What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグスクールデイ

 ミカとの生活。

 散歩、ご飯、就寝前のちょっとしたお遊び、寝る。

この繰り返し。まあ、こんなものかもしれないけど、ミカはこれで楽しいのかな?
私もなんだか流れ作業的にとりあえず世話してやってるって感じ。
あんまりミカと付き合ってるって言えないなあ。

もうちょっとお互いぐっと寄り添って、なんつーか
「二人で何かをやってるぜ」
的一体感が足りないような・・。

なんてつねづね思っており。
私が今感じてることを実行に移せるとしたら、手っ取り早いところでまずトレーニングスクールかなぁ・・。
と。行って来ました、近場のドッグトレーニングスクールへ。



 ここは「陽性強化トレーニング」を実施しているところで、犬の行動心理学を元に、叱らず、リードしていくって方法。
 いいこと=トリーツ(おやつ)を貰える、で好ましい行動を強化していく。
 あと、飼い主の反応のチェックと矯正。

 本当に浅薄な知識だけで、語っちゃいけないんだろうけど、つまりは「権勢症候群」の逆側。
犬=群れ本能。飼い主リーダー論を基にしてるトレーニングをやっているところみたい。

 他の参加者の方は、既に何回か受講されていて、ディスクをやっていたけど、ミカはとりあえず歩行練習から。

 行きたい放題、歩きたい放題。
 常に私よりも前の距離を歩きたい二人の為に、曳き散歩は散々だったというのに、このレッスン中からミカの歩行が劇的に変化して、私と一緒に歩けるようになった。
 それは今も。

 んん。でもなぁ。
この飼い主リーダー推奨メソッド(私が勝手に命名)って、実はイマイチなじめないんだよなあ。
以前に本を読んだときもそう思ったんだったけ。

 この論でいくと、犬の行動は全て説明がつくみたいで、そこに一部の隙もない感じ。
 犬が飼い主に仕掛けるアクションは全て飼い主をコントロールしようとしているもので、それに反応してはいけない。
 飼い主と犬以外で起こることに対して犬が起こす反応は、単に刺激に対して反応しているに過ぎない。
 犬が何かを要求したときにはそれに応えてはいけない。常に人間からアクションを起こすように。
 

 きっと本当はもっともっと深い体験と論理に結びついているんだと思う。
ちょっと聞きかじったくらいで言えることではないんだと思う。
確かに痛みを伴わないリーダーメソッドを習得した犬は、驚くほど従順に見える。

 でも、どうも私の中にしっくり入ってこないんだよなあ。

 全てただの刺激なら、犬にも友達とそうじゃない犬がいるのはどうしてなのか。
 弱っていくものを見たときの、悲しげな反応はなんなのか。
 あの表情、あの一瞬、あの反応。
 全部この論理で説明がつくことなのかなあ。
 人間の心だってよく分からないのに。

 そしてこのメソッドが私にもしかして合わないんじゃないかと思う最大の理由。

それはリーダーたらんとたゆまぬ努力を必要とされるところ。

・・・メンドクサイ(爆)。

 
 色んな論説があって、信じる人達にとってはそれがきっとみな真実。
だって本当のことは誰にも分からない。
本当は当人がどう感じて、思っていたかなんて。


 否定するものはなにもないし、きっと本当に動物(犬)の行動心理学に基づいたものなんだと思う。
「 可哀想だからと要求を叶えていると、犬は飼い主<自分と思い込む。当人(犬)はリーダーのつもりでいるから、リーダー犬として常に緊張しているし、リーダーの仕事をしているつもりで、それが叶わないとフラストレーションになるし、人間にとっては悪反応を起こす。それは犬にとって幸せなのか 」

 そいう捉え方もありかもしれないね、確かに。

でも、「あの本」を読んだ三年前も、やっぱりおんなじところでモヤモヤしたんだっけな。

 まぁ、もう少し続けてみよう。
ちょっと齧ったくらいで全部分るわけないんだし、もう少し体験してみようかな。




PICT3149.jpg
キミ、リーダーの座を狙ってるの?



<後述>
 この理論を「バックリーダー論」って言うんだって。
関連記事

コメント

むずかしいね~

しつけもいろんな宗派があるからね~(笑)
けど、要は自分の犬との関係やもんね。私は仲良く共存したいけどね~。リーダーっていか、こいつと一緒にいてたら楽しいからゆーこと聞いたろ見たいな気持ちになって欲しいねんけどな~ソルが(笑)

no subject

うちの娘っこは、よそ様となら(とくにアジの先生とか)ビシッ!と足もとについて歩くのに、あたしには全然その気なしです。「友達だもん、いいじゃん」てな感じ。
ごほうび(エサ)でしつけるのは、ちょっと苦手。言うこと聞いてもエサのせいなんだか、私に服従してるのか分からないし。できれば信頼関係だけで従ってほしいところですが、ま、この間会った時の、あんな程度でございます。とほほ。

>Cooさん

ほんとですよね~。
なんの世界にも宗派あるなあ(笑)。
あとは自分にしっくりくるかこないか、かと。
そなの。相棒でいたいんですよ。
あんまり相手をコントロールしたくないって気持ちもある。

>福ぽんさん

 この間お会いした、あの情景だけでも、私には充分キラッキラして見えましたが・・・(笑)。
 うらやましいです。

でも確かにねー、理に叶ってるかな、って思うところもあるんですよ。
人間にとっての餌は評価(名誉・昇進・収入)だったりするでしょう?
まぁ、それが犬にとってはシンプルに食べ物なのかなぁと。
 今度会えた時の私達を是非ご覧ください!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。