What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛情

2009.07.26 11:43|ニュース系・〇▲占いとか

二匹はボニーとクライドと言う名前のボーダーコリーで、走り回るのが大好きなやんちゃな犬たちです。

二匹は嵐の日に捨てられ、現在はロンドン近くの動物救助センターで新しく飼い主になってくれる人を探しています。

穏やかな性格にもかかわらず、新しい貰い手を探すのに苦労をしているのには理由があります。

それはオスのクライドの方が全く目が見えず、パートナーであるメスのボニーに頼り切っているからなのです。
                らばQ「目の見えないオス犬をメス犬が支える」



 よくお邪魔するサイト「らばQ」さんで見つけた記事。
 動物好きな人ならわざわざ口にすることもないけど、「人間に愛情がある」というのなら、他のどの動物にだって愛情がある・・ことは、もう当たり前の事実。
 別に人間に対してシニカルに構えてるわけじゃないけど、本音を言えば人間よりも、より、他の種族の動物たちのほうが「愛」の純度が高いんじゃないかと思うこともある。
 「愛」に迷いがない、って事かもしれないけど。

 時々科学者が「人間以外の動物にいかに感情があるのか」を立証しようと試みたりしてるのを見るとほんとうに不思議な気持ちになる。
 人間の感情も立証してみたらいいのに。
 あなた方が人間の言葉でしか物事を理解しようとしないからだよ、と言いたくなる。

 でも、これだけ他の種族の動物の生を踏みにじった上に生かされている人間だから、他の言葉が分からないのは有る意味救いかもしれないね。

 このサイトは世界の心温まるニュースをいろいろ紹介してくれていて大好きなんだけど、動物ネタにも素敵なニュースが一杯ある。

 ☆「動物の愛情」でほろっときたらばQニュース
 
  ○母親に捨てられた狼の赤ちゃん、オス犬に育てられる
 ○親を失った子ウサギを片足のハトが

 他にも赤ちゃんが大好きな猫が、尻尾であかちゃんをあやしてる動画がどこかにあったんだけどなぁ。尻尾を掴まれてむちゃされてるのに、赤ちゃんを見る猫の目といったら・・・。
もうとろけそう(笑)。見つけられなくて残念。
関連記事

コメント

無償の愛とはよく言ったもので、
動物は言葉でもなく見返りでもなく、
ややこしい理由なんか無く、
心から素直にわいてくる『愛』という感情ですよね~。
本当の真実の愛ってそういうものなんだなと
動物から教えられます・・・。

↓ミカ王子の目線に、愛を感じました(^^)
りき姫の芯の強さと、ふかさんへの強い信頼を
感じました。
動物の愛情って、まっすぐにぶつかってくるから
時々胸が痛い。いとし過ぎて切なくなります。

>じんべさん

ほんとにそうですね。
犬の詩にもありましたけど
「財産や容姿に関係なく。時として虐待してすら」変わらぬ信頼と愛情を抱き続けられる種族の美しさにいつも感じいります。
だから切ないのかもしれませんね。

言葉が通じない分

お互い感じとろうとするからええんやろね。
人間もそうすればもっと深い絆ができるかもね。

すばらしいね~ボニーとクライド。
こういうの見るだけでウルウルくる。
何にもできず、ごめんなさいやわ。

>cooさん

もし私だったら、当然二頭引き取るなぁ。
だってただでさえ多頭飼いは楽しいのに、そんなに素敵な二人なんですよ?
どれだけ多くの事を学ばせて貰えるかしれません。
勿体無いなあ!

でも出来たら、ボニーとクライドはイギリスの農家でフリーにして下さるお家に引き取られたらいいですね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。