What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら 金太

 11月23日・・たぶん正しくは22日の夜、金太が逝ってしまいました。

様子がおかしくなったのは、20日の夜。
帰宅して程なく、餌いれに落ちて止まり木に戻れなくなった金太。
間もなく変な呼吸をし始めて何度もえずくように嘴を開閉して。
一見いつものてんかん発作みたいに見えたけど、鳴き声と嘔気様の反応がいつもとは違ってた。
フンも特に異常はないように見えた。
嘔気様の症状は兎も角、脚が動かないのは気持ち悪さの所為なのか、それとも脳になにかトラブルが発生したのか。
とりあえずすぐに治療ルームへ入れた。
水入れは浅い陶器に。餌は床に撒いてみた。
でも、なんとなくたぶん今回は駄目だろうな、って気がした。
金太はそれ以降 水も餌も食べなかったから。


翌朝は仕事を休ませて貰い、ここらへんで唯一鳥も診れると言われてる動物病院へ。

獣医師は金太をキャリーケージから出さず、問診と診察。
「強い呼吸困難を起こしている。脚が麻痺しているように見えるが脳神経からくるものではないか。呼吸困難と脳神経障害が関係するかどうかは分からないが、今のところ見て取れる症状はこの二つ。
この状態では掴んだだけで死んでしまうこともあるので何もすることが出来ない。
強制給餌もこの呼吸では大変危険だ。
酸素室に入れてやればだいぶん楽になるかもしれない。これで持ち直せば投薬もできるかも」
 レンタルを進められたが、札幌にある会社で今申し込めば明日には届くとのこと。

助手さんの提案でとりあえず病院にある酸素室に入れてみることにした。
30分ほど様子を見ていたが、さほど状態が変ったようには見えなかった。

私は酸素室をレンタルしなかった。
餌も水も口にしない、呼吸困難を起こしてる金太の病が酸素ルームで改善するとは思えなかった。
楽になる・・といっても苦しさが軽減するわけではないのなら、苦痛を長引かせるより自然に任せようと思って。


なにも飲み食いしないまま金太は二晩を過ごした。
もう朦朧としていた。
私はこの日夜勤入りでそれはどうしたって交代する訳にはいかなかった。
金太は苦しさでバタバタしていたから、これが最後の別れになるっていうのは分かってた。


翌朝、玄関の鍵を開けたとき、もう金太がいないことが分かった。
家の中にいる命が一つ欠けてしまった感じがはっきりしたから。

金太はどこかへ飛んでいってしまって、治療ルームの中には抜け殻だけが残ってた。



そんなにベタベタした関係だったわけじゃない。
むしろ金太はちっとも慣れなかった。
餌や青菜を入れ替えるだけで、鳥かごの中で恐慌したり、恐怖のあまりてんかん発作を起こしたり。
遠くから私が見つめるだけでもビクっとしてそわそわしだすんだから。

陽だまりの中で機嫌よく歌ってた声を思い出す。
音楽CDをかけるとそれにあわせて歌いだしたり。
金太、今の歌、サイコーだね!なんて褒めたらまんざらでも無さそうな顔したり。
怖がりなくせに好奇心旺盛だから、どんなことでも小さい目でじっと観察していたり。


ありがとう。
すごく楽しかった。
小さな握り寿司一コくらいの大きさなのにって笑ったこともあったけど、いなくなると随分大きな穴が開いたなぁ。
 りきは春の始まりの日に逝ってしまったけど、金太は冬の始まりの日に逝ってしまったね。


冬空

 生前金太を預かってくれたT夫妻にも大変お世話になりました。
このブログでも『もしかして金太のこと気に掛けてくださった人が(少数でも)いるかなぁ』と思って記事に上げさせてもらいました。
関連記事

テーマ:カナリア
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。