What’s new

 5/29 最近、定期的にPCを開くことがなくなってしまい、予約投稿でUPしたりしてます。 せっかく付けていただいたコメントにもレスがないままになってしまったりして 失礼なので、しばらくコメント欄閉じておきますm(_ _)m

今日の一枚

プロフィール

管理人:生まれは福岡県小倉北区。北海道十勝地方在住。
 りき(純正ミックス・♀)※2010年没 
ミカ(BTとパグミックス・♂) 
金太(レモンカナリア・♂)※2012年没
タラ(コザクラインコ・♀)

カテゴリー

福耳コンテンツ

Favorite

今日のお天気

最新コメント

月別アーカイブ(タブ)

Counter

ブログ検索

携帯版はコチラから

QR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省 西寒田神社

2013.11.19 22:05|管理人日記
 宇佐神宮から実家へ電車で約1時間。
翌日父親の実家である熊本県へ。
私も三年ほど住んだことがあるけど、それ以来だからもう何十年ぶりだろう。

 この十勝限定免許の私が、九州の曲がりくねった田舎道を運転するんなんて!!

 で、この墓参りの写真はなし。まったくプライベート写真を撮る暇なんてなかったし。
ちょうど台風27号がそろそろ近づいてくるかという頃だったので、帰りはほ午後から雨。
心の中も雨模様。

 あと結構な道の駅を通過したので、スタンプ押したかった。
 子供の頃の記憶しかなかった道や、実家があんなに狭かったり小さかったことに驚いた。
墓参りでは父も涙ぐんでたな。行ってよかった。


 翌日も雨だったんだけど、神社好きゴコロがムクムクと・・・・。
父に車を出してもらって西寒田神社へ参拝へ。
北海道に住んでると忘れちゃうけど(北海道も歴史的にはUSA(アメリカの方)なんで)、本州は色んなところに歴史的な名所や神社仏閣があるんだよね。

PICT0610.jpg
 すっごく分かり難い場所にあって、これは私一人では絶対に行けなかったな。
 豊後の国一ノ宮。西暦200年代からの歴史。




PICT0605.jpg
 宇佐神宮の華やかさとは違って、こちらはまさに古刹という感じ。





PICT0613.jpg
「万年橋」1862年に江戸時代の大工さんが作ったんだって。
水の漏れる隙間もないくらいぴっちり作ってる。


 この橋の右手に大きな藤棚があって、それは見事な景色らしい。

ここではその折のお写真を頂き、是非また訪れたくなった。

 ほんと九州のたびでは暖かいお心遣いをたくさん頂いたなあ。

 雨で行けなかったけど、この神社も宇佐神宮も奥の院があるので(宇佐神宮は大元神社)、今度は是非そちらまで!




PICT0588.jpg
 道の駅のトイレにいたカエルさん。
 用を足してる最中に『・・・・ん??!』
水を求めて?流されちゃうよ!

>>今日撮った写真 DimageX21(Konica Minolta)
関連記事

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。