What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと怖い話(前編)

2013.07.31 22:47|管理人日記
 なーんて、怪談の類じゃないんだけど。
健康・・病気?がらみで私がここ半年ほどの間に体験したこと。


 去年の冬から手に異常が起こるようになった。
具体的に書くと、最初は指間から、最終的には手の甲全体。
急にものすごく痒くなって、皮膚表面に小さな発疹(ブツブツ)ができる。掻き毟ったりすればもちろん、掻き毟らなくても指の間がひび割れたりする。

 これには条件があって、仕事をしているときのみ発症するということ。
職場で症状が出ることもあれば、家に戻ってから急に強烈に痒くなったりということもあったけど、休みが続くとその症状は出ないし、皮膚の状態も改善した。
特によく分かったのが、腰の不調で長期の病休を頂いている間はまったくそんな症状がでなかった。

 なので職場にあるなにかがこの症状を起こしているんだな、ってことは想像がついた。

 思春期を過ぎるころまでアトピー性皮膚炎を患っていたりして、もともと皮膚のバリア機能があまり高くないだろうこと、特定の薬剤や製品にアレルギーを持っているので、冬場の乾燥した環境で頻繁に手を洗うことで、さらに皮膚のバリア機能が落ちて、接触したものがアレルゲンとして入り込んだんだろうな(=アレルギーを起こしやすい体質なんだな)・・という推察がたった。

 皮膚科に行くことは考えなかった。
どうせ(失礼だけど)大概の皮膚科は、結局ステロイド剤を出すことで解決とすることが殆どだから。
ステロイド剤は長期使用の副作用も怖いし、そもそも原因に対する根本治療ではないので、症状を起こす原因はかわらずあるのに、ある意味麻痺させてないことにしている・・だけに過ぎないから。
 ※ステロイド療法の全てを否定しているわけではありません。

 原因が接触性の皮膚炎なら、その原因を取り除けばいい訳で、色々探してはいた。

 まず一番考えられるのが、使用頻度の高いプラスティックグローブ。
職場で使われているのは、コーンスターチパウダーの付いたものと、付いていないもの。

☆『もしかしたらこのコーンスターチパウダーかも?』ないものに代えてみた。  → 変化なし
☆やや高価な、手荒れの人に優しいアロエ付きグローブを使ってみるか。     → 変化なし
☆『うぅむ。ものっすごくハードル高いけど、実験としてグローブなしで仕事してみる
  ※もちろん手洗いはいつも以上に豆にやりましたよ             →変化なし 
☆手を拭く紙に含まれている何かのせいか?違うものに代えてみよう。      → 変化なし

 冬が過ぎて手の乾燥が改善すれば、少しはマシになるかと思っていたけど、予想を裏切ってどんどん酷くなるばかり。
 どうしたものかなぁ・・・。これ、このまま酷くなっていくんだったら、この仕事も考えものだなぁと少々悩んでいたんだけど、そのうちうっすらと、もしかして・・・・?と思うことが出てきた。

 長いんで一旦切ろ。


IMGP5544.jpg
 久しぶりに会えたプルートくん。15歳。

 
関連記事

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。