなくどこかが違う。




PICT0573.jpg
 宇佐神宮表参道にある「ねぎやさんのネギやき」。
一見お好み焼きでしょ?って思ったんだけど、ほとんどネギで構成されてました。
美味しかった~~~♪


 でも宇佐が推してるのは「宇佐鶏唐揚げ」なんだよね。
今回は食べられなかったけど、次回は食べよう!


>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)

テーマ:旅の思い出
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮②

2013.11.16 22:05|管理人日記
 PICT0560.jpg
800年の楠木の全景がこれ。生き生きしてる。
あと200年くらいは余裕でいけそう。






PICT0570.jpg
美しい茜色の橋「神橋」。
宇佐神宮は境内の半分を川に隔てられていて、幾つか橋を渡してあるのだけど、この橋と、もうひとつ県の有形文化財になっている呉橋という美しい橋がある。
今回は時間がなくてそちらを眺められずに残念。







PICT0571.jpg
 川には色とりどりの鯉が一杯。








PICT0565.jpg
 緑が一杯。とにかく気持ちのいい境内。
大鳥居の近くの広場には、幼稚園児たちが遊びにきてた。
こんなところが近くにあるなんていいなあ。








 そして、この日を選んだのは、秋の豊穣を祝う「風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)」の神事の一つ「神能」が奉納されるから。
 「神能」神社で能を鑑賞できるなんて!しかも屋外で能を見るのは初めて!!
 これを見ないでいられましょうか!
PICT0576.jpg
 演者の方達は撮影禁止なので舞台だけ。
演目は「阿漕」。生まれて初めて能を見て一体感を味わった。
素晴らしかったなあ。


 実は今回の旅に行く前から、かなり体調が悪かったんだけど、こちらの宇佐神宮ではさまざまなご親切を頂き、朝方境内でお散歩中のご婦人二人に能のことを尋ねたきっかけで少しお話をして、午後の能舞台へ向かったら、「ちょっとちょっと」と声を掛けていただき、お茶とお菓子を振舞ってもてなして頂きました。
 実はこの方二人は毎年能舞台のお手伝いに来てらっしゃる方達だそうで、「遠くからいらしたんだから、なにもできないけどお茶でも飲んで」と裏手の休憩所に招いてくださったときには本気で涙が出そうになりました。
かなり年配の方なんだけど、それがまあなんとも綺麗な宇佐弁?で。
 生まれた土地の言葉を持たない私は聞き惚れてました。


 別にスピリチュアル気取りじゃないんだけど、ほんとに境内全体が柔らかな雰囲気で、ホテルにあったパンフには「じっくり見て1時間」ってあったけど、7時間いましたがな!
ほんとに素敵なところで、オススメです。




PICT0578.jpg

 宇佐神宮HP
 アクセス*最寄り駅のJR宇佐前から宇佐神宮行きのバスかタクシーで。
      バスは一時間に一本程度。
      タクシーは常に駅前に常駐していて便利。乗車時間10分程度で1000円チョイ。
      宇佐神宮前にもタクシー会社さんがありました。

>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)

                                   つづく



  

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

帰省 宇佐神宮①

2013.11.14 15:05|管理人日記
 ついに一ヶ月以上更新なしの広告が入ってしまった(汗)。
ご心配頂いた方もありがとうございました。
みんなそれなりに元気です(笑)。

 十勝はもうすっかり冬の気配。
紅葉なんてもうほぼ終わりかけて、近所の大木はみんな裸木になってます。

 前回記事から十日ほど後に、遅い夏季休暇を取っていて、九州の実家へ帰ってました。
今年の四月末に父が盲腸炎の破裂で急遽帰省し、つい「元気になったら熊本へ(父の実家)お墓参りに行こう」などと口走ってしまったため・・・。

 結果的に行って良かったんだけれども。

とりあえず一泊二日は自分へのご褒美として宇佐神宮へ立ち寄ることに。
ここもまた、昨年から今年にかけてお参りしたご祭神と同じ方が祭られてた。
もともとここの姫神さんがルーツで宗像、厳島などへ広がったそうな。

 朝8時半。わっくわくで鳥居をくぐる。

PICT0530.jpg
 大鳥居をくぐるとすぐに目に入る初澤池(はつさわいけ)の古代蓮。一万本植えられてるらしい。




PICT0535.jpg

7月下旬が見所なんだって。




PICT0538.jpg
 朝日に照らされた神宮庁





PICT0540.jpg
 苔に覆われた屋根、「春宮(とうぐう)」





PICT0545.jpg
すごく神秘的だった「祓所」
宗像大社を訪れたときの高台に雰囲気が似てる。





PICT0549.jpg
 「上宮」への入り口「西大門」
さらに空気が澄んでもうわっくわくもピークなのであります。



PICT0556.jpg
 本殿を横から・・・。
なんか段々神さんのおうちの写真を真正面から撮るのが畏れ多くなってきて(^ ^;)。
姫神さんが祭られている神殿は、華やかな気がするなあ。



PICT0551.jpg
 神社公認?のパワーツリー樹齢800年の楠木。
EXILEのUSAがここで祈願した・・ようなことが、町のご紹介パンフに書かれてました。
800年!!
樹って長寿だなあ。


                                  つづく


>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)


テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。