What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返る

 1月2日。HPを通して知り合った管理人さんの飼い犬「ちゃこちゃん」が骨肉種でこの世を去った。
11月の半ばに異変を見つけて、それから病理組織などから確定申告を受けたのが12月の半ば。
そして二週間後の別れ。
 管理人さんはブログに経過を綴っていて、それを読む限りでは、もちろんちゃこちゃんは不調も感じていただろうけど、症状が出始めてから無くなる二週間の間、緩やかに経過して最後の時を迎えたようにみえた。

 以前ちゃこちゃんが皮膚病を発症したことをきっかけに、彼女は代替療法や統合医療に関心を持って、以来ずっと食事も含めて健康管理には気を配ってきた。
だからきっと無念さや複雑な思いもあったと思う。
 ずっとそれらの療法の素晴らしさをブログを通して伝えていただけに、躊躇いもあっただろと思うけれど、ありのままをブログに綴った正直さに、強い人だなと心から思った。


 代替療法や自然療法、東洋医学などには“奇跡の”がつきもので、「医者に見離された末期の状態から回復して今も元気で暮らしています」なんて話もよく聞く。
だからこそ、自分の大事な家族にもそんな奇跡が起きて欲しくて、体にいい事をして長生きをして欲しくて、これらの方法に目を向ける人が多いんだと思う。

 今、管理人さんがどう感じているかは知るべくもないけれど、そして残念ながらちゃこちゃんに奇跡は起きなかったけれど、「海外では骨肉集は安楽死」とブログに書いてあったちゃこちゃんが、薬も使わないのに強い痛みに苛まされる事も無く、食欲も失せず、最後の日まで殆どQOLを落とさずにその一生を終えられたことに対して、私はやはり彼女のしてきたことは意味と価値があったんじゃないかと思ってる。
そして出来ればミカにも、そんな一生を送ってもらいたいと強く願ってる。


 ちゃこちゃんの訃報のお知らせを頂いてから、またずっと考えてた。
寿命の短い家族のこと。なにがしあわせでどうするべきなのか。

 りきが元気でいた頃は、漠然と、でも根拠のない自信を持ってしていたことが、りきの病と死を境に大きく揺らいだ。私は無力だったし何もしてあげられなかった。一人合点して判ったつもりでいたけれど、知っている事は何も無かった。
 あれで本当に良かったのか、他に方法は無かったのか。何度も何度もリピートした。今も。

 それは自分の愚かさを責めたり、後悔しているというだけではなくて、次の、いずれ迎えるミカとの別れの時に、もう少しマシな対応をしてあげたいと思うから。ミカのためだけじゃなく私自身の為に。
そうでなければ、もう一度アレを同じように体験するかもしれないと思っただけで、怖さで体が震えてしまう。

 
 今回彼女のありのままに書かれたブログを読んで得るものが多くあった。
施した療法そのものもそうだけれど、それ以前に飼い主さんの心理状態や心の動きが痛いほど伝わって、
とても変な話だけど、りきを失って2年もたっているというのに、なにか勇気付けられたのだった。
あの時は自分の弱さを見つめることが出来なかったけど(見つめたら動けないと思っていたから)、怯えてもいいんだと教えられたような気持ちになった。

 私も・・私がりきに選んだ方法は全く参考にはならないけど、その時の経緯を書いて、それが失敗からの教訓的にでも、少しだけ誰かの助けにでもなるかもしれないなら、いつか書いてみようと思う。
でもきっと日記みたいに、詳細には書けないな。
でもいつか。


いつでも里親募集中
関連記事

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。