What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいじょうぶだよ、ゾウさん

2010.12.19 23:31|犬本・非犬本
隣町の帯広美術館で「ベルギー絵本作家展」をやっていて、小さなお友達と一緒に行ってきました。

美術館は樹に囲まれた公園の中にあって、先日の雪でここも真っ白。
絵本展に雰囲気もぴったり。

小さいお友達と一緒に絵を見ると、思いがけない発見ができて面白い。
そんな風に絵を見てるんだね。
「タンタンの冒険」もベルギーの作家さんだなんて知らなかったな。

ギャラリーショップには、絵本展に出てくる絵本の幾つかを販売していて、
その中に「だいじょうぶだよ、ゾウさん」の本も。
どんな話なんだろう?
つい手にとってパラっとめくってみたんだけど。


年老いたゾウが大好きなネズミくん。
二人は仲良く暮らしていたけれど、いよいよ自分の最後を覚悟したゾウは
「仲間が行くあの森に行かなくてはならない」と口にします。
必死で引き止めて一生懸命ゾウのお世話をするネズミくんでしたが、
ついに森とこちら側を繋ぐつり橋を直して、ゾウさんを見送るのでした。


・・・・もう本当に、危なかった。
さらっと読んで慌てて本を閉じたけど、あと1分もあれば、
ボタボタと涙を絵本に垂らし、変な声出すところだった。

ほんと、年々心の耐性が弱くなってしまったな。
動物、子供、老人が絡む別れの物語は、小説でもドラマでも敬遠するようになっちゃった。
それが全部出てくる話なんだもの。



関連記事

テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。