What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくみみ苑異変

2012.06.07 12:00|庭のこと
 もう六月に入りました。
なのに・・・・。

うちのコデマリと楓の木がまだ芽吹かない。
どうしたんだろう?
幹はちゃんと生きてるようだけど。
PICT7361.jpg




原因を想像してみる。
コデマリはあまりの虫害に一度縮小しようと、去年の秋、四本中、玄関近くの二本を短く切り詰めた。
切り詰めた二本はいつもどうりの時期に芽吹いた・・けどあっというまにいつもの虫に葉を食い尽くされてしまった。
フェンス内にある一本は、今までなら切り詰めた木と同じ時期に芽吹くけど、今年はさっぱり。
これは、三月の時期に伸びすぎた枝を剪定したのが、ちょっと早すぎたんじゃないかと。
今年はなかなか気温が安定せずに寒暖がめまぐるしかった。
だから余計な体力を使わせてしまったのかもしれない。

理由のもう一つ。
実は裏庭にもう一本あるコデマリ。
これは毎年毎年芽吹く時期が遅れてる。
もしかしたらあの忌々しい小さなコガネムシタイプの幼虫が孵化する時期を避けているんじゃないだろうか。
実際毎年ちゃんと芽吹いて花も咲かせてる。
前庭と裏庭のコデマリの開花は年とともにどんどん差が開いてきた。
これって裏庭のコデマリが自衛策を取ってる・・ってことじゃ?

でもそうなると、冬に備えて色んな栄養を蓄える時間が随分短くなってしまう。
そこんところはどうしてるんだろうなあ。



楓の木も・・・。
PICT7363.jpg

こんなこと今まではなかったのに。
これは、真冬の時期にミカが縁側に飛び乗るのに邪魔になっていた枝を切ったことが原因じゃないかと。
左の楓はいつもどおり。芽吹かないのは冬に枝を切ったほうだけ。
きっと切り口をケアするのに体力をかなり使ったんだと思う。極寒の十勝では冬を越すだけだって命がけだもんね。少しでも弱い木は次の年を生きられない。
 申し訳ないことをしたなぁ。
不思議なのは・・・いぜん記事にもしたけど、左の木が一部融合した未だ裸木の楓だけど、融合した枝は本体(=左の木)と同じように、同じ時期に芽吹いてるってコト。
体力を使ったのなら、同じ幹から伸びてるこの枝だって芽吹かない筈なのに。




こんな風に考えるとね、本当にこの地は命に溢れてるんだなあって思う。
コミュニケーションの方法が、私たちとは全く違う生き物の不思議と面白さよ。





そんでもう一つ。
うちの庭で起こったこと。
毎年毎年生い茂るスギナの林。抜いても地下茎を伸ばして殆ど効果なし。
うちは除草剤を使わない主義だから、手作業で対応してたんだけど。
それが・・・。
なんとこのスギナだけを食べる芋虫さんが発生!

スギナを好む芋虫だって?
そんな虫見た事ないよ
閲覧注意(芋虫画像あり)
PICT7338.jpg

この芋虫くん。なんの幼虫だろう?
以前にも見たことがあるような気がするけど、似たような姿かたちの芋虫くんは一杯いるしなぁ。
ほかにも若芽がたくさんあるのに目もくれず、スギナ狙い。
とってもありがたいけど初めての出来事。

PICT7340.jpg
 指を伸ばしたらこっちに向かってきた。可愛い(^_^)。
よじ登ってるのは硬い麦草。
これも食べるのかなぁ?
だとしたらすっごい画期的な出来事なんだけど。




関連記事

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

コメント

No title

自然って・・凄いなー。順応してるな。
私もその時の流れに逆らわず過ごそうって思ったり・・・。

ドウダンなんかは、植え替えて根っこを傷つけた翌年の方が
キレイに紅葉すると聞きます。
実際、実家から掘り起こしてウチに持って来た翌年、
燃えるような赤を見せてくれました。

枝に変化を与えた場合は・・・どうなんでしょうね。
芽吹く時期を見計らってる”待機”状態なら、これからが楽しみですねー

No title

自然はすごい。

ってか、ふかさんとこの庭広いね~。
さすが北海道!^^

>じんべさん

 ほんとに、庭にいるだけで発見が一杯。
別にどこへ行かなくてもとっても楽しいんだけど(笑)。


ドウダンツツジのことかなあ?
ある程度のストレスをかけたほうが、危機に供えて反応するのかもね。
以前花屋で買った時以降まったく花をつけなかった5年物のシャコバサボテンを
「もう捨てようか?」と妹と話していたところ、その年にものすごく花をつけた・・
という驚きの体験もあります(笑)。
けっきょくそのシャコバはのちに凍らせてしまった(>_<)!
(そして捨てられなかったら、それっきり花も咲かせなかった)

じんべさんがよくこの記事閲覧できたな~と思ったんだけど、
もちろん追記の部分は見ていないのよね(^_^)?

>Cooさん

前に言ったかもだけど、北海道、都市圏以外は売り地の広さは
平均100坪以上みたいよe-263
私、50坪でも多すぎると思ってたのに、
「そんな少ない土地売ってない」って言われた・・・(汗)。
しかも、
「ふかさん、200か300買えばいいんでしょ。畑できるよ」
って言われて、ほんとぎょっとした。

もう少し田舎に行くと一坪7500円くらいで売ってるからねえ

No title

い・・・芋虫のところ?!(((( ;゜Д゜)))うひ~。

ウチも除草剤使えないから、スギナだらけ・・・
でも芋虫がたかるくらいなら、スギナだらけでイイわっ(笑)

そのうち、抜こうとしてつまんだら芋虫も一緒に・・・ぎゃーっ

Re:>じんべさん

 ニ三年前十勝ではマイマイ蛾がおお流行りしたの。
あまりのすごさにマイマイの幼虫は一目見て分かるんだけど、
それじゃない。

でも、まさか、新たな流行が(>_<)?

いるかもよ?札幌にも(笑)!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。