What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語~千年の謎

2012.01.08 20:14|管理人日記
 源氏物語と三国志はなんでいつも挫折しちゃうんだろう。
 源氏物語は 瀬戸内 寂聴、橋本治、田辺聖子さん、漫画は江川達也、大和和紀さん等々を読み、SPドラマが放送されればそれも眺め。(澤田健二源氏・東源氏)、ああ、ニ三年前にアニメもあったな。
こんなに見てなお。
『・・・・。なんだろう、分からない。俳優さんも掴めてないんじゃ。この上っ面をなぞったような、ダイジェストみたいなこの感じ』

 いやいや。面白いハズだ。絶対面白いハズなんだよ!私がそれを見つけられないだけ!じゃなきゃ1000年以上も名著とか言われてないよね。


って探求の旅を続けて月日は流れた(大げさな)。
 いや、別に純愛貫かなくていいんだけど、光源氏がどういうキャラクターなのかイマイチ分からない。
光源氏誕生時の桐壺帝あたりから、若紫くらいまでならなんとかついていけるんだけど、以降でいつも挫折。


 挫折するごとに、
『もしかして、もっと年を取ったら、いつかこの小説ももっと味わい深くなるんだろうか・・。年老いて初めて分かる人間の襞ってもんが?』
と思ってたんだけど、それを検証するために今回もこの映画を観て参りました。


 その前に、今、この2012年に源氏についてつらつらと考えるに、結局光源氏って男の集大成なのかな、と。

 俺を夢中にさせる完璧な、幻の女をゲットしてみたい】
「みんな好きなんだって。ちょっとづついいところが違うしさ。でも世の中にはもっともっと、いい女がいるんじゃないか?母性的で、エロティックで、顔も良くて、頭もいい。あ、俺の話に付いてこれる位のね」
ついハンティングに勤しんでしまう、レアアイテム探しに夢中になるハンターみたいなもんか。
藤壺之宮はあくまで手が届かない人だから、理想の女の化身になったんだな。
 捕獲した獲物を飽きたからとて打ち捨てないのがまぁ源氏の品性かもね。


 どれだけモテたかは男の勲章。仕事にもその自信が張りと力を与えます】
 「手持ちカードもいいの持ってるし!ちょっと勝負かけてもいいんじゃね?勝てるんじゃね?俺!
いや、むしろ負ける気がしねー」
 で、明石に流された苦い思い出。


 昔の勲章を引きずっていつまでも現役と勘違いしてるイタい壮年期】
「この俺が妻にしてやってんのに、は?この笛吹くしか能のない三下と浮気って・・。なめられたな、俺も」
格下の若輩をネチネチとパワハラ。若妻にはその陰険さに愛想をつかされる。


 自分の力で人生渡ってきたと思ってたけど、ずっと支えてくれてた人がいた】
 長年連れ添った妻に先立たれると、グダグダになって老け込み爺化。今までずっと受け止めてくれてたカミサンの存在のデカさ、今分かった・・。遅いよ、俺。

 
・・・・いる。いるよ、こーゆーヒト。
女三宮(唯一浮気した光源氏の歳若き妻。気持ち分かるわ~。きっと鼻についたんだと思うよ、源氏のミサワぶりが)辺りから、ほんともう加齢臭するもん。

 小さい頃は光源氏って神性を持った人間だと思ってたから分からなかったんだよな。
美男で、血筋も良くって、幼少時にロマンティックな不幸を背負ってて、んでドラマチック展開・・って、韓流?


・・・・・ん?
年をとって分かった深み・・・ってこんな感じだったのか。
自分にビックリ。
私は深くなったのか、浅くなったのか。

IMGP3340_20120108041803.jpg

 あ。そうだ。映画ですが、今まで観た映像の中では一番面白かった。
リアル(平安)とフィクション(源氏物語)が交差するって趣向で、ホラー仕立ての演出あり、陰陽師登場あり、緩急に富んで出色の出来。
 これ抜きでは語れない寝屋シーンも、当時の宮中の女性の艶かしさが結構上手く演出されてた。
昔源氏役だった東さんも、なかなか魅力的な道長公を演じてたな。
 生田斗真さんの演技ははじめて見たけど、不思議な役者さんだなあ。色が無い人なんだね。型を作ってるわけじゃない。演じる先になにかまだありそうな余韻のある人だ。ちょっと岡田准一さんと似たタイプの役者さんなんだなぁ。
 そして若手女優じゃ一番のお気に入り、多部美華子ちゃんが「葵上」だったのはビックリ。てっきり紫の上だと思っていたのに。

 源氏物語占い

いつでも里親募集中
関連記事

テーマ:邦画
ジャンル:映画

タグ:生田斗真 源氏物語

コメント

No title

与謝野源氏は面白かったです、瀬戸内源氏はあきちゃうわ、
良かったら古いけれど、どうぞ!

No title

さっきコメントした与謝野源氏、もしやと思い本棚探したら見当たらなかった
どこへ行ったのだろう、大切なものは捨てないのに、寒くて探せなかったの
ごめんね、

>maroさん

 まぁ!
重いでしょうに、お気持ちだけm(_ _)m
今度図書館で探してみます。
私が一番好きだったのは「田辺源氏」かなあ。
田辺聖子さんは他にも古典ものに関して幾つか出してらっしゃって、
夢中になって読みました。
懐かしい(^_^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。