What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省 宇佐神宮②

2013.11.16 22:05|管理人日記
 PICT0560.jpg
800年の楠木の全景がこれ。生き生きしてる。
あと200年くらいは余裕でいけそう。






PICT0570.jpg
美しい茜色の橋「神橋」。
宇佐神宮は境内の半分を川に隔てられていて、幾つか橋を渡してあるのだけど、この橋と、もうひとつ県の有形文化財になっている呉橋という美しい橋がある。
今回は時間がなくてそちらを眺められずに残念。







PICT0571.jpg
 川には色とりどりの鯉が一杯。








PICT0565.jpg
 緑が一杯。とにかく気持ちのいい境内。
大鳥居の近くの広場には、幼稚園児たちが遊びにきてた。
こんなところが近くにあるなんていいなあ。








 そして、この日を選んだのは、秋の豊穣を祝う「風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)」の神事の一つ「神能」が奉納されるから。
 「神能」神社で能を鑑賞できるなんて!しかも屋外で能を見るのは初めて!!
 これを見ないでいられましょうか!
PICT0576.jpg
 演者の方達は撮影禁止なので舞台だけ。
演目は「阿漕」。生まれて初めて能を見て一体感を味わった。
素晴らしかったなあ。


 実は今回の旅に行く前から、かなり体調が悪かったんだけど、こちらの宇佐神宮ではさまざまなご親切を頂き、朝方境内でお散歩中のご婦人二人に能のことを尋ねたきっかけで少しお話をして、午後の能舞台へ向かったら、「ちょっとちょっと」と声を掛けていただき、お茶とお菓子を振舞ってもてなして頂きました。
 実はこの方二人は毎年能舞台のお手伝いに来てらっしゃる方達だそうで、「遠くからいらしたんだから、なにもできないけどお茶でも飲んで」と裏手の休憩所に招いてくださったときには本気で涙が出そうになりました。
かなり年配の方なんだけど、それがまあなんとも綺麗な宇佐弁?で。
 生まれた土地の言葉を持たない私は聞き惚れてました。


 別にスピリチュアル気取りじゃないんだけど、ほんとに境内全体が柔らかな雰囲気で、ホテルにあったパンフには「じっくり見て1時間」ってあったけど、7時間いましたがな!
ほんとに素敵なところで、オススメです。




PICT0578.jpg

 宇佐神宮HP
 アクセス*最寄り駅のJR宇佐前から宇佐神宮行きのバスかタクシーで。
      バスは一時間に一本程度。
      タクシーは常に駅前に常駐していて便利。乗車時間10分程度で1000円チョイ。
      宇佐神宮前にもタクシー会社さんがありました。

>>今日の写真 DimageX21(Konica Minolta)

                                   つづく



  

関連記事

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。