What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記(手作り犬ご飯について)

2010.10.09 19:21|犬と健康
 犬ご飯についての考え方を書いてみたけれど、基本的には特に治療中の病気がない状態であることを前提にしています。

 たとえば肝臓、腎臓、心臓・・などの内臓疾患や、糖尿病などの治療中の犬に関しては、まず治療を受けている先の病院と相談することが先決になると思います。

 病気によっては、たんぱく質、塩分、脂肪分、カロリー制限などなど、食事の構成に制限が必要なものがあり、こういうケースでは「手作りだから安心。人工のものが入ってないし」と一括りに出来ない難しさがあるので。

 「体にいいと思って」病気の基本的な理解なしに手作り食を取り入れると、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

 同様の病気を患っている人間は、もちろん健康な人と同じく手作りの食事を摂りますが、たんぱく質の量を変えたり、脂肪を使わないメニューを考えたり、と病気に応じて色々な注意点があります。制限食といったりするんですけど(ヤな呼び名だな~)
 犬も同様に制限食(治療食)を作ることが可能だとは思っていますが、普通の手作り食に比べてかなり難易度が高くなってくるのも事実。
 実際に作るのに何をどれだけ制限したらいいかという条件は、治療を受けている獣医さん抜きには出来ないことなので、まずは内臓疾患やアレルギーのない状態の犬に対して・・という意味で始めています。

PICT4369.jpg
          DimageX21
 「ピンクを探して」た時に見つけた一枚(^_^)
関連記事

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

コメント

no subject

追記も読みました(^^)
なるほど・・ですねぇ。
手作り食も、健康だからこそ何でも食べれる良さがありますね。
作ったご飯を、モリモリと食べてくれる様子は、
本当に嬉しいものです。

↑の記事のレスで
『手つくりごはんにすると毎日のうんPチェックが楽しみです。』
ってあって、笑っちゃいました。でも凄く解る!
愛情タップリの飼い主さんの言葉だなーって思いました。

おっ!今度はピンク色で作るのん?楽しみ~

>じんべさん

本当に。
ゴハンを食べなくなる時ほど心配なことはないですね。
うちは99%ないけどね(笑)。

「ピンク」
十勝地区でこの色を探すのは(花以外で)、意外にむずかしいよ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。