What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のコザクラインコ

 タラちゃんの抱卵が終わった。
実はタラちゃん秋の発情期に入り、また卵を三つ産んでそれからずっとフゴのふたを巣代わりに卵を温めていた。

 初めての(正確には二回目の)発情で、計14個の卵を産んで私を震撼(笑)させたんだけど、あの時は結局巣箱を入れてタラちゃんに抱卵してもらうという方法でなんとか産卵を中断できた。
 卵を産み始めた頃は、発情対策でケージには巣箱になりそうなものは何も置いてなかったし、タラちゃんも産んだ卵にはまったく興味を示さなかった。

PICT7816.jpg
【ケージ内散歩中。抱卵期はケージの中でもあまり動かなかった】

 卵って多分、産んだ時には既に卵の元・・みたいなものが何個か作られてるんだろうな。タラちゃんは一日おきに卵を産んだけど、たった一日の間にあんなに完全な卵が作られるとは思えないもの。
だからその卵の元が全て成熟して産まれるのが産卵のスパン。ここで抱卵に入らないと、また発情スイッチが入って卵の元が出来る。
 最初の産卵の流れをみてたらそういうことだったんだと思う。

 続けさまに四個から三個の卵を産んだ後、十日前後の空白があったから。

 もう何をしても産卵が収まらず、最後には妙に下腹が膨らんだまま一週間近く産卵しなかったのでついに鳥も診ますという獣医のところへ駆け込んだ。
結局翌日産まれたけれど(うちはいつも獣医さんのところへ連れて行くと、何もしないのに問題が解決してしまうジンクス)。

PICT7819.jpg
【遊具として買ったのに、タラちゃんの目には丁度いい巣材に見えるみたい(涙)】


『もしかしたら巣を入れたらタラちゃんは温め始めるんじゃないか?抱卵を始めたら発情モードから母性モードへ切り替わるって(意訳w)”手乗り鳥の健康の本/ペット新聞社”にも書いてあったし!』
 実はニ三日前からそう思い始めてペットショップで購入したフゴを設置して、捨てられずに取っておいたタラちゃんの卵を入れておいたんだけど、タラちゃんは入ろうとはしなかった。
 獣医さんのところから戻って、今度はフゴのふたを逆さにして、巣箱代わりにしてみた。
中に柔らかい布を入れて。売ってあった椰子の繊維みたいな巣材は、タラちゃんは好まなかった。

 フゴを選んだのは、マイミクのLemonさんの記事を読んでから。
親鳥や雛の様子も観察できるし、清潔も保ちやすい・・と。
これは本当にそのとおりだな、と思った。
なによりタラちゃんも周りのものを見たりできて退屈しないし、異常も発見しやすい。
IMGP2952.jpg
【これは・・・第一回目の抱卵が終わった後、何を思ったか野菜入れを巣に運び込んだタラちゃん(笑)】


 なんとか思惑どうり、タラちゃんは翌日卵を巣の中に産んでくれて、それから40日近く抱卵を続けた。抱卵し始めたらもう卵は産まなくなった。


 抱卵が終了して約60日後の10月の下旬にまた産卵。
ちょうど三角テントをタラちゃんが壊してしまったので、ずるずると寝場所代わりのフゴをそのまま置いていたのがやや早い発情を招いてしまったのかも(>_<)。
 でも、インコは春と秋に産卵期を迎えるとなにかで読んだので、ここは自然の成り行きとしてまた前回のように抱卵してもらうことにした。

 今回の「秋の発情と産卵」は、フゴ作戦が功を奏して、夏の異常産卵のような事態は招かずに済み、タラちゃんは三個の卵を大事に大事に温め続けた。
 卵を産んでから、ネクトンSを今まで水に溶かして与えていたけど、発情が始まった頃から与えた方が良かったかなぁ。


 そして前回と同じ三十日と少し過ぎた頃、抱卵中は散歩の時間も3分程度、すぐに巣に戻っていたタラちゃんのお散歩時間が段々長くなり始め、今朝は大事な卵を一つ巣から放り出していた。
思い出したように時々巣に戻ってるけど、ケージの中でも活発に動いて、お気に入りの場所にいる。
 早めにフゴを取り出して、今度は気を引き締めて発情を招かないようにしないと!

 それにしても、卵がないときは私から片時も離れずに周りを飛び回っては、こまごまと私の毛繕い。
卵を産んだらあの翼で抱きかかえるようにして夢中になって温める。

 常に自分以外のものに、全身全霊で愛を注ぎ続ける。
 コザクラインコは愛のカタマリ。
PICT7837.jpg
関連記事

テーマ:コザクラインコ
ジャンル:ペット

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。